FC2ブログ

バレンタインデーは吉野山麓で

2007.11.14 (Wed)

2008年2月14日(木)は奈良県五条市の講演が入りました。
2月14日といえばバレンタインデーですねぇ。

2月中旬の吉野山麓。
京都とどっちが寒いんでしょうか?
奈良県は、なかなかご縁がなかった土地だったのですが、
橿原市の1週間後に五条市も訪れることになりました。
楽しみです。
15:27  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

浪花の借金源

2007.11.14 (Wed)

太田房江は、副知事時代に岡山県を借金漬けにした張本人(あるスジからの話)。
そして、今度は大阪府が血祭りに(これは実感あり)。
借金漬けにしても、利権に近い人達は、「仕事が増える」と大喜び。「浪花の将軍様」でございます。

早く大阪府民は太田房江をやめさせないと、これ以上の債務抱えられませんぜ。近いうちに、「大阪府 夕張市に次ぐ第3の財政再建団体へ」という新聞見出しが出るんじゃないでしょうか?

それにしても、
--
飲食会に過去5年間に計11回参加し、知事が「講師謝礼」名目で計981万円を受け取っていた問題
--
講師料は一回当たり89万1800円
さぞかし、中身の濃い内容のあるお話しなんでしょうなぁ。
90分の講演時間として1分1万円!!!ハハハ…
13:42  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「配偶者控除見直し」案

2007.11.14 (Wed)

政府税調:「配偶者控除を見直し」改正答申の大枠決まる

とうとう踏み込んできましたか。
--
配偶者控除は年収103万円以下の配偶者がいる所得税納税者に対し、課税所得額を軽減するもので、年間38万円が控除される。控除を受けようと、パートの主婦らが年収を103万円以下に抑制する傾向があり、答申は「女性の社会進出を妨げる」と見直しを求める。
--
103万円というと、時給800円の人が200日働くとして、一日6.43時間の労働時間になります。実際には、これに交通費や業務上おこったケガや病気の治療費なんかも含まれるから、もうちょっと長い時間働く計算になります。このうえに、子育て中の場合は、子どもを預ける保育料が加わります。と、いろいろ経費を考慮すると、103万円稼ごうと思うと、実質は8時間労働になってしまいます。たかだか38万円分の、それも減税じゃなくて控除とはいっても、やっぱりウェートは大きいのが現状です。

「共働き世帯が増加した」といっても、「配偶者」の大半は、仕事の上に家事や子育て役割を担っていて、結局、年収103万円までの働きに収まってしまっているのが実態です。「共働き世帯の増加」が配偶者控除を見直す理由としてあげられるには、根拠として弱いと考えます。

今、配偶者控除のために103万円以下の収入に抑えている人の層が、決して富裕層ではなく、むしろ地方の貧困層に目立ってきている点も考えてみたいです。今、地方では雇用自体が減ってきています。たくさん働きたくても、103万円以下の収入しか確保できないケースもたくさんあります。パートやアルバイトしか募集してなかったり、それも稼働日数上限を設定されていたりします。貧困者対象に課税を強化する時期ではないように思います。

金のないところからの税収を狙うよりも、ものすごい金持ちから税金をもらう。これが「所得の再分配」たる税金本来の使命のはずです。先の参院選で民主党が躍進した背景は、「開きすぎた格差拡大を阻止」という主張が支持された面もあると思います。「たくさん稼いでいる人から多額の税金をとると、勤労意欲を削ぐ」という説もあります。「103万円の配偶者控除の設定が勤労意欲を削ぐ」という政府税調の説もあります(こういう議論を聞いていると、「勤労意欲の低い国。スキあらばサボりたいと思っている市民」という面も垣間見えます)。

でも、この配偶者控除。シングルペアレントには全然加味されません。同じように、働きながら子育てしていたとしても、夫婦そろっていれば控除されるのに、単親だと控除にならない。これは不平等のような気がします。

僕は、税金も年金などの各種公的保険も、すべて個人単位徴収にして、「子育て控除」「介護控除」「失業・無業控除」「学生控除」などを設けるのが本来だと思います。仮に、所得税課税に対する配偶者控除を撤廃しても、年金や健康保険の第3号被保険者設定があると、あまり変化はないように予測します。本当に、「女性の社会進出を…」と考えるのであれば、第3号被保険者問題とセットで考えるのが本筋でしょう。

いずれにしても、長期的な展望と政策選択の根拠を明らかにしたうえで、広く集めた意見をもとに、我らの政治選択手段としての選挙を通して判断をしていきたいモンです。
12:59  |  日々の出来事  |  Trackback(3)  |  Comment(0)

もう6月の問い合わせ?!

2007.11.14 (Wed)

昨日、2008年6月の講演の問い合わせがありました。
「ほぼ決まり」というコトでした。

毎年6月23日から6月29日までの1週間は「男女共同参画週間」なので、早くから企画しないと手配できる講師がいなくなってしまうという事情もあるのだと思います。

初めての広島県内からの仕事なので、とっても楽しみです。
また一つ、都道府県地図が塗りつぶせます。
しかも、メッタに乗れそうにないJR福塩線沿線!
改めて調べてみると、中国山地にはいろんな路線があるんですね。

しかし…なんせ半年以上先の話です。
その頃は、また今とは違うPowerPointのデータ使ってるんでしょうね。
10:44  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

20分で出発!

2007.11.14 (Wed)

今朝は、家族全員で朝寝坊。
階段をドドドドドドッと下りる音で目が醒め、
次に聞こえてきたのが、
「え?亮ちゃん…まだ起きてなかったん?」
「…あん?
…らに?…
……

なにぃ~~~?!?!?!」
和子さんの出勤時間まで、あと20分!
「6時間しか寝られへん」はずの僕は、しっかり8時間も寝ていたのでした。

和子さんは20分で出勤するとして、問題は加奈子。
「パパ起こさんといてぇよぉ~。ママと二人でいたかったぁ」
と、泣き泣き。朝から泣きが入り、イヤァ~な予感。
和子さんが「玄関まで見送ってくれたらエエから」というと、
「イヤヤァ!一緒に出る!」。

よぉ~し、それならそれなりの体制でイッタロやないか!
というわけで、大急ぎで加奈子のおにぎりを詰め込み、和子さんの弁当のおかずも☆チン☆チン☆連発させ、ドッタンバッタンしながら、なんとか和子さんの出勤時間にセーフ。いつもの3分の1の時間でクリアー!

和子さんの乗った特急電車を無事に見送り、保育園へ。
今、嵐の去った家は、シーンとしてます。
08:36  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |