FC2ブログ

一足早くお雑煮しました

2007.12.29 (Sat)

Img_9807s.jpg今日の午前中、高松から「あん餅」が届きました。僕のWebサイトを長年見て下さっている方はお馴染みだと思いますが(去年一昨年)、僕の出身地、高松の雑煮には、丸い「あん餅」を使います。これは「大福」とは違って、あんまり甘くはありません。「塩餡餅」みたいな感じです。

今年は、なぜか加奈子が「早くお雑煮食べたい食べたい」と「あん餅雑煮」を心待ちにしてました。「お正月までのお楽しみ」と言ってたんですけど、休みに入った加奈子にアマアマのお祖母ちゃん…じゃなくて和子さんがいて、加奈子は「鬼に金棒」状態。「エエやん。作って上げようよぉ~」って…作るのは僕なんですけど。

まぁ、「あん餅」も、数日後には「ええ~またぁ~」と言われながら食べられる運命だから、ちょっとでも喜んでもらえるウチに食べてもらうのもエエかな?と思って、今晩、一足も二足も早くお雑煮を作りました。

高松のお雑煮は、白味噌、丸あん餅、丸い金時人参、丸い大根、薄揚げが入っています。そして、最後に青海苔を振りかけます。ダシは各家それぞれです。

年賀状がまだできてないというのに、雑煮だけはシッカリ正月に突入してます。
22:10  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

京大カード

2007.12.29 (Sat)

Img_9805s.jpg棚の奥から箱に入った「京大カード」が大量に発掘されました。

僕は、大学院時代、ずっと京大カードを愛用していました。とにかく、思い付いたら書いて書いて書きまくっていました。溜まり溜まった膨大なカードは、玉石混交です。その「玉」を発掘するための時間がないというのが現実かも。今は、「ネタ帳」はA4大学ノートに変わりました。

何千枚というカードを前にして、研究時代を懐かしく振り返っています。当時から、ずっと「いかに働きいかに生活するか?」というテーマは一貫しています。「ワークライフバランス」という言葉を、イギリスの文献ではじめて見付けた時に、「これや!」と書き留めたカードもありました。まだアンダーグランドな言葉だった時代です。ただ、ワークシェアリングという言葉は、徐々に浸透していた時代です。春闘でトピックになったのは2002年ですから、意外と最近の言葉だったのですね。
16:33  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

発掘メモ

2007.12.29 (Sat)

年末大掃除ではないけど、書類の整理してます。
また、おもしろいメモが出てきました。
--
「キャリアアップ」はそれほど重要なことか?

キャリアは大切だ。でも、それがアップしたかダウンしたかは、実のところよくわからない。半年のアップが、その後5年のダウンを引き起こす可能性だってある。「こけても、全部経験」こう考えると、全部積み上げアップになる。

必ずしも「アップ」しなくていい。「キャリアを積む」コトが大切。どんなに失敗しても、そこから経験値を導き出せるのが賢い人。どんなに成功しても、教訓を引き出せない人はマグレ。マグレはそうそう重ならない。

--
「実現可能な」夢を語れ!目標をもて!
夢や目標に対して、過度に重点を置きすぎると、「今のこんなのは自分じゃない」「オレはこんなもんじゃない」という現在への否認につながる。

夢や目標を空絵事じゃなくて実現可能にもっていくには、今の自分の、良いところ今ひとつなところ、できるコトできないコトなど、いろいろ見方を変えて分析し、夢や目標を短期・中期・長期とわけて設定するといいんじゃないかな?

--
なんか、いろいろ考えてた時期があったんですねぇ。
14:53  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

手づかみでガブッと

2007.12.29 (Sat)

Img_9789s.jpg加奈子だけに限らず、子どもってのは手づかみで食べるのって好きですよね。手巻き寿司とか、肉まんとか。早く箸を上手に使えるようになって欲しいけど、箸が気になって食が細くなるのも。

加奈子は、箸の持ち方にヘンなクセが付いてしまっていて、事ある毎に「気ぃ付けて持ってみ」と言ってるんだけど、言うとちゃんと持つんだけど食べにくいみたいで「もうイイ」と、食事自体が終わってしまう。

たまには手づかみでガブッといくのもエエですね。たまには、「ギャートルズ」のマンモスの肉みたいに、骨付きのままガブッといくのも気持ちイイかも。四つ足の骨付き肉は高いので、鶏くらいにしてほしいですけどね。
11:26  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

チョット残し

2007.12.29 (Sat)

Img_9803s.jpg炊飯器を開けると、こんな感じでチョビッとだけご飯が残ってる。ジュースのパックを開けると、コップ1センチ分だけ残ってる。クロワッサンの三日月が3センチ分だけ残って袋に入ってる。

「残ってるのかな?」と思って、開けるとコレ。ガックリする半面、なんのために?なんか意図があるのか?と考えてしまいます。「あたしンち」のお母さんも、こういう傾向があるらしいので、ある一定の割合で存在するようですが。よくわからない和子さんの不思議な行動特性です。
11:12  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |