FC2ブログ

加奈子だけ元気

2006.04.19 (Wed)

昨日の後半は、加奈子だけが元気でした。回復しかけた子どもと、菌を吸収してグデングデンの父親という組み合わせは、「カンベンしてくれよぉ?」でした。

月曜日、病院に出掛けた帰りに「たのしい幼稚園」を買ってもらい、その付録を作ってくれと。殺す気ですか…プリキュアのブルームですが、とりあえず出来れば着てみるんだけど、その後は、ポイッ。やれやれ。
14:09  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

あまりに区切りが良すぎると…

2006.04.18 (Tue)

学生達には、レポートの書き方なんゾを、偉そうに教えていたりするんだけど、その中の一つに、区切りのいいところで終わらせず、「次の文、次の段落、次の章など、接続詞だけでもいいから一言書いてから休憩する」というのを伝えている。

あまりに区切りが良すぎると、次に書き出す時に、「え?っと…次はどういう展開にするんだったっけ?」という感じになったりする。結局、流れを確認するために読み返したりして時間を過ごす。時間にゆとりがあるときなんかは「んまっ、また気が向いたら…」になってしまう。逆に、ヘンな区切りで終わらせていると、落ち着かず気になってどうしても次を書きたくなったりする。流れも途切れず、置いておくことができる。

僕は、新年に入ってから、長めの文章をボツボツと書いていた。だけど、Boston行き前くらいからすっかり筆が進まなくなっている。「なんでやろ?」と書きかけのファイルを久しぶりに開いたら、案の定、第1章的な部分でキチンと終わってしまっていた。あまりにキッチリ終わってしまってるモンだから、次にいく「エイヤ!」が無くなっているのであった。

自分で「これがオレ流の書き方!」などと教えながら、自分でドツボである。
この風邪が治る前に、一言くらいいっとこぉ??( ̄▽ ̄)ノ

誰かが言った
「書いたモノはいくらでも見てもらえるし、変えられる。
書かれてないモノはどんなに良いモノでも手の付けようがない。」
あるフレンチシェフの…
21:43  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ほぼ回復?

2006.04.18 (Tue)

お昼過ぎ。
塗り絵してます。けっこう回復したみたい。
15:28  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

公害問題の専門家

2006.04.17 (Mon)

今日の7時のNHKニュースで、Kubotaの保障問題が出てました。たしか半径1キロの範囲内に1年以上住んでいた地域住民への保障がどうのという内容でした。

そのニュースのコメントに、「公害問題の専門家」として宮本憲一が登場してました。
ただ、編集の都合だと思うんだけど、Kubotaを高評価する部分が強調された感じで、補償の対象としてはみ出る部分についてがカットされていたみたいです。彼なら、あのような「万事OK!」というようなコメントはしないはず。
21:51  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

加奈子はチョイ回復?

2006.04.17 (Mon)

午前も午後も、薬が効いたのか、咳も少なくなってよく寝てました。

晩、ゼリーと豆腐を少々食べました。
素麺ですら「喉痛いぃ?」と言って吐き出していたくらいだから、
チョット回復の兆しが見えてきた感じです。

一方、和子さんは、午後から出勤しましたが、
夕方、ヨレヨレになって帰ってきはりました。
加奈子の回復分を、全部、和子さんが引き受けた感じです。

僕もギリギリです。
ヘックション☆☆こりゃ危ねぇかも!と思って横になって回復し、
しばらくして、また「ん?」と喉に違和感あったり…です。
21:32  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

以前から「?」だった

2006.04.17 (Mon)

桜盗んだ調理師取り調べ 「料理に添えたい」と供述

「チョット出来心」でもなさそうな今回のご用だ!。

前々から、料亭や旅館に出てくる料理に添えられている桜の花。「敷地の桜からとってるんかな?」と思ったりしてました。実はこういう感じの疑惑の桜が、いくつかあったんだろうと思います。

それにしても、「桜切るバカ、梅切らぬバカ」というように、桜を切るというのは、後の処理やらなんやら、もともと弱い木だけに難儀なもんです。コソって枝を切って、そのまんまにしておくと、木全体が枯れたりします。

もっというと、桜は木になってこそ桜。散るのも木になってこその趣。花が付いたまま落ちる枝など、まぁめったとお目にかかれませんし、そういうモノを料理に添えて「おお!エエやんか」というようでは、「粋」とは言えませんなぁ。京都の料理人にしては無粋ですわ。
18:04  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

よく寝てます

2006.04.17 (Mon)

朝イチで近所の耳鼻科で喉をみてもらった。真っ赤っかだそうな。薬もらって飲ませたら、グッと寝てくれました。喉の痛みからか、夜中、何度も起きました(~o~)
13:21  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

加奈子、状態は悪化?

2006.04.17 (Mon)

喉が腫れてるのか、固形物が飲み込めなくなっている。
「痛い?ぃ(>_<)」
と言って、吐きだしてしまう。
食べないと治るのが遅くなるよなぁ。
去年の10日ダウンの再現か?
今週は講義もないし講演もないから、なんとかなるかな?
08:12  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ヤバイかも

2006.04.16 (Sun)

夜、僕も喉に違和感。
一家全滅はなんとしても避けたいわぁ。
今回は、ひき始めに気づいた「置き薬」の葛根湯。
ググッと一本!…効くんかな?
20:57  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

スープ

2006.04.16 (Sun)

食欲ない人に栄養とってもらうにはスープが一番!とどこかの料理研究家様が仰っていました。たまねぎ、にんじん、キャベツ、ねぎ、椎茸、ショウガ、パスタ(フジリ)をコンソメベースのスープに入れて煮込む。なかなかのお味でした。豆類と芋類を入れるとさらにエエ感じじゃないかと。ゴボウも入れたかった。
15:06  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ダブルダウン

2006.04.16 (Sun)

母子ともにダウンです。
09:07  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

加奈子本格的にダウン

2006.04.15 (Sat)

朝、37.9℃だった熱は、夕方には39.0℃に。
去年の10日間連続ダウンが頭をよぎります。
今回は、吐き戻しはないので、まだ楽だけど。
17:41  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

綾部にご縁

2006.04.15 (Sat)

昨日は、今年の公立南丹看護専門学校、最初の講義でした。

行きの電車の中で、茨木市から綾部市に向かうという年配の女性に出会いました。いろいろ世間話をして、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

学校に着くと、去年受け持った綾部出身の学生kanaが、スーツ姿で研修先に挨拶に向かうところでした。「いやぁ?せんせぇ??久しぶりぃ??(ハグハグ)」。ホントに短時間の再会。

講義の後、システムブレーンから連絡がありました。
綾部市から講演の依頼が入っているんだそうです。

なんか綾部にご縁があります。
講演の詳細は決まり次第広報します。
07:26  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

どうやら風邪ひいたみたい

2006.04.14 (Fri)

加奈子の調子が悪そう。

ゲホゴホと咳してます。
透明のタラリ鼻水が出てます。
おでこがボワンと熱いです。

風邪でしょう。な?んかダラダラしてたのは、これが原因?
シンドイんやったらサッサカ寝んかい!と思ってしまいますが、
正直、講義のある今日までもってくれてThank you!よく頑張った!

和子さんも今日は、早く帰って来はりました。
加奈子と一緒に早々と就寝。
リカバーしてくださいませ。
お疲れ様。
23:11  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

未来に弱い社会

2006.04.14 (Fri)

今、NHKスペシャル「調査報告 アスベスト なぜ放置されたのか」を見てます。

日本の企業や政府が、いかに未来に対する予見とそれにもとづく予防という観点に弱いか?ということを痛感しています。「バレなきゃいい」「問題が大きくならなければいい」「問題が表に出なければいい」という姿勢がありあり。

当時の環境庁やKubotaの対応は、「目の前に患者が居なかったから…」というものの、すでにアメリカのセリコフ博士のもとには多数の症例をもっていたし、警告も発していた。

Kubotaのアスベスト代替品がまだ完成に至ってなかったという背景が、アスベスト使用を延長させたらしい。これは非加熱製剤の代替製品が完成してないので、そのままそれを使わせ続けた結果広がった、ミドリ十字の「薬害エイズ問題」と同じ構造。つまり、政府と企業の間に癒着があったということでしょう。2004年になって、やっとアスベストは使用禁止になった。代替物質が完成したかららしい。

石綿協会は「政府が禁止しないから、自分たちからは使用をやめることはない」という認識だったらしい。危険だと思うのなら、自主的に取りやめるというセンスはないんでしょうかね?政府は政府で、「事業者の責任で説明しなさいと法律に書いている」というように逃げている。政府と企業が「あっちの責任」と擦り付けている状態。

アスベストによる様々な疾患の患者は、これからも増え続けるだろう。国の「管理使用」の代償を建設業や建築業に携わった、いわば日本経済の屋台骨を支えた労働者達が払っていると、番組は締めていた。

取材協力の中に「宮本憲一」の名前がありました。師匠健在なり!

これは公害だ!

Nスペからは、こういうメッセージが読み取れました。
考えてみれば、水俣病と同じ構造です。
それにしてもKubotaってこういう事態になっているのに、危機感の感じられない会社やナァ。僕には、患者救済に一生懸命になっているという姿は見えませんけど…

タイトルの「未来に弱い社会」というのは、年金の問題だって同じです。早くから人口減少は予見されてました。いつまでも人口増加が続くなんて誰も思ってなかったし、年金運用危機も早くからわかっていたはず。それが「今はまだ大丈夫だから…」という感じでズルズルズルズル。
23:02  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オヤジ臭

2006.04.14 (Fri)

本体サイトの写真を、春向けに変えてみました。
一気にオッサン臭さ漂うサイトに早変わり。
10:50  |  PC  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

NightRanger!

2006.04.14 (Fri)

昨晩の爆発もあり、なんとなく気分が乗らないのですが…
NightRangerとJourneyというサンフランシスコ出身の2バンドに元気をもらってます。
10:01  |  音楽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

久々にキレた

2006.04.13 (Thu)

ここ半年?1年くらい、余裕かましてましたけど、今夜、久しぶりに「もう勝手にセェ!」と子ども放り出し。

部屋の散らかしっ放しは相変わらずだし、ご飯は遊びながらダラダラだし、お風呂もグズグズ…「洗うの?」「うん」と言った端からなんやかんやと…

まぁ、興味のあるモノがたくさんあるってのは、エエことではあるんですけど、時間は無限にあるワケじゃない。気持ちに余裕がある時はどうってことないんだけど、最近、イライラが溜まってきてますわ。昨日も怒ったし。

和子さんは、今年に入ってから、ほとんど加奈子が起きている間に帰ってきた日がない。「そんなの働いてるんだから当たり前」かもしれないけど、こっちも当たり前のようにイライラ。世界基準がどうとかじゃないけど、こんな時間まで働いても効率のイイ仕事ができるわけ無い。コッチはコッチで一人で子どもと向き合い続ければ、いつかキレることもある。キレても解決するのは自分しかいない。それが分かってるから溜め込む。どんどん溜まる。向かう先のないイライラは、最終的にそれはどこへ向かうのか?
21:26  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

明日から講師業はじまります

2006.04.13 (Thu)

明日から新学期の講義が始まります。
行くのは、公立南丹看護専門学校
通い始めたのが1998年。僕が結婚した年ですわ。
いつの間にか校舎は新しくなり、船井郡八木町は南丹市八木町になり、JRのダイヤは大幅に変わってるし…

この学校、通い始めた頃は、学生が全員白衣+ナースキャップ姿で講義受けてました。
教室に入ったら白衣だらけ。
(◎_◎)え?もしや…来るところ間違えた?でしたわ。

今は普通の専門学校になりました。
新緑の保津峡を超えて講義です。
もしかして桜が残ってるかも。
16:58  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

さむい

2006.04.12 (Wed)

加奈子は、最近、突然「さむい」と言うことがあります。
でも、これは "feel cold "という意味ではないのです。

これは「ウンチ出そう」です。


まぁ、わからんことはないですが…
22:17  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ポケットの中に入ってる人

2006.04.12 (Wed)

あまりにも部屋の片付けをしないモンだから、
「エエ加減、片付けなさい!」
「だってぇ?」
「だってなんやのん!」
「サナちゃんも散らかしっ放しやもん」
「サナはサナ!加奈子は加奈子!一緒でエエわけないヤン」

「ウッウッウッ…パ、パパなんて大嫌い(・・、) 」
「大嫌いでケッコウ!」


ウェ???ン・゜゜・(>_<)・゜゜・


「イッイッ…パパもママも大好きやのに…(・・、) 」
「さっき大嫌いゆ?たんは誰やったっけ?」


「え、えっと…(ヒックヒック)ポケットの中に入ってる人」
とっさに出た答えだったんでしょう。
19:38  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

-196℃サントリー

2006.04.12 (Wed)

-196℃サントリー

テレビCMの曲は、BON JOVIの「You Give Love A Bad Name」なんだけど、歌っているのは誰なんやろ?エエ感じのアレンジやんか。
19:17  |  音楽  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

同じ認知症なら

2006.04.12 (Wed)

昨日、元学生達と話しながら、「認知症にもいろんな人がいて…」という話しに。

厳格なオヤジがエロオヤジに変貌していく姿や、穏やかだった奥様が文句ばっかり言うようになったり、きれい好きだったはずなのにオムツに手を入れてグジャグジャだったり…

認知症時の自分がどういう状態になるかは選べない(と思う)けど、「どうせ同じ認知症なら、カワイイ認知症がエエわぁ?」と。わかるわかる。素直な子どもになる人もいたりしますよね。

もしも、認知症前の生活状態と症状に相関関係が発見できたとしたら、これはものすごい研究やと思うんですけどね。調査に根気が必要だし、認知症じゃない人に、「認知症になった時の状態を知りたいので、今から調査させてください」という調査依頼は、まず請けてくれないだろうね。でも、みんな「もしも自分が認知症になったらどうなる?」という興味はあると思うんです。

まことしやかに言われているのは、「泥んこ遊びや粘土遊びなんかをしなかった人は、認知症になるとウンコいじりをする」ですけど、これもきっちり調査した結果ではないと思うんよね。
13:07  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

助かるわぁ?

2006.04.11 (Tue)


今日は、5年前に京都大学医療技術短大で教えていたときの学生が、非番に合わせてウチに遊びに来てくれました。

人手があるのを良いことに、早めに保育園へ迎えに行き、加奈子の遊び相手をしてもらいました。二人とも、生まれてすぐに加奈子を見に来てくれているし、一人は去年も遊びに来てくれているので、加奈子はすぐに馴染んで「これで遊ぼ?」といろいろ好き勝手させてもらっていました。

もぉ?かつての学生や現役学生が来てくれるのは、ホンマに助かります。なんてったって、僕よりも軽く10歳以上若い皆さん。加奈子が走りまくっても追い付いてます。ウチに来るような学生は無茶しないし安心だし、加奈子も都合の悪いことがあれば自分から申告できるし、そういう意味では、気軽に相手をお任せできる年齢になって、ホントに大助かり。

加奈子は女性に対しての好みが厳しく、「もうアカン」と加奈子の相手を投げ出しそうな人には、はなっから心を開かないという、恐ろしいマイペース振りを発揮し、親を冷や冷やさせます。幸い、僕関係の人間は、今のところコンスタントに心を開いてきています。

このところ、親の都合でいろんな大人と会わされている加奈子。「イヤや」とも言わず「あ、そぉ。今日は来るのね?」「今日は出掛けるんやね?」と受けとめ、それなりに楽しんでくれるのでラクチンです。

お見送りの時に、小さな声で「また来てね」と言いながら手を振ってました。
今度は、宿泊付きででも来て下さい。とっても助かります。
22:24  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

プロゴルファー表純子の夫

2006.04.11 (Tue)

先日、「ジャンクSPORTS 春の奥様スペシャル!!」を見ていたら、奥様スペシャルなのに男性が。
表純子プロの夫、表広樹さんでした。

彼も「主夫」だそうで、だんだんこういう人がメディアに登場するようになったなぁと感心してみてました。彼はもともと主夫志望だったらしく、岡本綾子さんを見て、「この人の夫になりたい」と思ったそうな。

主夫にもいろいろいるんやなぁ?というコトが、少しずつでも周知されればエエなぁ?と思いました。
14:04  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

議論の次元

2006.04.11 (Tue)

小沢一郎が、さっそく靖国神社のA級戦犯合祀について発言しています。
あれはあれでひとつの意見だと思います。僕は、尊重すべき部分も多いと思います。少なくとも経済的には、小沢に乗っかった方が日本の経済も安定すると思います。「脅威」という名の下に、軍需産業企業グループに税金が大量投入され、ソ連の二の舞になるは避けられます。「反共」と言いながら、かつての共産主義国と同じことをしたがっているのが、今の主流ではないかと思ったりします。

それはともかく、問題は小泉氏や安倍氏の反応です。
--
小泉首相は「中国がいけないと言っているからいけないのか、戦没者に哀悼の念を表するのがいけないのかよく分からない」と一蹴(いっしゅう)。安倍晋三官房長官も合祀批判を、憲法の「信教の自由」と「政教分離」原則に反するとし、「小沢さんらしい強引な考え方だ」と強く反発
--(引用元

どうも小沢一郎とは議論の次元が違うようだ。これらの反応は、例えば「合祀をどう考える」「天皇の参拝はどう考える」という議論の核についての反応ではなく、態度や方法論の問題として反対らしきモノを示しているだけで、実は、議論は全然噛み合っていない。論点のすり替えが行われているだけだ。

これは、これまでの小泉政治のやり方で、ものすごく幼稚な論法トリック(というか議論逃れ)。参拝するならするで、小泉氏はそのフィロソフィーを示せばイイだけなのだ。反論に真っ向から反論できないということは、なんの哲学も信念もなく、参拝じゃなく着替えて(コスプレして?)散歩しているだけと映る。

小泉氏の話をあと15分続けさせてみたら、ボロはすぐに出てくるはずだけど、そこを突っ込まないのはマスコミの機能不全ではないかと思う。「わからない」と言われて、「あ、そうですか」と引っ込むインタビューなら、誰にでもできるんじゃないかと思いますが…。
12:11  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ガクッ…放置される洗濯物

2006.04.11 (Tue)

一昨日、昨日と二日連続で、洗濯機の中に洗濯物を入れたまま、日中放置してました。
幸い、「次に洗濯しようと思ったら、前の洗濯物が入ったままだった!」という事態までは至ってませんが、「あれ?そういや干してないような…あ、やっぱりか…ガクッ」という感じです。

たいてい夕方に気が付きます。しかもバタバタしている時に限って。昨日も、これから出掛けるぞ!という時になって、「もしかして…」と気になり、洗濯機のフタを開けると(゜◇゜)ガーンでした。

幸い、強力な脱水機能と、風を送り込んで若干乾燥させる機能がついているので、シワシワのゴワゴワになったりしないのが救い。大急ぎで浴室乾燥機を使って乾燥。無事、夜には乾いてくれました。花見に持っていったウサギちゃんのぬいぐるみもシッカリ洗濯&乾燥。

ぬいぐるみを干すには、←な感じで、ワイヤーハンガーを一度引っ張って丸い状態を作り、それをねじって「8の字」を作り、交差点を90度に曲げます。8の字の丸い部分にぬいぐるみを通したり、座らせたりして干すと、よく乾くしピンチの後も残りません。
09:44  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

素敵な時間

2006.04.10 (Mon)

今日は、晩ご飯をアニルさんとステラさんと一緒に食べた。彼らと話すると、元気になれる。話ながら、我に返った瞬間、

今日食べたのは、木屋町の「串安?くっしゃん?」。連日、旅館の会席料理で、さすがに「お腹いっぱい」という感じだそうなので、少ない量で食べた気になる串カツを予約。

1分間マネジャー』の話や「RichとWealthは違うんだよねぇ」とか「イギリス人は料理に保守的」とか「上海はいかに安く素晴らしい生活ができるか?」とか「畳みの部屋で食べて、同じ場所で寝るのね?ビックリしたわ」だとか、相変わらず話題はいろいろ。

で、秋の紅葉シーズンにまた来るんだそうです。「次はもっと祇園に近いところの旅館」がいいんだそうです。「それまでに一度、上海にいらっしゃい」です。夏休みは上海?

「串安」から出ると、木屋町は見事な桜吹雪。ライトアップされた桜からパァ?ッと散る桜を見ながら、不思議な時間やなぁ?と思った。講義のために福知山へ通勤する「はしだて」の中で、アニルさんと会い、それからのお付き合い。今回は素敵なカノジョも連れてきての京都滞在。地球上にものすごくたくさんいる人間のなかで、僕達がこうして向き合って食べて飲んで喋っている。偶然にしては、よく出来過ぎている。これは、先月、New Hampshireのきむちさん宅で飲んでた時にも思った。こういうのは運命なのか?とにかく言えることは、自分はこういうラッキーな巡り合わせに恵まれてて、ホンマに幸せやナァ?というコトだ。

今日の晩ご飯にも、加奈子は同席。といっても大半は英語で話してるわけで、加奈子は退屈なはずなんだけど、黙々と絵を描いたり、「POP BEAD CRITTERS」で遊んでいた。「加奈子は賢い子だねぇ」とアニルさんもステラさんも言ってました。加奈子は「ここじゃわがままは言えない」という状況がわかるんやろなぁ。途中から和子さんが合流したんだけど、それ以降、「ねぇママぁ?」と数回言ったかと思うと、「眠たい、もう寝るぅ?」と言って静かにコテンと寝てしまった。「寝るとマズイ」というのも分かってたんやろなぁ。

アニルさんは、この度、大阪に支社を出すことになり、そこのマネジャーを募集したいらしく、その広告媒体の問い合わせがありました。しばらくすると、新聞の求人欄に広告が出るんじゃないかと思います。

1分間マネジャー―何を示し、どう褒め、どう叱るか!
K.ブランチャード S.ジョンソン 小林 薫 / ダイヤモンド社
ISBN : 4478350094
スコア選択:
23:41  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

無事に入稿?

2006.04.10 (Mon)

朝、メールで入稿したはずなんだけど、うまく届いてるんかなぁ?
まてよ?
10日締め切りというコトは、23:59までOKというのが、普通の解釈だと思うから、
明日、入稿してるかどうかのチェックが入るんかな?

あんなに早く書けてたんだけど、結局、最後まで手を入れ直し。
三つ文章があったんだけど、一つはどうもスッキリ入らず、
昨晩、エイヤ!と書いたら、案外いい感じに収まった。
17:29  |  仕事ネタなど  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

派遣社員とバイトで回す店みたい

2006.04.10 (Mon)

シャ乱Q再結成 つんくの焦り

今はモー娘。のメンバーの名前、ほとんど言えません。
「LOVEマシーン」は、ビデオまで買ってしまいましたが、今ではネットニュースに出ているモー娘。関連の記事ですら、「どうせまたメンバーチェンジ?」という感じで見ません。

これって、よく行っていた居酒屋の店員さんが、仲良くなった頃に辞めていって、結局、他の店が気に入って行かなくなってしまう、みたいなのと似てる気がします。

サービス業って、いくら売るシステムがどうの、ビジネスモデルがこうのと言ったって、最終的には客と接する人に掛かってるわけで、それはタレントも同じやと思うんです。せっかくのいいスタッフも「契約期限が来たから、はいサヨナラ」では、客を引き留められないと思うんです。新鮮な空気も大切だけど、変わらない顔も大切だと思うんです。核になるメンバーは残しておいた方がよかったんじゃないかなぁ?

一度、メンバーを戻してリユニオンしてみたら?
「また、この店で働くことになりましたぁ?」みたいな。禍根が残りすぎてて無理なんですかね?
12:55  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT