FC2ブログ

取材サービスじゃないけど…

2007.11.15 (Thu)

土曜日の大阪府摂津市での講演。
この日は、和子さんも園田女子大の研究会に出席。
どうやら僕が加奈子を連れて行かなアカンみたいな雰囲気です。

こういう場合、たいてい加奈子は義母宅にお世話になるんだけど、最近、加奈子は義母宅に行くのをイヤがってる。退屈なんだそうな。そりゃまぁ、子ども用のおもちゃもすでに加奈子には幼稚なモノばっかりになってきてるし。遊び相手といってもじいちゃんばあちゃんだし、なかなか思ったようには遊んでくれないわなぁ。

義母宅がダメなら、ヘルパーマコちゃん宅なんだけど、それも今回はビミョ~。一番は、和子さんと一緒にいることなんだけど、研究会では託児施設はない。僕の方は、もしかしたら託児があるかも?という可能性もある。それに、人権系や男女共同参画系の講演会は一人くらい子どもが混ざって座っていてもわからない。他にも小さな子がいる可能性が高い。加奈子は、こういう時、連れて行ってもたいてい黙々と絵を描いたり手紙を書いたりして過ごしてくれる。

僕の講演は、取材クルーも同行する予定になっている。ってコトはクルー2人と僕と加奈子の4人チームになる。3人大人がいると、連れて行くのはかなり楽。

そういや、昔、アグネス・チャンが職場に子連れで行き「アグネス論争」というのが巻き起こったけど、今や父親が子連れで仕事に出掛ける時代。なんだか、取材へのサービス行動みたいだけど、加奈子にとって僕といるのがベストなら、それはそれで選択しうるコトかな?と思う。

土曜日は、どうなるでしょうか?
って、その前に講演準備せなアカンやん!
23:11  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

加奈子ちょっとブルーになる

2007.11.15 (Thu)

明日からのロケに備えて、今宵、定点カメラのセッティングがあり、クルー(今回も2名)が来ました。以前、一度打ち合わせできたディレクターさんともう一人なんだけど、そのディレクターさんのヒゲがどうも苦手らしい。

彼らが帰った後、二人でお風呂に入ると、「知らない人がいて苦手やねん」と急にシクシク泣きだした。「まぁな~知らない人がいたら緊張するよなぁ。でも、小学校に上がった時の先生も知らない人やろ?大丈夫やって」となだめてみた。

「もしかして『知らない人は怖い人』とかって教えてもらったん?」
「そんなことないけど…」
「そやったらエエねんけどな。あんな、世の中には、『良い人、普通の人、悪い人』がいるねん。でな、悪い人の周りは悪い人ばっかりになっていくねん。加奈子も、カズチも僕も、良いか普通かやから、周りは良い人か普通の人ばっかりやろ?悪い人は寄ってこぉへんねん」と説明してみた。

その後、ピタッと泣き止んでくれて、事無きを得、あっという間に就寝に突入!でした。
22:49  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

これもか…

2007.11.15 (Thu)

20071115183311
ラップを復旧させようとセロテープを出すと、それも巻き込まれてた(T_T)
セロテープでラップの端を引っ掛けて持ち上げるんですけど、そのテープがこれでは…

「次に使いやすいように」
これが、整理整頓の基本でございます。
って、もしかして、最後に使ったのは僕だったりして?
18:33  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

キーッ(--#)

2007.11.15 (Thu)

20071115182955
ラップの端が巻き込まれてるぅ~(--#)
こういうのって、
「最後に使ったの誰?」
ですな。
18:29  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

首をはねられた王様

2007.11.15 (Thu)

保護責任者遺棄:堺の病院、全盲患者を公園に放置 糖尿病で入院、職員が連れ出す
--
男性は約7年前に入院。治療費が滞納状況となり、備品を壊すなどトラブルもあったという。
--
これだけではなく、看護師への暴言や暴力なども日常茶飯事だったそうです。

思い出しましょう。
あの方の、あの名言を

そう、松本幸四郎さん演じる千石さん(下の名前「武」だったんですね)の「あの」名セリフです。



「私は先輩のギャルソンに、お客様は王様であると教えられました。しかし、先輩は言いました。王様の中には首をはねられた奴も大勢いると」
ドラマ「王様のレストラン」第1話より



「お客様は神様」ではなく、あくまでも人間です。
人間が人間にサービスをするということは、そこには社会性が伴わないとアカンのです。人によって、社会性の範疇は異なるでしょうけど、最低限のマナーは守るべきだし、守らせるべきです。守らないモノは放り出されて然るべきです。これは、マナー守っている人を守るためにも必要でしょう。

仮に、金も尽きた、頼りにする人からも愛想尽かされた、おまけに視力まで失ってしまった。たしかに状況として同情の余地はあります。でも、だからといって、最低限のルールを破ってよいというモノではありません。やっぱり「首をはねる」のは妥当かな?と思います。
17:39  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

弦張り替え…何ヶ月ぶり?

2007.11.15 (Thu)

昨日、某企画会社の担当さんから、仕事の打ち合わせで電話があったあと、「もしかして、山田さんってロック系?」という話になり、しばし仕事を忘れて音楽談義。

久しぶりにロック談義して、ふと我が愛器をみると、もう何ヶ月(もしかして年単位?)も張り替えてない弦。僕はピッキング時の抵抗が少ないのか、メッタに弦を切らないんです。それもあって、銀色の弦のはずが黒くなってました。「そろそろ張り替えたらなアカンなぁ」と思って、今日の午前中に張り替え。

Img_9045s.jpgこのESPのMII(リンク先のMIIは現行モデルで僕の仕様タイプは廃版)には、僕が使わないフロイトローズなんてトレモロシステムが付いてて、弦替えがチョ~面倒くさい。←久しぶりに見た、弦の無いギターの画像。

もともとレスポール派だったので、アーム無しに慣れてしまってる。アームは常にオフ状態。(左画像にはアームが付いてるのは、ブリッジ後ろのロックを解除&ONするため)

モッタイナイ。

そうです、かなりモッタイナイんです。

アームを使おうにも、ヘッド側に使うロックがどこか行ってしもてるし。でも、メチャメチャ弾きやすいギターで、音もライブで使うとカキーンと抜けてくれます。どんなにウルサく激しい曲でも、ソロではちゃんと抜けてくれます。

ギターは重たくなるし、弦交換は面倒だし、ポール・ギルバート君のアイバニーズのように、トレモロのあったところを埋めてくれて、フィックスのブリッジにしたい。ESPに持って行ったら、「新しいギターをオーダーで作った方がズッと安いっすよ」と言われて断念。
Img_9048s.jpg
まっさらな弦で弾くと…
指がイタイ。
指もだいぶん柔らかくなってしもてるので、
新品の弦が指に食い込んできてます。
でも、あの鳴りが戻ってきたのはウレシイ!
やっぱりエエ音してるわぁ。

タグ : ギター

15:26  |  音楽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

読売ライフ12月号

2007.11.15 (Thu)

yomiuri_life00.jpg

先日、取材を受けた「読売ライフ12月号」が届きました。読売新聞読者に毎月届けられる冊子です。配布地域は、本誌・阪神・神戸・京都・和歌山・岡山・広島・備後・香川・東予という10バージョンで181万部!!

yomiuri_life_prof.jpg「特集/お父さんへの"お掃除"講座」というコーナーで登場してます。ドドンと「手抜き家事のススメ」を持った紹介写真も使ってくれてます。

取材は、9月20日というまだ残暑厳しい時期だったので、なんとコーナーに登場する人が、みんな半袖。さすがに、この時期に見ると寒々しい。表から窓を掃除する写真もあるんだけど、日差しがキッツイ。夏の日差しが写ってました。ホントに、ついこの前まで「真夏日」とか言ってたんですよね。

でもまぁ、「よく一冊でも出てたなぁ」と思います。こういう取材の時に、よく「本とか出してないんですか?」と聞かれてたのに、一冊にまとまってなくて残念だったんです。

さてさて、とはいっても、関西+中四国以外の読売新聞読者と読売新聞を購読してない人達には、「なんのこっちゃ?」な話。そこで縮小版を載せました。

(画像をクリックすると拡大画像が見られます)
「読売ライフ」01

「読売ライフ」02

「読売ライフ」03

「読売ライフ」04


文中に登場した主田兼夫さんのブログ「兼業主夫!男が家事したら愛情も家計もこんなに豊かになっちゃった(笑)」
14:07  |  メディア  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ベイビーラッシュ

2007.11.15 (Thu)

ここ数ヶ月の間に、僕の周辺(なぜか大半が女性)でベイビーラッシュです。二人目三人目の人もいるし、初めての子どもって人も。今、妊娠中の人も多いから、まだしばらく続きそう。

なんやかんやゆ~ても、ベイビー誕生ってのはエエもんやなぁ。とくに、その親達がうれしそうにしてるのを知るのは、エエもんです。なかなか素直に喜べるコトがスクなりつつある昨今。せめて、新しい命の誕生くらい、諸手を挙げて喜びたいもんです。

こんな周囲の中、僕にしては珍しく、

一瞬

…ほんの一瞬



「もう一人いてもエエかな?」と思いました。


まぁ、次の瞬間、
電話が鳴り(それも仕事の依頼)、
ハッと我に返りましたが…。

その影響か、昨晩は加奈子と一緒に、
加奈子が1歳2か月の頃のビデオを観ました。
「ゴキゲンの顔したなぁ」
「こんな顔やったで。オッ!オッ!」
と二人で大盛り上がり。
10:01  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |