FC2ブログ

「日本列島ほっと通信」オンエアー

2006.12.20 (Wed)

11月8日に録音したラジオ番組が、明日オンエアーされる予定です。
12:45頃?TBSラジオ系列「日本列島ほっと通信」という全国ネットの番組です。

関西ではABCラジオで流れます。TBS系列で作られながら、ABCで流れるこの摩訶不思議さ。このページによると12:50?13:00のようです。
「芋たこなんきん」の時間と重なります。

たぶん、大掃除に関する内容だったと記憶してます。
なんせ、録音したのは、1ヶ月半も前のことですので。
23:45  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

牡蠣食えばぁ?

2006.12.20 (Wed)

毎年恒例の、香川の両親から金時人参が一箱ドカッと送られてきました。これまた毎年恒例のご近所へのお裾分けを加奈子としてきました。

西隣のお屋敷に届けに行くと、「あ、エエところに来たわぁ」と、三重県産の生牡蠣をドカッと頂きました。「あの」最近、ノロウイルスで注目浴びまくりの生牡蠣です。しかも、この万年下痢夫に生牡蠣。さすがにちょっとビビリ焼くことにしました。

下痢夫に牡蠣(シツコイ…)。これ以上ない組み合わせじゃありませんか?僕は牡蠣好きですよ。ちなみに和子さんは、鉄壁の胃腸をもちながら、牡蠣だけは一切ダメです。いわゆる牡蠣アレルギーです。ノロウイルスへの耐性がない人なんでしょうね。

で、さっそく焼き網を使って、牡蠣を焼きました。蓋が開いたところで、フタを開けて酒と醤油をちょっと垂らして…熱々を口に流し込むと…美味い!美味しい!美味ぃ?!でした。そういえば僕は、牡蠣が美味しいと思えた時、初めて「大人になったんやなぁ?」と実感したものでした。西隣の奥様と、この話をしたところでした。

牡蠣には、断然ギネスビールです。牡蠣に合うワインを探すのは難しいのに、ビールはなんでこんなにイイ組み合わせがあるノォ?日本酒との組み合わせもタマラン!時がありますけどね。

ダシがジュージュー言ってる牡蠣を流し込み、あの苦味や甘みを堪能しながら、ビールをククッと・・・・・プッハーでした。昨日、「晩酌したい」とか書いてましたけど、願いはプチッと叶いました。



さて、これから2、3日後です。
僕はどうなってるのでしょうか?

実は…すでに腹が痛いのです。

え?


でも、これは明らかに食べ過ぎです。牡蠣の後、雑炊を加奈子が残したモノまで食べてしまいました。腹がキンキンです。先日、友人と食べた韓国料理屋以来です。ちょっとキンキンが頻発しています。リバウンド警報発令かも。

こんなコトよりも、ノロです。
19:52  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

サンタの買い出し

2006.12.20 (Wed)

午後から、サンタの買い出しに出掛けてきました。
今年は、「水彩画セットをお願いするねん」と早くから言ってました。

というわけで、通販で買おうにも間に合わない今日、五条の画材屋さん画箋堂に出掛けてきました。買ったのは(株)サクラクレパスの「サクラ水彩セットG」です。

値段としては、ホルベインの「水彩ミニパックM」も近いモノがあるんだけど、ホルベインが最初の絵の具というのもどうかと思って、サクラにしました。単にホルベインの在庫が無かったというのもある。

帰りに髪の毛を切りに、いつもの美容室に寄りました。五条から三条まで歩いたわけです。せっかくなので、先日デビューした祇園界隈を歩いて、「はやかわ」と「大恒」の前も通りました。「大恒」の方は、店先に「忌」が出ていました。ちょっと気になります。

あさって、雑誌「月刊psiko(プシコ)」の取材が来る(写真も撮っていくらしい)ので、いちおう、失礼のないような髪にしておかねば…というコトで切りました。
19:34  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

冬枯れの山陰路

2006.12.20 (Wed)

福知山の京都創成大学に通う楽しみは、なんといっても沿線の風景。今年は、通い始めた10月に、まだ夏の名残があったりして、夏→秋→冬の風景を楽しめた。

山間の集落や小さな街。川や谷間。季節毎に違う見え方があって、定期的にそこを通る者のみが味わえる醍醐味だと思います。

僕の好きな風景の一つが、「下山駅」東側の橋梁からの風景です(←左写真)。昔の橋脚が残っていたり、街道沿いに開ける風景に奥行きを感じます。そこまでの山道の閉じた風景から、一転、スカーンと開けるところも好きです。ここの風景は、本当に季節毎、天候によって全然違って見えるのです。もちろん、その日の気分次第でも、全然違って見えてるんやろなぁ。
11:06  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |