FC2ブログ

浪速区人権文化センターで講演

2006.12.09 (Sat)

手前味噌ですが、今日は、とってもイイ感じで講演できました。これまでの講演について、「イイ感じ」と言ってきた内容よりも、ズッとよかったように思いました。

事前に、参加者が多くないと聞いていたので、「それなら」と思い切って、内容構成を実験的に組み替えてみました。これまで、アレもコレもと話しすぎてたんじゃないか?と振り返り、大幅に内容の項目を減らし、逆に一つの項目についての内容を膨らませてみました。流れについても、伏線を排して、単純な一本につながるように変えてみました。

A4ノート見開き1ページ分の内容は、自分でも余裕をもって話せました。かなり内容を絞ったにも関わらず、話ていて、「あれ?もうこんな時間?」という感じで時間が過ぎていきました。主催者の方からも、「聞いていたら、あっという間に時間でした」と言ってもらえました。

今の2冊目のノートに変わってから、イイ感じに向かっている気がします。この講演メモノートはイイです。毎回、話す内容を変えている僕にとって、ノートは記録そのものなので、反省も進化もここからという感じです。

僕にとってうれしかったのは、「サクラで来てくれた?」と思える看護学生3人が、「え?看護学校で社会福祉教えてるんですか?ウチの学校にも教えに来て欲しかったです」と言ってくれたことです。講演の内容とは直接関係ないですけど、「あ、今日の話も楽しく聞いてくれたんやなぁ」と思いました。こういう飾り気のない反応に思わず喜んでしまいます。

今日は、席の後ろの方で、笑いどころの度に笑顔で反応したり、頷いてくれる人がいました。あの人のお陰で、「あ、ちゃんと伝わってる!」という感触がその都度あり、とっても気分よく講演できました。お陰で「伝わってるんかな?」という不安から何度も同じ内容を話すというコトもなく、スムーズでした。話し手も所詮人間。人間は人間によって良くも悪くも影響受けるモノですね。

来週は、同じ会場で、食育についての講演&ワークショップです。なかなか僕の中で内容が定まりませんし、食育の話はほぼ初めてのテーマです。でも、その分、言いたいメッセージはシンプルです。僕に託されるメッセージも多分シンプルだと思います。それに答えたいです。「食育も楽しい生活のための手段」ですね。そのために何ができるんだろうか?どういう視点から?というコトだと思います。
23:59  |  講演記録  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |