FC2ブログ

遅ればせながらエアコン

2006.07.31 (Mon)

去年、「そろそろエアコンも考えなアカンなぁ」と言いながら夏が過ぎてしまい、エアコンなしで1年過ごしました。今年は今年で、ググッと暑くなってきてから、「そや!エアコンや!」とすっかり忘れていて、気が付けば灼熱シーズン突入後の設置となりました。

リビングに設置されたエアコン。ダイキンの「うるるとさらら」Rシリーズです。16畳対応のパワフルなヤツです。最近のエアコンは、ラジエターの格子が前から見えないような作りになってるんですね。スタートを押すと、全面のカバーがググッと持ち上がる。なんか、ホワイトベースのカタパルトの蓋が開くみたいなメカメカした動きです。

冷房効率を上げる意味もあるんだけど、リビングの天窓をすだれでカバーしてみました。なんか急にアジアンチック。真夏は、すだれの隙間から入る日差しだけでも十分明るい。明るいってコトは、イコール暑い。お陰で、いくらかリビングの暑さはマシになりました。

どういうわけか、今日は灼熱!な暑さにならず、気温は割りと低めな一日でした。でも、湿度は高く、さっそく「さらら」でフル回転。

2階の仕事机です。僕の机にしては、ものすごく片付いています(これでか?というツッコミは覚悟のうえ)。というのも、ちょうどこの机の斜め前上にエアコンが付いたので、設置業者が登れるように、積んでいた書類やらメモを他の場所に移したのでした。これがまた、タイしたことのない書類やメモばっかりで…「ええ?い!この際や!捨ててまえ!」か?

とにかく、新居に来て初めて、この家に冷房&除湿という概念が導入されました。試運転はかなり低めの室温設定だったので、ものすごい涼しさ。「帰りたくなる家」というのをダイキンの営業さんが言っていました。まぁ、その面は確かにあるかな?と思いきや、和子さんが帰宅後、「この涼しさのためなら、頑張って働くかぁ!」と言ってました。やっぱり帰ってこない?

一方で、家の居心地がよくなり、加奈子はますます出不精になる?
21:56  |   |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |