FC2ブログ

これは珍しい(かも)!

2007.07.10 (Tue)

たま?に京阪の急行に特急車両8000系が使われるコトがあります。これ自体はそんなに珍しいことではないのですが、夕方18時前後の時間帯に使われることは希です。

たまたま通りかかった時は、隣の追い越し線に同じく8000系の特急が来て、同じ色の車両が丹波橋駅の3番線(特急)、4番線(急行)に並びました。

珍しいかも!ということで、加奈子を乗せたままの自転車から携帯電話のカメラで撮ってみました。もうちょっと引いた場所で撮れれば良かったんですけど、そこまでの根性はありませんでした。「鉄」にはなりきれませぬ。
23:10  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

奈良県から初仕事

2007.07.10 (Tue)

関西圏で唯一仕事をしていない府県が奈良県でした。
先日も、せっかく声を掛けて下さった亀山房代さんとのトークショーが、日程の重なりで請けられず…このままご縁が無いのかと思ってました。

そんなところへ、今日、今年度の奈良県男女共同参画課の推進事業である「男も家事(おもかじ)いっぱい推進事業!」に関する広報誌「Vivisimo輝き!」の原稿依頼がきました。ほんの少しの分量ですが、これで奈良県にも小さな一歩を残すことができます。

もう一つ、パネル展の企画にも参画させてもらえるようで、ありがたい限りです。

小さなコトからコツコツと。でも文書を残せるのは、先の例もあって意義は大きいです。
16:17  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「Ultimate Canon Rock」

2007.07.10 (Tue)

あのカノンがハードロックになりました」以来、「Jerry C」アレンジの「カノン」は、Funtwoの名プレイを経て世界に爆発的に広がった!

そして、今、ここに世界中の「オレ様Guitar弾き達」が集う!
Ultimate Canon Rock


YouTubeあってのこの企画。
大手レーベルも手を出さない(出せない)領域で、よくぞここまで盛り上がった!
世界に散りばめられた、名も無きギター戦士達によって
脈々と受け継がれたCanon Rock!

いち台湾人Guitar弾きの編曲した曲を、
あたかも駅伝のたすきリレーの如く、世界中を駆けめぐる。
一人の弾き手を経る度に重ねられるバージョンアップに次ぐバージョンアップ!
もはや断言できよう!
この曲は歴史に残ると!

ジークジオン!じゃなくて…



皆が思ってるコト。
それはオリジナルをアレンジした「Jerry C」。
みんなが君をリスペクトしてるってコトだ!
例えライブで、スライドのポジショニングが安定してなくても、
音程がフニャフニャでも
、そんなことはどうでもイイ!
たった一曲のイカしたアレンジが、
国籍や年代を超えたGuitar弾きを虜にした。
僕らはお互いのつながりと尊敬を実感している。
これは君がつなげたGuitar弾きのunionだ!

多謝!

--
ちなみに、「Canon Rock」はこの後、
acoustic guitarバージョンやKeyboardバージョンまで続々派生が登場してます。
これも、すべてオリジンはJerry C!!
13:53  |  音楽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

痛い…>_<

2007.07.10 (Tue)


ちょっと流血…な話です。
13:05  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

これは男の料理にオススメ!「まな板用足」

2007.07.10 (Tue)

意外かもしれないが、男性の家事参加の中で、料理参加は、あんまり進んでない。
男性がやりたい家事ナンバー1は「料理」。料理教室の募集をすると、たいていすぐに定員オーバー。きっと、料理が他の家事と違って、片付けではなく、作りあげる家事という面が大きいし、なんといっても、ゴールが「美味しい!」ならわかりやすい。

でも、実際は「男の料理に欠けるモノ」に書いたように、今ひとつ歓迎されていない面もある。こういった、これまで料理していた側からの疑問もあるけど、もう一つ参加しようとする男性側からも「続けられない事情」がある。

その中の一つに、キッチンが女性仕様になっている点がある。僕の身長は158センチ。これは日本人の成人女性のほぼ平均身長らしい。つまり「料理は女性がするもの」という性別役割分担前提にキッチン仕様が決まっているとしたら、僕にはピッタリ☆ということになる。そりゃ、料理も楽で楽しいはず(?)

ところが、日本人男性の平均は、158センチってことはない。もうチョット高くて171センチだそうな(参照元)。平均的な男性がキッチンに立つと、どうしても仕様が低く、使い勝手が悪いはず。腰が痛い、背中が痛いというように作業負担が女性よりも大きくなる。180センチオーバーの人になると、頭上の天袋に頭を激突☆ということも。

作り付け器具の仕様は仕方ないとして、せめて解消したいのが包丁を使う時のまな板の高さ。♪トントントントントン♪と軽快に切るには、やっぱり高さの合ったまな板が必要。

そこでオススメなのが、「まな板用足」(例えば、このサイトの真ん中やや下)。どんなに高価な一枚板のまな板でも、高さが合ってないと使いにくい。江戸時代、座って調理をしていた頃のまな板は、足つきが一般的だったそうな(ウィキペディア「まな板」)。

是非、高さの合ったまな板や「まな板用足」を購入して試してみて下さい。切る作業が楽しくなると、料理はもっともっと変化やバリエーションが増えるはずです。
11:34  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

こりゃ誰も声かけないよ

2007.07.10 (Tue)

先日、加奈子を迎えに行く途中で、今教えている(正確には講義は終わったけど)学生を見かけました。顔見知りなら、たいてい声かける僕ですが、この時は声かけませんでした。カノジョと一緒だったとか、急いでたとかそんなんじゃないのにです。

理由はというと、
耳にはイヤフォン、口にはたばこ、ケータイを凝視しながら歩いていたからです。

こっちに気付くわけないし、声かけても迷惑かな?と思って。

僕はあちこちで道を聞かれたり、隣に座った人から話しかけられたり、割りと話掛けられやすいみたいです。僕は話しかけられたりするのが好きな方なので、全然苦にならないし、ひょんなキッカケでその後も関係が繋がってることもある。

話しかけやすい顔というのもあると思うけど、基本的に、僕は普通、耳も目も口も塞がないことにしています。携帯音楽再生機は楽屋以外ではほとんど使いません。あんまり意識することはなかったんだけど、これはけっこう大きな要素かもしれないです。どこか身体を塞いでいるコトは、「寄るな」「話しかけるな」という拒絶の表れに映るのかもしれないからです。

「イイ出会いがない」「関係が広がらない」という人や学生はけっこういますが、「身体塞いでない?」と聞いてみるとおもしろいかも。
塞いでいては、声も掛けてもらえません。
声かけてもらえないってコトは、出会いもないってコトやろなぁ。
案外、こんなところから、いろんな世界は広がるかもしれないなぁ。


アニルさんから娘さんの結婚式の招待状が来ました。
この招待状がおもしろい!(また別に書きます)
10:14  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

寝かせ技

2007.07.10 (Tue)

昨晩は、ホンマになかなか寝てくれませんでした。
そこで、ズッと昔(といっても数年前)に使っていた「寝かせ技」を久しぶりに使ってみました。

加奈子のオデコを、
人差し指、中指、薬指の3本で、
優しくクルクル撫で撫で。

いつの間にかス???ッと寝息・・・

・・・・のはずが、まだガサゴソ。

めげずにクルクルクルクル・・・・・
見ると完全に腹式呼吸へシフト。
今回も成功!まだまだ使えるこの技。
「父!技に自信!」

以前は、いろいろ「寝かせ技」使ってました。
加奈子が軽かった頃は、抱っこしてゆっくり揺すってやるとウトウト。そのままソーッと布団に寝かして、(すぐに離れるとすぐに起きてしまうので)そのまま、加奈子に覆い被さったまま、呼吸をシンクロさせて、呼吸が落ち着いた時点で離れるなどなど、いろんな技を使ってました。ほとんど忘れてしまいました。

正直、オデコをクルクルが未だに効くとは、ちょっとビックリ。でも安心。
09:05  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |