FC2ブログ

◆お風呂の扉

2006.11.29 (Wed)

◆お風呂の扉

室内側のパッキンにカビ?が
意外に盲点の場所も清潔に

お風呂の扉の脱衣室側。みなさん、掃除してはりますか?常々、浴室の中のカビ対策として、各地での家事講座で、「最低限、風呂を出るときにはサッとシャワーをひとかけ」と推奨している僕ですが、外側は死角になっていました。

先日、娘が「うわぁ?きたな?い!」というので、何かと思ってみると、浴室外側の風呂扉のパッキンにうっすらとカビ状の物体が…幸い、カビではなかったのですが、ここは盲点でした。普段、この汚れは目に入っていませんでした。子どもの低い目線も役に立つことがあるのですね。

もう一か所は開き扉の下に当たる部分(写真の矢印部分)。ここも汚れていました。特に、最近主流になった段差解消型扉の場合、ゴムパッキンで、水が流れ出さないようになっているのですが、このゴムの巻き込み部分にも、水あかや髪の毛などがたまっていました。中から扉を洗う場合は、扉は閉めていることが多いので、気が付かずに過ごしていました。

今の家に移ってきて1年8ヶ月になりますが、初めて風呂扉の近辺を念入りに掃除しました。

次のターゲットは、洗濯機の下です。
21:04  |  京都新聞連載  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

朝のストレスを解消する!

2006.11.29 (Wed)

朝、れいの件ですっかり疲れてしまったのですが、一日棒に振るのはさすがにもったいないと思い、予定どおりシステムキッチンのクリーニングをしました。

レンジフードは開けてビックリの油ベトベトになっていました。いったい何ヶ月放ったらかしにしていたんでしょう。これじゃ、換気状態もよくなかったやろなぁ?というくらいヒドイ状態でした。

ステンレスのキッチンのいいところは、磨けばそれに答えてくれるところです。時間をかければ必ずキレイに輝いてくれます。人工大理石のキッチンでは、なかなかここまでキレイによみがえってくれないそうです。

磨いているうちに、荒れた気持ちも落ち着いてくるし、なにしろキレイになったのを見ると気持ちいいモンです。

キッチンの他に、階段窓の網戸も掃除しました。入居後、初めての洗浄です。ピッカピカになりました。
16:16  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

動作性知能を鍛える

2006.11.29 (Wed)

和子さんからが、研修で仕込んできた情報です。

動作性知能の衰え防止には、目と耳と手を同時に使うことが効果的なんだそうな。

言語性知能は加齢とあんまり関係ないそうなんだけど、この動作性知能は45歳を過ぎると頭打ちになり、60歳くらいからガタッと能力が落ちていくらしい。

その動作性知能の老化防止に効くといわれるのが、目と耳と手の同時使用。学生が英単語を覚える時に、紙に書きながら声に出して読むのは、動作性知能を使いながら言語性知能も使う理屈だろう。

目と耳と手の同時使用は、とっても高度な行動だそうで、未だにロボットではできない領域なんだそうな。ネイティブなら問題なく聞きながら作業ができるコトも、ノンネイティブの場合、聞くに集中が必要でその分、手が止まってしまうということもあるそうな。

そこから、外国人ナースの導入も、その部分では日本人ナースを完全に補完するのは難しいのでは?といわれているそうな。
--
目と耳と手を同時に使うこと。これは家事がまさしくその運動でしょう。「家事が脳に良い刺激を与える」というのは、毎度お馴染みの川島隆太教授(「脳を鍛えるDS」シリーズの人)も大阪ガスと共同して発表しているけど、それは運動性知能と関係しているようです。男性も料理をすることで脳が活性化されるそうです

僕は、よく講演で「家事は、できないよりは、できた方がいい。やらないよりは、やる方がいい」と言ってきましたが、このことは、家事に留まらず、家事を続けることで運動性知能を活性化させることで、生活のあらゆる側面の能力や可能性を維持するということにもつながるようです。
15:44  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

3日連続の心理戦

2006.11.29 (Wed)

タマラン!カンベンしてくれ!
です。

毎朝毎朝、加奈子とガマン比べです。毎朝約2時間、和子さんが出勤してから登園するまでの間、登園拒否と闘ってます。以前、主夫友だちの熱血主夫さんが、「毎朝クタクタ」と書いてましたが、よくわかります。保育園に送り届けた後、なんにもやる気にならないです。こうやって書くことすら疲れます。

数週間前から兆候はありましたが、ここ3日間(月曜から)は爆発しています。毎朝、そろそろという時間になると、グズグズし始め、メソメソ泣き続け。決して「こうしたい!」を言わず、ただグズグズ弱く、しかし長く訴えてきます。

その間にも、仕事の打ち合わせの電話がかかってきたりします。その間は、泣き止んでるのです。泣きは戦略的なのです。ということは、こちらも戦略的に返さないと、暴力的に無理矢理連れて行っても長期戦になるばかりです。

一つは、親の登園拒否に対する対応が分かれているのが原因かもしれません。僕は、「とにかく保育園に行って欲しい」という立場です。それは家で仕事をしている以上、加奈子が家にいると40%くらいしか稼働できないからです。

ところが、片方で「行きたくなかったらエエやん」という人がいると、そっちの方に甘えます。その味をしめると「行かなくてイイかも…」という気持ちになります。それは当然の行動選択でしょう。加奈子に、それが土曜日だけ許されることだとわかってるのか、それとも…です。

当分、バトルは続くでしょう。でも、すでに疲れ切ってます。


正直言って、集団生活は窮屈ですし、つまらないことも多いですし、マイナスストレスも多いです。それは僕もよくわかります。幼稚園も小学校(低学年時)も大嫌いでした。イヤなヤツもいっぱいいました。だけど、そんなコトでサボったところで、家もいつか居心地が悪くなります。

僕がどうやってそれを乗り越えたのか、本当のところはよく思い出せません。いつの間にか、朝一番に登校して、下校の合図があるまで学校に残ってドッジボールをするようになっていました。友だちや好きな子の存在が大きかったと思います。そう思うと、そんな友だちや好きな子に巡り会うためにも登園ささなきゃ!と思うんです。イヤなこともあるけど、楽しいこともある。100%楽しいことなんてないのさというメッセージ。5歳児はまだ無理か…
10:44  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

早寝早起き

2006.11.29 (Wed)

このところ、僕の一週間は火曜日が一区切りになっています。
週末に講演が入り、火曜日の京都創成大の講義準備に月曜日を使うので、結局、週の後半から週明けが忙しくなります。ということで、最近は、水曜日が僕の休日になっています。

休日の前夜は…と思い、昨晩は岩国で買った「金冠黒松」を飲みました。加奈子と二人の晩ご飯時に、おちょこに二杯ほど飲むと、気持ちよぉ?なってしまい、その後、加奈子の遊び相手なんぞをチョイとすると、もう眠気充満。

結局、21時頃、加奈子よりも先に寝てしまいました。
そして、今朝、5時過ぎに目が醒め、そのまま起きてます。
06:36  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |