FC2ブログ

自民党の強みとは

2005.08.10 (Wed)

郵政民営化法案否決をもって衆議院解散。
小泉純一郎らしいけど、これは自民党が長年築き上げてきた体制が終わることも意味する。

「自民党総裁(立法府議員集団長)=内閣総理大臣(行政長)の意向に従わないモノは、グループから抜けてもらう」というのは、自民党のもつ強みを放棄することにもつながる。

自由民主党党内には、右翼もいれば左翼(両端の意見はほぼ同じ)もいる。「小さな政府」志向の新自由主義者もいれば「公共事業」志向の社会主義者もいる。若いのから高齢な人もいれば、男も(少ないながらも)女もいる。エリートもいれば成り上がりもいる。タカ派もいればハト派もいる。ありとあらゆる属性が一党に集い、そこの話し合いで立法する。「自民党内での調整=国会」という図式をもっていた。野党は、自民党内の調整役へのサポーター(ブレーン)の役目を担っていた。調整の結果、中には骨抜きになる法律もあったし、利害がぶつかり合ってお蔵入りした法案も数知れず。だけど、自民党内で調整できることが自民党の強みだったのに、今回、調整不可能→解党を見越した解散というのは、もはや自民党が政治的権力を放棄したというコトだ。モッタイナイと思わんのかな?

一方の野党最大政党の民主党は、寄せ集めの政党らしく、これまたあらゆる属性の議員がいる。民主党が政権政党になれば、やっぱり党内調整=国会という、これまでの自民党路線の機能をもつようになるだろう。民主党が「二大政党制を!」というのは、実はお門違いのスローガンであって、「ジックリ議論して調整するのは、民主党にお任せ!」と言った方が、旧自民党支持者も「変えたい人達」も取り込める気がする。

二大政党制というのは、一見わかりやすい。でも、一つの政党に一つの方向性しかないというのは、構成議員の個性を疎外する。「市場主義の新自由主義者だけど、日本国憲法第9条は守る」とか、そういう志向の人の居場所はなくなる。個の尊重無くして、組織は成り行かない。一枚岩に見える共産党ですら、個人の主張は実はけっこうバラバラ。政党という組織主義の議会は、そろそろ終わりに来ているような気がする。
11:50  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |