FC2ブログ

大和ハウス「リビングサロン通信」

2007.11.08 (Thu)

20071108142723.jpg 20071108142741.jpg
大和ハウスのPR誌「LS通信」 (リビングサロン通信)vol.36ができあがりました。

「気軽にチャレンジ 男の“家事”のすすめ」
というタイトルで、おもに60代向けに、定年を迎えた方々を対象にした内容になっています。
大和ハウスのショールームなどに置かれているそうです。
(上の画像をクリックすると、拡大表示されます)
14:33  |  メディア  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2008年は100本目からスタート!

2007.11.08 (Thu)

兵庫県の男女共同参画センターの書類を作ってます。
記載用に、これまでの講演回数を数えていたら、
2007年最後の滋賀県長浜市での講演が通算99本目の講演でした。

ということで、
今のところ予定されている2008年最初の京丹波町での講演が、
記念すべき100本目の講演
になります!

2001年2本
2002年6本
2003年10本
2004年14本
2005年11本
2006年22本
2007年34本

で、合計99本。

前々から書いているとおり、2001年2002年の初期に呼んで下さった主催者の方々には、あんな拙い内容だったのに、講演の機会を与えて下さって、ホントに感謝しています。数年後、今を振り返ると、やっぱり同じことを思うかもしれません。「今がベストの内容!」と常に言えるように、世相や情勢、主催者や参加者の層に合わせて、少しでも多くの人に届けられるようにバージョンアップを繰り返していきたいです。


洗練しつくして完成しされたセットを繰り返し繰り返し講演する講師もいます。それでも、その日のコンディションや参加者によって変わっていきます。

僕のように内容を大きく変えながら講演していくのは、不安定という点で、主催者や企画会社のスタッフには心配を与えると思います。でも、子育てや家事が、人によって全然違うように、出掛けた先で聞いてくれる人が、毎回違う以上、必要なだけは変更をかけその場に合わせていくつもりです。


「僕のような人間に勤まる仕事なんてあるんやろか?」と思っていた時期がありました。大学院での研究にも飽きて、何をしても続かないし、一途に信じてしがみつく根性もなく…たいした展望もなく毎日加奈子のオムツを替えてました。講演へのコネがあったわけでもなく、ちゃんと営業したわけでもなく…本当にゼロからのスタートでした。それがもうすぐ100。年間200本以上の講演をする講師もいます。1回当たりの講演料がものスゴイ人もいます。そのどっちでもない僕ですが、ひとつだけいえる事があります。

それは、講演ってオモロイなぁ~自分にピッタリの仕事かも!って感じてるコトです。いつも、もっと上手に講演したい!もうちょっと伝わる方法はないやろか?と思ってます。こんなに楽しんで仕事できるなんてラッキーやなぁと思います。講演自体が転ける事もあるけど、そんな時は、なぜか控え室が楽しくて新しい出会いがあったりします。

ロックバンドで全国ツアーするのが、高校生・大学生の時の夢でした。バンドではまったく芽が出なかったですが、同じように人前に立つことで、知らない土地を旅してます。

今、夢のような生活をしてます。

僕がしたかったのは、自分自身が表現することを通して、あちこち旅行できることや、いろんな場所でいろんな人と出会うことだったのかもしれないです。
14:05  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

加奈子、ブルー期を脱出!

2007.11.08 (Thu)

今週に入って、加奈子の朝のシクシクがなくなりました。

\(^-^)/バンザーイ
\(^o^)/バンザーイ


約10日間のバトルでしたが、無事終結です!

いったい原因は何やったんやろ?と振り返るに、やっぱり親が忙しすぎたこと。それに加えて、親同士のコミュニケーションが十分じゃないことで、顕在化しないイライラやすれ違いを起こしていた。それが加奈子に伝わってしまって、なんとなく嫌ぁ~な空気を生み出したんかなぁ?と総括してます。加奈子は、そういうのは敏感だから、改善の空気が見えるまで泣き続けてるんかもね。

今回は、夜中に夫婦で並んで仕事をする機会がいくつかあって、その時に、チョクチョク話ししながら、不足していた共有感を補充できた感じでした。

6年子育てしてきて、やっとこさ見付かった傾向と対策。
頭じゃわかっていても、行動するって難しい(^^;
09:14  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

加奈子の保育園歌

2007.11.08 (Thu)

「今日な、先生が歌ってくれた歌、爆笑やったで」
と言って家で歌ってくれた「ともだち」という歌。

♪友達は大事やで ほんまにほんまに大事やでぇ~
 絶対なくしたら あかんのやで~
 友達は大事やで~♪

歌ってるんだか、笑い転げてるんだか、一人で歌って一人で笑い転げてました。な~んか楽しそうやなぁ。

もう一曲、「野に咲く花のように」も歌ってました。
歌詞で調べて「おおお!裸の大将の、あの曲やったんか!」と判明しましたが、加奈子の歌ではまったく別の曲でした(加奈子は恐ろしいほどの音痴なのでございます)。

♪そんな時こそ野の花の
   けなげな心を知るのです♪

「なぁ、『けなげな心』ってなに?」
来た来た、加奈子の難問質問タイム。
「けなげ…弱いねんけど、頑張って生きてるって感じかな?」
「ふ~ん……」

岩波国語事典によると
けなげ【△健気】
ダナ(女性・子供など)力の弱いものが、勇ましく、かいがいしい様子であること。また、心がけが殊勝であること。
〈派生〉さ


でした。わりと近いニュアンスだったかな?

09:10  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |