FC2ブログ

ガックシ

2007.11.03 (Sat)

せっかく晩ご飯作ったのに、急に「歯が痛い(T_T)」と言い出し、晩ご飯をやめて、そのままベッドで寝てしもた加奈子。

「ご飯ができるまで」という約束で、録画していたアニメ「あたしンち」を見せていたら、意外と早くできてしまい、テレビ付けたまま「いただきます」に突入してしもた。この時点ですでに僕はプンプン(--#)。

で、再生が終わって「はい、終わり!」とテレビを切ると、突然「歯が痛い」と泣き出した。なんなん?それは。腹立つわぁ。

伏線として考えられるのは、その前、テレビを切る直前にチャンネルが入ったNHKニュース。「子どもたちが今欲しい時間」を冒頭トピックで扱っていて、「切るよ」というと、和子さんが「子どものニュース見ようよ」と言い、僕が「明日の新聞に出るやろし、今ならデジタル画面で読んだらエエやん」と、テレビのONを断固拒否したというコトがありました。親同士のチョットした衝突に、敏感に反応したのかも…。
20:23  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オール電化に際してオススメ

2007.11.03 (Sat)

オール電化240万世帯突破 ガスは反転攻勢へ

オール電化の導入が進んでいます。この現象の善し悪しはこの際置いておいて、掃除の手間を省くために、オール電化のなかでも、特にガスグリルからIHクッキングヒーターにリフォームする際のオススメを書いておきます。

これまでガスグリスを使っていた人が、IHクッキングヒーターに付け替える際、気をつけて欲しいのが排気ファンや換気扇。ガス用とIH用とでは、ファンに必要なパワーが全然違うのです。

ガスは高温の気体を下から吹き上げる形で温度を上げます。一方、IHは電磁波で物質に振動を与えることで温度を上げます。物理法則によって、暖められた空気は上に上がっていくのですが、その上がり方が、両者では大きく異なるのです。

ガスの場合は、もともと下から上に気体が流れているから、揚げ物や炒め物の油を含んだ空気も、一緒に上のファンに吸い込まれやすい構造になっています。ところが、IHの場合、上昇気流は温度差によるものが主流。そのため、油の含まれた空気を吸い込むためには、ガスに比べ、よりパワフルなファンで吸い上げる必要があるのです。

ところが、リフォームの場合、グリルは変えても、ファンまで変えていない場合があります。そうなると、グリル面は確かに掃除しやすいIHなのできれいに維持されやすいのですが、吸い込む力の少ないファンのままだと、油を含んだ空気が家中に広がり、全体的には逆に汚くなります。

ガスからIHにグリルを交換する場合は、換気ファンもIH対応のパワフルなモノに交換することをオススメします。いくら掃除技術や道具が普及しても、こういった初期設定を間違っていると、どんなにマメに掃除しても、すぐに家が汚くなってしまいます。要注意です。

新築物件の場合も、IH用のファンが設置されているかどうか、メーカーのカタログなどで品番チェックして下さい。IH用はパワフルな分、値段が高いので、安いガス用ファンを設置して、販売価格を押さえている場合も考えられます。
19:38  |  家事・子育て  |  Trackback(1)  |  Comment(0)
 | HOME |