FC2ブログ

東本願寺報恩講参拝

2007.11.22 (Thu)

今日の出来事を書いてたのに、間違ってクリックしてしもて、文章消えてしもた。

改めて…
今日は東本願寺で報恩講代表園児合同参拝があって加奈子と参加してきました。

疲れた。
ものすごく疲れた。



仕事でこんなに疲れることはないです。
やっぱり子育てに比べると、仕事は疲れがマシですわ。



加奈子が通う保育園は、真宗大谷派(東本願寺)系の組織母体なので、宗教行事がたまにあります。報恩講というのは、宗祖親鸞の命日に勤める法要のことで、こんな機会でもないとなかなか行く機会もないので、これはこれでいい機会でした。ついでに親鸞と法然の関係などを読むと、これがまたオモシロい。

社会福祉の通信課程と大学院は佛教大学なので、法然の浄土宗系、保育園は親鸞の浄土真宗系、生まれ育った香川県は四国八十八箇所巡りでお馴染みの空海の真言宗。いろんな宗派に接する機会があり、そのバリエーションや起源の違いなんかを楽しんでます。

宗教行事自体は、わりとシンプルに終わり、その後の公開保育へ。あちこちの保育園や幼稚園から代表園児が集まってきていて、ほとんどが知らない子どもたち同士。加奈子は同級生とも別れ、引率の先生とも別のグループで、ペンダント作りグループに。

ここでも、加奈子お馴染みの行動パターンが登場。そのグループを指導する保育士さん数名の中で、一番キレイな感じのお姉さんのそばにササッと位置して座ってました。しばらく硬い表情だったんだけど、次第になにやらその保育士さんとチョコチョコ話するような様子が見られ、最後にはなんやらかんやら楽しそうに笑顔で話してました。「あれれ?」という顔してオチョケもやってました。

いつの間にか初対面の人と、慣れない場所でも、なんとか自分のペースを作っていけるようになったんやなぁ~とシミジミ。なんせもうすぐ小学生なので、このくらいできてくれんと困るんですが、とはいっても、数年前まで「おんぎゃぁ~」だけしかでけへんかったんだし。

しかし…親の僕は、慣れない場所に、慣れない移動。普段と違った経験。講演での緊張感とは全然違う緊張感(というか気疲れ)。特に疲れたのは行き帰り。今日の京都駅もすごい混雑。観光シーズンやなぁ。
20:48  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |