FC2ブログ

保育園からお迎え電話

2005.06.14 (Tue)

今しがた保育園からお迎え要請電話あり。
37.4℃だそうで…やれやれ。
なかなか治らんのぉ。

16:35  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

カナダGP

2005.06.14 (Tue)

ジル・ビルニューブ・サーキットは、とってもいいところにあります。
川の中州で普段は公園。
サーキットは、散歩や自転車でまわる単なる散歩道。

だけど、壁のここそこに、ヒットした車、
とくにタイヤの痕跡が生々しく残っています。
僕があのサーキットを歩いた時は、
3ヶ月前にフェラーリに乗ったイワン・カペリが
ヒットした跡がクッキリと壁に残っていました。
そこは、今回、アロンソが激突した壁と同じ壁でした。

ところで、このカナダGPは、普段イマイチだったチームや人が、
なぜか突然、優勝したり入賞したりするコース。
1989年にブーツェンがここで初優勝した時も、そんな感じだった。
1995年にアレジの生涯唯一の優勝もここカナダ。
その時の2位3位は、バリチェロ&アーバインのジョーダン。
カナダで活躍しても、その後、パッとせずか?
1991年には、最終週のシケインでマンセルがスイッチOFFというお間抜けもあった。
な?んか、ここだけ妙な空気が流れてるんじゃないか?と思うことも。

そこから見ると、今回フェラーリが2位3位を確保して「復活?」という声もあるけど、
逆に、このカナダで落ち目が決定的!というコトもありうる。
まぁ、"あの"ミハエルがいるチームで、「落ち目」はないと思う。

今回のカナダGPの最後、ロン・デニスが微妙にミハエルに近づいたのが印象的。
McLarenのミハエル・シューマッハーも悪くない。
なんせ、エンジンはメルセデス。
若き日のミハエル・シューマッハー、フレンツェン、ヴェンドリンガーのメルセデスジュニアチーム3人組は、ザウバー・メルセデスでお世話になったのだ。
皇帝は最後に、ドイツ車に乗って、花道を飾るというのも悪くない。
「そろそろ、こっちに乗れや」と、ロンが声かけてるんじゃないかと…

1993年にモントリオールに出掛けた時のジル・ビルニューブ・サーキット。


(左)今回、佐藤琢磨が車を停めたヘアピン。(右)バトンが引っ掛けた縁石のある最終シケイン

(左)スタートスイッチとチェッカーフラッグが振られる場所からの視線。本当に普通の公園なので、こういう場所にも普通に上がれる(右)ゴールライン「Salut Gilles(サリュー ジル)」の文字。ものすごいドンピシャ遠近法な構図。
14:26  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

関西がどうも調子悪い背景

2005.06.14 (Tue)

5月31日の関西テレビ「痛快!エブリデイ」で
「シチズン時計が全国の200組の夫婦に「1週間のうち自宅で最も心地よい時間」(窓)」が紹介されていた。

昼時間帯の関西の番組って、コメント陣の多くが、
落語や漫才系のオヤジタレントなんよね。
師匠―弟子という関係社会での規範で喋ってることが多くて、
時々、サラリーマン感覚とのズレが気になることも。

師匠―弟子という封建社会は身分社会でもあるから、
「男は女より上や!」「ベテランが新人よりもエラいのは当然!」というのもアリ。
身分下は、上の者に付いて教えてもらう変わりに、
お世話するという関係であって、決して対等じゃない。
だから、対等な「会話」など存在する余地はない。
「おい」「○○やっとけ」なのが封建身分社会。

ということだから、番組中、夫婦の平均会話時間が90分と出た時、
「夫婦で(90分も)何を話すねん?!」
という出演者の反応が出ても不思議じゃない。

子どものコト、学校のコト、家族のコト、仕事のコト、ニュースや新聞のコト、見たり聞いたりしたコト、出会った人のコト、ご近所のコト、友達のコト、趣味のコト、思い出のコト…なんやかんや、話をするコトはたくさんあるはず。

ところが、
経済面では夫>妻、
家庭面では妻>夫
という身分制度(分担リーダー制)を作っていると、口を挟む余地はない。
身分上の者たるリーダーに意見するとは不届き千万、秩序を乱す不心得者。
こう分析すると、「関西人≠新しい物好き」というのも、納得できる。

関西の発展遅滞は、こういう伝統芸能社会の住人が、
一つのオピニオンリーダーとして位置づけられているという背景も
影響していると思う。

決して、落語や漫才界の人達が悪いというわけではない。
伝統を守るというのは、ある面では封建的であったり、排他的な要素が必要。
ただし、マスメディアで採用する場合は、
その辺の「差」を踏まえたうえで、コメントを聞ける条件が必要かな?と思う。
10:03  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

やれやれ?

2005.06.14 (Tue)

久しぶりに、保育園に加奈子を送ってきました。
出掛ける直前には、予想通り
「保育園に行きたくない」「楽しくないのぉ?(メソメソ)」と言っていたけど、
「ニモもお父さんと別れて一人でがんばってたやろ?」と
テキトーな例を出しながら、なんとかなだめすかして登園。

保育士さんが、「今日は途中で少々あっても(=しんどそうにしてても)、できるだけウチで看ます」と言ってくれた。このへんが、四角四面の保育園でなくて助かる。時には、そのアバウトさに「うへ?」と思うこともあるけど、今回のようなケースは大助かり。なかには、お迎えが一分遅れただけで、ガミガミと怒られる保育園もあるらしい。

久しぶりに、家で一人。
ゆっくりしたいけど、食材の買い出しやらなんやら、
看病中に行けなかった要買い物品が溜まりまくり。
09:25  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

食べ物いろいろ

2005.06.14 (Tue)

保育園に持って行くはずのおにぎりを使って、お昼のお弁当。こうするとチョットずつだけど、いろんな種類のモノを食べてくれる。でも、面倒くさい。


従弟(埼玉在住)から旭川のアスパラガスが送られてきた。大量に送られてきたので、先日5月25日にオンエアーされていた、「ためしてガッテン」のアスパラガス特集で紹介されていた茹で方「和食の達人に学ぶ 極上のゆで方」でやってみた。塩やマヨネーズなど、なんにも付けずとも、甘みがジワッと広がり、思わず「うめぇ?」。写真の分量で、送られてきたモノの4分の1位。それで送料込みで1500円だとか…北海道はアスパラデフレ。

右は、その番組で紹介されていた、「アスパラの味噌ネーズ焼き」。辛子マヨネーズを使ったせいで、ずいぶん辛くなった。せっかくの美味しいアスパラガスがモッタイナかった。

このところ、毎日酢の物を食卓に。以前は横着していたんだけど、キュウリはやっぱり塩もみして、ギュギュッと水気を絞ると、本当に美味しさがググッとUPする。水気が抜け旨さが際立つ感じ。今日は、ワカメとキュウリと、トマトのざく切りを、ポン酢で絡めてみた。マズイはずがない。
01:04  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |