FC2ブログ

ヘビー級車両を持ち上げる突風(なのか?)

2005.12.26 (Mon)

<山形特急転覆>原因究明難航か「突風受けやすい構造」とも

JRでの脱線転覆事故と聞いて、すぐに尼崎の事故を思い出したけど、あれは軽量な207系車両。その昔、余部鉄橋からの転落事故も、落ちたのはモーターやエンジンの付いていない軽量な客車(お座敷列車「みやび」で14系客車がベース)。重量の大きい機関車は線路に残った。

今回の事故は、JR内で現役で走っている電車の中では、かなり重たい485系(だと思う)。僕が普段乗っているJR山陰線の特急は、この485系から交流電気機器を取り外した車両の183系。山陰路の野を越え山越え谷越えて…突風に煽らせそうな箇所もたくさん。

もしも、アナウンスの通り、突風だけが原因で、あのヘビー級電車が横倒しになったとしたら、これはものすごい風の力だ。北国だから吹いたのか?それともそういう可能性は、西日本でも起こりうるのか?もっと軽い車両が主流になっている現在、もしかすると転倒の可能性はかなり高いんじゃないかと心配になる。
17:24  |  日々の出来事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

はぁ?疲れた…

2005.12.26 (Mon)

週末中、モノを食べる毎に奥歯の大穴が刺激されて大泣きの加奈子。
どうしようもないね…とあきらめ、今朝、保育園の前に歯科医へ。行く前に、「こうやって治すんやで」と絵で描いて説明して、なんとか納得させてみた。

実際に行ってみると、けっこうタイヘンな状態らしい。途中までは頑張って耐えていた加奈子も、一度泣き始めると、もう何をやっても痛い痛いと泣き止まず。とりあえず、年末年始、患部が直接刺激されないように被せモノをして、年始になって改めて治療を始めるというコトになった。

大泣きするから暑くなってまた泣く。手を握って見守る父も汗だく。治療が終わったときには、ハアハアゼイゼイ。たまらん疲労感。

治療が終わって向かいの保育園へ登園。ションボリ&シクシクで登園すると、園では「おはじまり」の歌と挨拶の最中。「遅刻した」というのが、またショックだったみたいでメソメソ。被せモノが患部を圧迫するようなら、また夕方、歯科医へ行かなあきません。和子さんは今日は忘年会なので、またまた父娘で汗かき大会…(T^T)クゥー
どうか上手く被さってくれてますように。
11:41  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |