FC2ブログ

四日市市で講演しました

2007.11.06 (Tue)

Img_8988s.jpg朝から、体調も「お!」と思うくらいイイ感じ。
「さぁて出掛けるか!」という時には、すでに雨は上がりイイさいさき。

と思ったら、いきなり近鉄が遅れ。前もって送られているチケットは、丹波橋から京都の間(わずか6分)もウレシイ特急券が。ところが、特急は目の前の電車の遅れ具合からすると、5分以上遅れそう。「ええい!」と飛び乗った電車は各駅停車。「もしかして、途中の駅で特急に追い抜かれたら意味ないどころか、新幹線に乗り遅れるかも…」という心配も。さいわい、追い抜かれるコトもなく京都駅に着き、大慌てではなく新幹線に乗り継げました。ヤレヤレ。

四日市までは順調。三重県は今回で今年6回目(津市2回、志摩市、尾鷲市、伊賀市そして四日市市)。でも、名古屋周りで行くのは初めて。近鉄名古屋駅は、鈴鹿サーキットに予選決勝3日間通ったF1以来。四日市までは、ノルウェー人のおじさんと話しながら過ごしました。

IMG_8996s.jpg駅で待ってくれていたスタッフは、蛍光ピンクのブルゾン。思わず、選挙か宗教団体?と思うような色合い。さすがに、着ていたご本人も、「あそこで、あれ着てたら、目立って仕方なかったです」と仰ってました。と、我が格好を見ると、僕もピンクのネクタイでした。ちなみにシャツのボタンもピンク。40歳になって、ピンクのボタンのシャツ着てるとは、予想だにしなかった出来事です。

今回は、地域の虐待防止ネットが主体となって、いろんな方面とつながって開催となったようで、話しの中にもそういうコトを盛り込みました。児童養護施設での経験も、少しは役に立った感じです。

今日の講演は、すべて新ネタでいきました。僕の正面に、かなりノッて聞いてくれる一団があり、僕も気持ち良くノリノリで話しさせてもらいました。質疑応答の時間も、ボツボツながら続いてでて、結局時間イッパイになりました。中に、これまでのしんどかった子育てを思い出し、涙流しながら話してくれたお母さんもいて、僕も精一杯答えながら「今日からの子育ての応援になれたらエエなぁ」と思いました。

子連れで聞きに来てくれた人が大勢いました。会場に子どもがたくさんいるってのはエエもんです。子連れのお父さんも見かけました。ウレシかったです。

新ネタだったけど、リハーサルはかなりの回数やってたので、まあまあでした。序盤はかなりイイ感じだったんですが、終盤に若干弛みました。リハも前半中心に「ツカミ」重点でしてたからかも。少し後半で繰り返しが出てました。まだまだ改善の余地があるし、ってことは、もっと良くなる可能性があるってことです。

後半、足が棒になってしまったし、声が少しかすれてしまいました。ちょっと残念。多分、聞いてる人には、気付かれなかったと思うけど、自分では最後まで元気いっぱいで行きたかったです。もう一つ、ICレコーダーのスイッチを間違えて、全然録音できてませんでした。ギャフン。

Img_9002s.jpgでも、持って行った「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」は10冊完売でした。サインもしました。握手もしました。写真も撮りました。

昨日、かなり疲れてしまって、どうなるかと思ったんだけど、今日はとってもイイ感じにできました。自分でも、かなり満足で、帰りに加奈子との晩ご飯用に駅弁買って、近所でビール買いました。なんせ、今宵は和子さんが広島へ出張で、多分、最終に乗って帰ってくると思います。

明日はちょっと休憩して、今週末に向けてエンジンかけ直しです。
19:45  |  講演記録  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

体調回復

2007.11.06 (Tue)

昨日のアレは何だったんだろ?という感じです。
今朝は、朝から体に芯が通ってます。

四日市市の子育て応援セミナーに、
まったく新しい新ネタ持って行きます!
話す僕もリアクションが楽しみ。


今、四日市市のサイト見て知りました。
1回目の講座が僕で、来月2回目の講師は辻イト子さん
おそらく大阪で一番有名なおばちゃんでしょう。
09:50  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

母力(ぼりき?)?

2007.11.06 (Tue)

<ラドクリフ>ママ強し…マラソン8戦7勝 日本勢に強敵

--
「出産の時のほうがつらかった」という33歳のラドクリフ
--
産後10か月で世界一ですか!スゴイ。「出産の時の方がつらかった」というコメントはホンマかも。

普通でも出産はシンドイ(らしい)けど、アスリートは体に余分がない分、風邪もひきやすいし、意外と免疫力も弱いらしい。せっかく一流の筋肉や持久力はあっても、それは競技専用のモノで(種目によるけど)汎用性が乏しいらしい。

出産を経験した女性が、「出産の時よりマシ」と言って、その後の困難にどんどんトライして達成していく姿を見ると、出産退職なんてさせてるのは、ものすごい人的財産の無駄遣いやなぁと思います。

できる人ややってみたい人には、どんどん機会を与え、「ほどほどでエエやん」という人がボチボチと生きていけるようになると、エエなぁと思います。

タイトルの「母力」。「ははりょく」「ははちから」…いろいろ読めますが「馬力(ばりき)」に近い「ぼりき」という振りをいれました。一方の「父力」。「ちちりょく」「ちちちから」…いろいろよめますが「ふりき」と振ると「非力(ひりき)」に近い感じで情けないですなぁ。「ふりょく」だと地に足付いてない感じだし。
08:24  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |