FC2ブログ

加奈子は今日も早寝

2007.03.28 (Wed)

最近、加奈子は、かなり早めに保育園へ行き、帰ってきて晩ご飯を食べると、サッサとお風呂に入り、そしてトットと寝てしまう。僕としては、いろいろ雑用がすませられるので、好都合といえば好都合。

だけど、あまりにあっさり寝られてしまうのも、ちょっとさびしい。

保育園からの帰りの自転車で、
「今日もカズチは帰り遅いんやで」
「知ってるぅ?」
「なんか食べたいモンあるか?なんでもエエで」
「加奈子、ハッピーセットがイイ!」
「えぇ?マクドはアカンて」
「でも、なんでもエエってゆったやん」
「くぅ??確かに言いました(T_T)」

加奈子は、予定外のハッピーセットとサラダをGETしてご機嫌で帰ってきました。
21:31  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

第2のデータも

2007.03.28 (Wed)

26日にした血液検査の結果が来ました。

別の検査機関を使ったんですけど、尿酸値は「8.6」と高い数値。
合併症予防などを考えると、薬を飲んだ方がいいようです。

これから、しばらくの間、毎朝、ザイロリックとお付き合いです。
19:30  |  痛風日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

岡山県真庭市

2007.03.28 (Wed)

さっき、講演依頼の電話がありました。

岡山県真庭市


電話を受けながら、ネットで検索…「おおおお!こっ、これは…地図でみてもわかる山間の町じゃございませんか!」思わず、「こんな機会でもなければ行くことができませんし、喜んでお伺いさせていただきます!」と即答。

というわけで、5月20日の日曜日は、中国山地の真ん中にいる予定になりました。

JR津山線…非電化区間。久しぶりに乗れるディーゼルカー。「ワイドビューひだ」「スーパーはくと」以来です。各駅停車のディーゼルカーは、もしかしたらボストン?ニューハンプシャーの「DawnEaster」以来?国内だと…記憶にない。もしかしたら、高松に帰省した時以来かもしれない。

鉄道旅行好きにはタマラン☆今回の仕事。新緑の高原!天気がいいとサイコー!やろなぁ。
14:08  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

中国語バラード

2007.03.28 (Wed)

これまでに北京2回、上海1回訪問してますが、中国の有線(?)みたいな感じで流れるバラードに、いつも聴き惚れてました。

YouTubeには、いくつかUPされてるんですねぇ。

Xiang Xiang(香香) - Lao Shu Ai Da Mi Mouse Loves Rice (girl version)

Jolin Tsai- Hao Xiang Ni

chi pang -- lin jun jie

Rainie Yang Cheng Lin - Li Xiang Qing Ren

A-Do - 他一定很愛你 Ta Yi Ding Hen Ai Ni

JiN ShA - BeN DaN

jay chou - Shan Hu Hai


果てしなく出てきそうです。
なぜか、映像は日本ロケが多いようです。
11:25  |  音楽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

床暖房(2007年3月21日掲載分)

2007.03.28 (Wed)

下からポカポカ寒さ和らぐ
他の暖房は温度控えめに
暖かい日が続いていたかと思うと、今度は寒い日が続いています。今年は、暖冬だったせいか、暖房器具がいつもの年よりも一つ少ない気がします。町屋に住む友人は、「すきま風だらけだけど、上に一枚羽織ればいいだけ」と言っていました。二酸化炭素排出などを考えると、それがもっとも良い寒さ対策です。とはいっても、家で着込むと動きにくいのも確か。

以前住んでいた家は、築40年でやはりすきま風だらけ。夏の涼しさはともかく、冬の寒さはこたえました。石油ファンヒーターやパネルヒーター、エアコン…と、いろいろ暖房を試しましたが、一番効果を感じたのは床暖房。床が温かいと、思った以上に寒さが和らぎます。エアコンやストーブの温度をそれほど温度を上げなくてもよく、コストの面でもメリットが大きいと思います。

今の家を建てるときも、床暖房だけは最初から導入しました。床暖房の温度を1℃上げると、エアコンの温度2℃を下げても大丈夫なような気がします。とくに我が家は座卓で食事をするので、より床暖房の効果が得られやすいのでしょう。

日本よりも寒さの厳しい韓国ではオンドルという床暖房が有名です。一般家庭では暖房がオンドルだけというところも多いそうです。
09:53  |  京都新聞連載  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

けがと家事(2007年3月14日掲載分)

2007.03.28 (Wed)

いろんな場面想定
多様な生活スタイルを
過日、無事に「プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ」が発売され、大型書店やターミナルにある書店へ、あいさつして回りました。その後、大阪梅田の書店まで足を延ばしました。

歩き回った次の日、左足首のくるぶしが分からなくなるくらい腫れ上がってしまいました。O脚の僕は、膝や股関節の負担は日常的なのですが、負担の度が過ぎると思わぬところに症状が出ます。今回は足首でした。

さて、まともに立てない状態での日常生活。階段の上り下り、風呂の出入り、トイレは座るのはまだしも立ちあがるのがタイヘン。洗濯物干しが、こんなに足に負担になっていることを今回初めて知りました。そして、なによりもタイヘンなのが布団の上げ下ろし。

本には「掃除しやすい家は、昔ながらの和式生活」と書きました。ベッドよりも布団、ダイニングテーブルよりもちゃぶ台の方が、片付けて掃除できる分だけ楽。ただし、その片付けが、例えば今回のようなことで、できなくなった時、かえって散らかった感じになります。

いろんな場面を想定して、バランスよく多様なスタイルを組み合わせることが大切ですね。
09:47  |  京都新聞連載  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

みんな知ってる

2007.03.28 (Wed)

保育園へ加奈子を送っていくと、保育園のスタッフが「足、大丈夫ですか?」と、声をかけてくれました。なんでみんな知ってるの?と思ってたら、「今朝の新聞読みましたよ」と。

そうでした。今朝、掲載された新聞の連載記事に、「明日の痛みの原因は痛風でした」という内容を書いたのでした。入稿から、掲載までに時間があると、自分が何を書いたのか忘れてしまいます。

痛風も糖尿病も、「生活習慣病」と一括りにされますが、実は生活習慣から発症しないケースもあるというのを知って欲しいです。

糖尿病も1型と2型があり、一般的に「生活習慣病」として認識されている糖尿病は2型ですが、なかには生活習慣と無関係に子どもでも発症する1型の人がいます。700万人といわれる糖尿病患者のうち、1型は4万人だそうです。

僕の場合も、食生活が問題とされても、「いったいどこを改善すれば?」というくらいで、もはやコントロールの余地はほとんどないし、「痩せれば数値は下がる」と言われても、痩せる余地もあと1?2?程度しかないように思います。酒もたいして飲まないし…血液検査の結果は、尿酸値以外は、ホンマにキレイな血液です。中性脂肪やγ-GTP、赤血球なども平常値。炎症反応が出ているので、CRP反応が高い程度でした。

約10年前に、「成人病」を「生活習慣病」と呼び変えられたのですが、これも必ずしも適切な呼び方ではないと思います。病名や診断名を付けることで「ラベリング」はできます。そのことは、対策がわかりやすくなったり、それとの付き合い方に目途が付くというメリットもあります。ですが、逆に個々の状態や背景が無視されるコトも生み出してしまいます。

一括りにすることの問題は、たとえば「年寄りだから」「女だから」「黄色人種だから」「○○出身だから」「発達障害者だから」…という固定化と、個が尊重されない不利益も生み出します。

病名とは、便利なようで不便なモノです。
09:42  |  痛風日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |