FC2ブログ

浴衣を着せる

2007.07.20 (Fri)

実は、自分で浴衣を着たり、着物を着たりができません。旅館に浴衣が置いてあっても、使うことはまずありません。当然のように、他人の和服の世話なんて全然できません。

昨晩、加奈子が突然「新年会ごっこしたい!」と言い出し、どこからか浴衣を出してきて「着せて!」と。まず「新年会はお正月やん。今やったら夏祭りやわ。だいいち、これは浴衣」と言いながらも、「はてさて困ったモンだわ」とヒモを持ってあれこれ。この浴衣は子ども向けの簡単着付け仕様。それすらダメな僕。


「ここにコレを通してた気がするで」
「こうか?」
「ん?ちょっと違うかも」
「はぁ??ワカランわぁ」

と諦め、和子さんが帰ってきてからレクチャーをお願いした。「そうかそうか、そうなっていたのか」とやっと実習&修得。でもまぁ、こんな機会でもなければ、浴衣を着せてやることもなかったかな?イイ機会でした。
11:06  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

夜中の洗濯物干し

2007.07.20 (Fri)

昨日は、専門学校の講義があって、8時過ぎの出勤。洗濯はお昼過ぎに帰ってから洗濯機を回しはじめました。その後、なんやかんやしているウチに夕方に。洗濯物を洗濯機に入れたままなのに気付き、慌てて外干し。風も日差しも少し残ってたので、なんとかユルユル乾いてくれてましたが、加奈子が帰ってきて、晩ご飯を食べ終わるまでには乾かず。

すかさず
「あれ?なんでこんな時間に洗濯物?」
という加奈子のツッコミが。

逆に考えると、「普段はない」というコトだから、まぁエエってことにしよう。
10:58  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

NICUの現状から考えた「点」と「線」

2007.07.20 (Fri)

昨日のクロ現は「“小さく生まれた命”を救え?新生児医療の最前線?」でした。

NICUで働く教え子もいるので、興味もって見てました。

印象的だったのは、低出生体重児を生んだお母さんが、退院時に「これから私一人で(育てられる)?と思った」と言っていたところ。

加奈子は十分すぎる体重(4010グラム)でとても健康な状態で生まれたんですが、それでも、病院から家に移ってきた時に、すべてがプロ仕様で整った病院と、すべてが初めて子どもを受け入れる家とのギャップに、猛烈なストレスを感じたものです。

ましてや、これが低出生体重児で発達に不安があったり、多胎児であった場合など、そのストレスの大きさは計り知れないでしょう。

この世に生まれた命。救うのは医療関係者として当然の行為だと思うけど、その後どう育つか?というコトを考えると、NICU(医療全般)というのは「点」でしかなく、その後に続く生活に「線」として結びつかなければ、本当の意味で「救う」ことにはならないのではないかと思います。

長野県の例として、子どもがNICUに入院している段階で、地域の保健師が親や子どもと面会して、退院後への助走をフォローしていた。一つの試みとしてとても有意義だし、一定の効果があると思う。医療・保健・福祉・教育・住宅…あらゆるモノが連携できて、初めて人の「線」が形成され、一つ一つの「点」に意味が出てくると言えるでしょう。

いろいろ考えさせられる番組でした。
09:48  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

カンバン方式と自動車離れの関係

2007.07.20 (Fri)

中越沖地震:部品不足操業停止、さらに拡大…リケン被災で

僕が学生の頃に存在していた「系列」というのは、もはや存在してないのだろうか?リケンの復旧(自社供給ラインの復旧?)にトヨタや日産など各社が呉越同舟して本社から従業員を派遣しているらしい。

なにはともあれ、単独企業による(結果的であったとしても)独占的な製品提供が、業界全体に与えるリスクは大きい。在庫を抱えない「カンバン方式」という効率的な(?)システムも、こういう事態では、まったくもって裏目に出てしまう。コスト削減の結果もたらされた、ゆとりのないシステムの決定的弱点だ。

ふと、考えたことは、同じ自動車業界を取り巻く、もう一つの不景気なニュース。「6月の新車販売、24カ月連続減――軽販売は3カ月連続減」。とくに、「若者の自動車離れ」が引っ掛かった。

リケンのように、単独で業界全体の販売動向などの製造変動を吸収しようとすると、どうしても雇用の弾力化が不可避。雇用の弾力化をするには、派遣やバイトなど非正規雇用を中心にして「忙しい時はたくさん雇用して、暇な時は解雇(or自宅待機=飼い殺し)」が手っ取り早い。自然に不安定雇用者が増加する。僕も含めた不安定収入の者にとって、自動車ほどコスト高であり効率の悪いモノを所有したいという気持ちにはなかなかなれない。

ましてや、都会で暮らす人にとって、自動車は必ずしも不可欠なモノではない。よほど自動車に思い入れのある人以外は、「あれば便利だけど…」程度の存在になる。なんやかんやいっても、鉄道やバス、タクシーやレンタカーが充実していれば、割安に暮らせる。渋滞だらけで乗る場所がないというのもある。そういう場所からの情報発信が多いので、そういう生活の方が進んでいるような感覚も生まれる。

一方、公共交通が崩壊している地方の場合、自動車は不可欠な足となるが、そもそも自動車が生活に不可欠というカテゴリー自体が、「暮らしにくい場所」「退屈な場所」と位置づけられ、「いずれはこの地を離れたい」という志向にもつながる。地方に行くと、ゴテゴテとチューンした自動車を多く見かける。一つには、「他に金の使い道がない」「他に楽しみがない」のだそうだ。

若年層の不安定雇用化や地方の衰退は、国際競争力を付けるための代償だと思う。その結果、国際市場では販売を伸ばすことができても、国内の空洞化を進めてしまった観がする。自分が製造している自動車を、社員割引でもなんでも、とにかく普通に買えて、しかも「こりゃエエもんやわ」と価値を見出せるという、ごく単純なコトが感じられる社会であって欲しいと思う。

これは、自分が働いて作っているスーパーのお総菜を食べて「おいしい!」と思えることや、自分が働くホテルに「泊まってみたい」と思ったり、親が「もしも」の時は「自分が働く病院に入院させたい」と思えるコトとも同じだと思う。仕事の質やあり方を決定づける要素の一つが欠落しているとしたら、これは社会にとって大きな損失だ。

リケンの震災被害で露呈した「カンバン方式」の弱点をみて、ふと、自動車販売台数の落ち込みや、若者の自動車離れと繋がってるのでは?と感じ、あれこれ考えてみました。

そういえば一つ思い当たることがある。ウチは、しばらく自動車無しの生活をしていた。加奈子が生まれるのに合わせて久しぶりに自動車を購入した。逆にいうと、大人だけの都市生活では、それほど自動車は必要を感じなかった。出産が自動車購入の動機付けになるケースが多いとしたら、少子化と自動車離れも影響しているのかもしれない。
09:29  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |