FC2ブログ

もう少しで年越し

2006.12.31 (Sun)

2006年も残り数分。
相変わらず、ムックの原稿書いてます。
眠たくなってきてスピードが落ちました。
書けないところは置いといて、「次!」に行ってます。
ポンポン書いていかないとタイヘンです。

2006年は、楽しい1年でした。
いろんな人と出会いました。
いろんな新しい仕事もしました。
出版の仕事もその一つです。
いろんな場所に行けました。
遠くはボストン、上海まで行ったなぁ。

来年も流れるままに、
いろんな人と出会い、
いろんなことをして、
いろんな場所に行ってみたいです。
少しずつでも成長していたいです。
23:59  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

年の瀬にちょっと模様替え

2006.12.31 (Sun)

加奈子のおもちゃ類や絵本を整理して、リビングのキャスター棚を一つ減らしました。シュレッダーも2階に持って上がりました。

座布団を並べている場所がポカッと開きました。座布団を並べると、ゴロッとなれます。西に向かって寝転がると、隣の屋敷の庭園が絶景なのであります。
16:03  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

精一杯努力をしている人をみる目

2006.12.31 (Sun)

一昨日のNHKのスポーツハイライトの最後に、荒川静香のコメントがありました。

楽しむ事は精一杯努力する事。努力するから結果として、それが楽しめる

というモノでした。
いろいろ考えてしまいました。

もちろん、人それぞれに楽しみ方はあると思うので、「そこに参加できるだけで楽しい」という人もいていいし、「よりよい結果に結びつくことが楽しい」という人もいいと思うんです。

ただ、「努力ぅ?」とか「結果が付いてくるとも限らないのに…」とか、そういう冷めている人が、努力する人をバカにする傾向が、今の日本には多いような気がするんです。「テキトーにやってりゃイイのよ」みたいな感じでしょうか?

いろんな人が、今この瞬間も頑張ってると思うのです。精一杯努力していると思うのです。それを見せずに、「サラッとやり遂げて結果を出すのが、クールで格好イイ」という風潮があるように思います。もっと頑張ってる姿や努力している人が、そういう姿をオープンにしても、僕はイイと思うんです。

一生懸命とか、精一杯とか、そういう姿を見たり接したりすることで、「自分も頑張ってみよう!」「とりあえずやってみるか!」というように思えると、ずいぶん元気な社会になるような気もします。

出版の話も、中には「実際に出版されるまで、表にしない方がイイ」というアドバイスを下さる人もいます。でも、例え、出版までに転けてしまったとしても(絶対にあって欲しくないですが)、原稿を書き続けた経験は無駄にならないし、オープンになっていればこそ、次の機会や他の人が出す時の教訓になると思うのです。

とりあえず、この年末年始は、がんばって書き続けます!
13:08  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

またリバース

2006.12.31 (Sun)

昨晩は、友人宅でパーティーがありました。
大人3人でシャンパン2本、ワイン3本、焼酎?本という、ものすごい量を飲んでしまい、帰ってから、トイレから出られないというエライことになってしまいました。トホホ。

そのおかげかなんか…増えた体重は、すべて戻りました。戻るというか、2キロ減りました。最軽量レベルになりました。過剰に減ってしまった水分の分があるから、それを補充してもここ数日の増量分を一気に減量です。

でも、せっかくのディナーやワインが…哀しいもんです。
こういう減量はイヤですね。
12:31  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |