FC2ブログ

「スーパーはくと」の旅

2006.12.04 (Mon)

京都駅ではよく見かける「スーパーはくと」。なかなか乗る機会がなかったのですが、今回の鳥取行きに往復利用しました。

連チャンだったうえに、出発日の真夜中から、加奈子が夜泣き。完全な寝不足だったのもあって、思い切ってグリーン車に。
サイトを見ると、「智頭急行線内では制御式振り子運転」と。振り子って、カーブを減速するための設備で、すっ飛ばせる反面、乗っている人間はバイクでカーブを曲がる時のハングオン状態にさせられるわけです。下手するとヨレヨレに酔ってしまいます。「くろしお」「しなの」の振り子の悪評は有名です。そんな理由もあって、余裕をもたせてグリーンにしました。

グリーン車には、肘掛けから出るテーブルと、前の席の背もたれに付いているテーブルと2つ使えます。が、両方出すと、重なってしまいます(写真左)。なんともマヌケ。おそらく、当初は重なってなかったのだと思います。それが、皆さんが使っているうちに、背もたれ側のテーブルの支柱がヨタってきて、テーブルが以前よりも手前に位置するようになったのではないかと思います。

今回、JRなのか智頭急行なのか、どっちかの設定上のミスを発見しました。京都駅をでる「スーパーはくと」は、行き先の鳥取・倉吉に向けて1号車を先頭に出発します。ところが、座席番号は、京都に向けた側が1番なのです。グリーン車は6列しかありません。普通に考えれば6番が鳥取・倉吉に向かって後ろになります。てっきり、そうだと思って6番を指定したら、なんと目の前は壁。車掌に言ったら「1番が開いてますので、どうぞ」と変更してくれました。号車番号と座席番号が逆並びになっているのです。これはお粗末な設定です。直すのもタイヘンでしょうけどね。

もともと駅弁があまり好きじゃない僕。最近は、デパートや巨大スーパーが駅前や駅ナカにできているので、そういうところで弁当を買うようにしています。駅弁より安いし、たいてい駅弁よりも豪華。今回は、京都駅ビル内の伊勢丹で弁当を買いました。「四陸」の「赤の飲茶弁当」税込み924円でした。

今回、僕は一人掛けのシートに座りました。大阪から通路を挟んだ二人掛けに僕の両親世代のご夫婦が乗ってきました。夫婦でなにやら楽しそうに話していたのですが、上郡のあたりを過ぎた頃、おじさんに「どこまで行かはりますのん?」と話かけられました。そこから鳥取まで楽しい話が、旅の話や仕事の話など、いろいろ楽しい話が続きました。移動時間が長く、「退屈かもなぁ?」と思っていたのが、一転、あっという間に鳥取に着いてしまいました。おじさんが「あんたは、話しかけやすい顔してるわ」と言ってくれました。そう仰ったそのご夫婦も、そろって明るく陽気なお顔で「年とって、ああいう感じの顔になれたらエエなぁ」と思いました。

特急列車の車内で、通路を挟んで話しがはずむ…アニルさんの時も、そうだったなぁ。
16:01  |  旅行  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

あ?ざんねん!

2006.12.04 (Mon)

常日頃から、すごいなぁ?と思ってチェックしている講演者さんがいます。
仲島正教さんと仰る方で、是非、一回は講演に行かねば!と思っている人です。

その方のブログを見ていると、12月4日今日の日付で、「昨日は鳥取での講演でした」とありました。「岡山経由」とあったので、「同じ鳥取県でも米子市かな?」と思って、スケジュールをチェックしたら、鳥取市でそれも「県民ふれあい会館」じゃないですか!時間は14:10?15:50!

僕は同日同じ会場で16:00?18:00に講演してました!
なんというニア状態!
もう一歩でお会いできたんですね?

お目にかかれなくて、あ?ざんねん!(←わかる人にはわかるジョーク)
15:01  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

鳥取から帰ってきました

2006.12.04 (Mon)

今回は、さすがに疲れてしまいました。いくら旅行好きと言っても、連続移動はキツイです。

昨晩の講演は、思わぬ展開が待ってました。

以前(6月の綾部市の講演)の教訓から、最近は、まず僕たち家族の映像を流し、イメージをもってもらった上で、男性の家事や子育てについて話すという形をとってました。昨日も、その予定だったんです。で、会場に着いて、プロジェクターをセットして、パソコンをつないで…ん?なんかこのパソコン古くないか?と思ったら、なんとドライブがCDのみでした。(゜◇゜)ガーン

持っていったDVDは再生できず。仕方ないので、僕が口で説明することにしたのですが、なかなか難しいモンです。なんとか頑張って伝えてみましたが、映像の情報量というのは、ものすごいんやなぁ?と実感しました。

講演の後、「結婚相手に求める条件」という課題でワークショップをして、それをお互いに検討しイベントは終わり。ワークショップは、ワイワイと楽しんでくれていたような気がします。

参加したのは、大半が鳥取大学の学生でした。部屋いっぱいに学生がいるというのは、看護学校の講義以来でした。でも、たくさんいるんだけど…みなさん、かなり大人しい。ワークの時に、一人一人と話すと皆さんおもしろそうなんですけどね。あと、模範的な答えが多かったです。教育学部系というのも関係しているかもしれませんが…イベントの後の交流会も、ほとんど参加者がなく、結局実行委員の人達だけど飲みました。「洗濯ソムリエ」技や、料理の秘技など、ネタを講演中に振っておいたのですが、食い付いてくれませんでした(T_T)

今朝、次に来る機会がなかなか無いだろうと思われる、鳥取駅前の商店街をウロウロ散歩しました。駅前一等地ビルのテナントはサラ金業者ばっかり。商店街で唯一コギレイなのはパチンコ屋。

でも、あの商店街は、逆にいい味が出ていました。先日、岩国市に出掛けたときに、「昭和50年代みたい」と思ったのですが、鳥取駅前商店街は、さらに10年前の昭和40年代の印象でした。「子どもの頃ってこんな八百屋さんあったなぁ」という店がいくつかありました。天井から吊す秤や、お釣り入れとか、包装紙とか…とっても懐かしかったです。もうちょっと天気がよくて暖かければ、なんかホッコリした気持ちになれたかもしれません。こういう自然に残ったホッコリ感を大切にしたいなぁと思いました。
14:07  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |