FC2ブログ

今日は気張って掃除

2008.01.09 (Wed)

今日は気張って掃除しました。
といっても、いつもよりチョット床拭き頑張った程度ですけどね。

というのも、午後から雑誌の取材が我が家であるのです。
やっぱり、
「誰かが来る」というのが一番の掃除の動機付けになる
と思うんです。

「掃除や片付けしなくて死んだ人はいない」
とは言いますが、「信用を失う人」はいると思うんです。
お呼ばれした家が、あまりに散らかってると、
「あのぉ~僕はホンマに来て良かったんでしょうか?」
となりますよね。

あまりに美しすぎて、居心地悪いのもどうかと思いますが、
来る人を不安にさせるのもどうかと思います。

「片付かない」「掃除がメンドウ」
そういう人は、「散らかってきたな」という時に、
思い切って客人を呼べばいいと思います。

高齢者の住宅の中には、モノが散乱している家もあります。
そういう人の多くは、社交的で外出しまくって
家が放ったらかしだから散らかっているのではなく、
たいてい孤独です。ジーッと家で過ごしてはります。
だから、ホームヘルパーさんが訪問するというのは、
要介護度にもよりますが、家事面においてもイイ刺激になるはずです。

「アイロンが面倒くさい」「服の整理ができない」
そういう人は、どんどん外に出て、あれこれ服を着まくって下さい。
そうしているウチに、サイズが合わなくなった服や、
時代遅れの服にも未練なくなると思います。
いつも同じ服を着て外出するようになると、整理できなくなってきます。
「それしかない」という人は別ですが…そんな人は、服の整理も必要ないはずです。

自分だけでは、どうにもならない人は、
自分で自分に「外圧」をかけるとイイと思います。
刺激は大事です。
刺激があればこそ、
やってみよう!変えてみよう!成長しよう!と思えるんじゃないでしょうか?
11:47  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

7日付読売新聞滋賀県版にチョロッと登場

2008.01.09 (Wed)

男の育休 家族の絆強める
--
男性の子育て問題について詳しい明治鍼灸大学の非常勤講師、山田亮さん(40)(家族社会学)は「社会の流れは変化してきたが、システムや人の意識が追いついていない。行政、企業などの子育て支援も、男性がもっと育児参加できるように質を変えていくことが重要」と指摘する。
--
当たり前のことを言ってて、「誰がコメントしても同じやん」ですが、
それでも、このコメントのために、ちゃんと記者は聞きに来るんですよ。
取材の時は、ホンマはもっとたくさん話しましたけど、
流れとして、この長さになったんでしょうね。

それにしても、この種の記事。
かなり以前から登場していますが、一向に状況が変わりませんね。
変化している地域では、すでに話題にすらならないのかもしれませんが、
「育休父さん」の話題で、未だに一つの話題を形成できてしまうというのは、いかがなもんか?と思ってしまいます。

でも、そのおかげで、僕が講演する機会もあるのですから、ちょっと複雑な気持ちです。
「主夫なんて普通」になった時は、多分、僕のような人間にも働き口が普通に解放されているじゃずです。だから、そういう時代が来る=主夫だけで講演できなくなる時代は、むしろ大歓迎です。
09:53  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

なんだか眠たい

2008.01.09 (Wed)

昨晩、あんなに早く寝床に就いたのに、今朝起きるとな~んかイマイチ。
「寝過ぎ?」と思いながらも、ふと思い付いた原因。
それは…


敷きっぱなしの布団(∩_∩)ゞ


昨日は、朝からバッタバッタしてて、
湿気飛ばしに「少し」置いていた布団が、
気が付くと夕方まで敷きっぱなしの状況に。
「昼寝するかな?」という予測もあって、
敷いてたのもあったんだけど、
まさか一日中敷きっぱなしになるとは。

布団に関していうと、
敷きっぱなしは、睡眠時の爽快感が薄れる気がします。
ベッドは、下に通気できる空間があったり、
マットレスがあったりするから、湿気が籠もることはないけど、
布団はダメですね。

「スーパー“ヘッポコ”主夫」ならではの「ダメ家事」であります。
08:30  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |