FC2ブログ

「クロ現」レポート(狙われる退職後の“夢”)

2007.11.28 (Wed)

久しぶりに、昨日の「クロ現」について。

昨日のクローズアップ現代は「狙われる退職後の“夢”」。
--
総額50兆円とも言われる団塊の世代の退職金。今、その莫大な退職マネーを狙ったビジネスを巡るトラブルが問題になっている。海外のロングステイでは、現地で下見した後に、数千万円を払い込んだものの、後に詐欺であることが発覚するケースが続出。また自費出版を巡っては、「全国の書店にあなたの本が並ぶ」と言われて申し込んだものの、実際には地元の本屋に数冊だけ、などという苦情が増えている。社会の第一線で活躍してきた人々がなぜこうしたトラブルに巻き込まれてしまうのか。定年後の夢をあおるビジネスの実態と第二の人生の充実を追い求めるシニア世代の心の内に迫る。
(NO.2501)
スタジオゲストは天野祐吉さん

--
天野さんの指摘がおもしろかった。「成功の証」としての「出版」や「悠々自適の時間をもつこと」への幻想を利用されたのではないかと指摘していた。

社会の第一線で活躍してきた人が、なぜ、こんなチンケな商売にだまされるのか?という進行の国谷さんの質問が問題の核心に迫ると思う。

なぜだまされるのか?
なぜ、海外で暮らすコトが安易に悠々自適につながるのか?
500部という冊数でなぜ全国の書店に本が並ぶと思えてしまうのか?

僕が注目したのは、たった三人の事例だけど、すべて男性だった点。
おそらく、自分の身の回りのコト(自事)すらしてなかったのではないだろうか?忙しすぎる現役時代。とくに団塊の世代に見られる「男は外、女は家」という男女性別役割分担による、家政の未熟があるのではないだろうか?

自分で買い物して、料理作って、片付けて、掃除して、洗濯して…
そういう暮らしをしていれば、その日々の暮らしの中にこそ、成功の証は隠されているし、本当の悠々自適が見つかるんじゃないかと思う。

「本を出したって自慢したい部分もあるんじゃないかな?」という天野さんの指摘もあったけど、他人に誇示して満足を得るよりも、自分で自分を振り返って「あぁ~今、エエ感じやん?」と思う方がよっぽど健全な気がする(僕がアンチマッチョだからそう思うだけ?)

退職してこそ、日々の暮らしをじっくり過ごしながら、地に足の付いた生活をしていれば、こんなチンケな商売にだまされないような、「生きる術」が自然に身につくんじゃないでしょうか?



と言いながら、僕もかつて危ない勧誘に引っ掛かりそうになったし、これから起こるかもしれない。今のところ、偉そうに言ってるだけですわ(^_^;)

13:41  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

プライベート名刺

2007.11.28 (Wed)

やっぱり考えてる人は考えつくわけで、「Fatherring Japan」の安藤さんも同じこと書いてました。

プロジェクト単位の仕事をしている人などは、転職を繰り返す関係上、以前の会社の名刺が溜まって「今、どの連絡先?」になりかねません。携帯電話も会社用のを使っている場合、転職されると連絡が撮れなくなる可能性もあります。

その一方で、プライベートの名刺は不動だと、連絡先は常に確保できるわけですよね。これはある意味、ビジネス面から見ても強いツールですね。

もちろん、「実はこういうコトもしてまして…」という名刺を見せると、「あ、実は私も…」と仕事以外での交流が生まれ、そこから新たなビジネス機会も生まれる可能性もあります。

僕は、プライベート名刺を、退職後の生活や主婦(主夫)生活用にオススメしているのですが、現役の働き手にもオススメのツールですね。

プライベートの肩書きが思いつかないような生活からは、なんとか脱却していただきたいというのが、僕の願いです。家族や地域や社会や地球のためにも、生産と消費だけではない暮らしを見付けて欲しいなぁと思います。
10:43  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ある日突然…

2007.11.28 (Wed)

Img_9316s.jpg

ウチの北東方向に植えてある南天。
去年、まったく実を付けなかった反動か、
今年はたわわに実り、赤が鮮やか。
そのまま正月飾りに使えそう。

と思っていた、先週末。


フト、南天を見ると…


10:10  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

就学時健康診断

2007.11.28 (Wed)

午後から、就学時健康診断を受けに、加奈子を連れて小学校に行ってきました。今日は、和子さんも仕事を午前中で切り上げて帰ってきて、一緒に行きました。

会場に着くと、すでに長蛇の列。受付を待っている間から、どんどん加奈子の雲行きが怪しくなり、とうとう(・・、) 。子どもは、引率の6年生に手を引いてもらいながら、あっちこっち体重測ったり、眼科や耳鼻科の検診を受けている間、親は体育館でボーッと待機。僕は、保育園の保護者会役員のルカちゃんママと、卒園式後の茶話会の打ち合わせ。けっこう話が進んだ。

しばらくすると、加奈子が体育館に帰ってきた。引率のお姉さんが、ことのほかかわい子ちゃんだったせいか、加奈子はゴキゲンで帰ってきた。なんのこっちゃ。

その後、受付以上に長蛇の列の内科検診を、親子三人で待ち続け。学校の廊下は寒いし、暗いし…トホホな待ち時間だった。上2人も経験済みのルカママ曰く「こんなに待たされたのって初めて」というくらい待った。

帰ると、歯医者の予約時間。今日は和子さんが歯科医に連れて行き、その間に、僕が晩ご飯の準備。なんて効率のイイ分担!

晩ご飯の後、僕は教え子達との飲み会で四条河原町へ。紆余曲折を経て学生になってる教え子達なので、全般に話がオモシロい。こういう話を講義中に…今日の話のネタでは無理やろなぁ。
01:23  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

KEVIN DUBROW(QUIET RIOT)死去

2007.11.28 (Wed)

懐かしい名前だけど、死んでしまっては「次」もないです。

僕にとって、クワイエット・ライオットは、エレキギターを弾きはじめた頃に大ヒットしたバンドで、「Cum On Feel The Noize」「クレイジー・ママ」は何度も何度もコピーしたし、友達のバンドもコピーしてたので、メンバーが集まるまでのじかんなんかには、いつもセッションしてました。

ニュースには、ギタリスト、「ランディー・ローズ」の名前は出て来るけど、一番売れた頃のギター弾きの名前は、「カルロス・カバーゾ」。皆さん、覚えてはりますか?
00:29  |  音楽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |