FC2ブログ

JR西日本社長の記者会見の態度

2005.04.26 (Tue)

JR福知山線の事故に関して

事故に関して、いろいろ気になったことはあるけど、
とくに気になったのが、社長の垣内って人の記者会見。

原稿から目を離さず棒読み。
あれは人をバカにしているようにみえる。
謝罪の会見くらい、自分の言葉で喋るのが、被害者や遺族に対する礼儀だと思う。「紙に書いてあるとおり読みました」というのは、どうせ社長が自分で書いた声明文じゃ無いんだろうし、責任転嫁の象徴のように映る。不確定な「置き石」解釈を早い段階で公表したことで責任転嫁と理解されてしまったり、「JR西日本には、PR会社がついてないのか?」と思うくらい、記者会見が対策できてない。「情報コントロールしろ」とは言わないけど、これじゃ誰がみても、逆に隠蔽されている情報がたくさんあることが明らか。これから誠意をもって補償や問題解決へ向かうという意識がみえない。こんなんで大丈夫なんかなぁ?
17:46  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ミスゼロはあり得ない。その対処能力こそが問われる

2005.04.26 (Tue)

<尼崎脱線事故>事故前の2週間 1秒単位で遅延調査実施

尼崎脱線事故で、脱線した電車の運転士が所属する京橋電車区を管轄するJR西日本大阪支社が事故前の2週間、JR尼崎駅発着の全列車について1秒単位で遅延状況を把握する調査を実施していたことがわかった。今回の事故を巡っては、運転士が遅れを取り戻すため、制限速度を超えるスピードを出していた可能性が出ている。

正確さを「売り物」の第一とするのなら、こういう調査も大切。だけど、本当に正確に特化するのなら、全線トンネル化しコンピューター制御にした方が効率的。なぜヒューマンエラーのリスクを冒してまで人間が運転するか?人間に運転させるのか?を考えると、秒単位の正確さの追求は無意味な気がする。

人間が関与する以上、ミスは「ある程度」は仕方ない。問題は、ミスへの対処であり、そこにこそ組織の管理能力が問われる。もちろん、ミスしないように教育することは大切だし、ミスを回避するノウハウを備えることも大切。それ以上に、ミスが起こった時に対応する能力を育て備えることは、それ以上に大切やと思う。

ミスを一切許さない「恐怖体制」が、かえって問題を大きくすることもある。ミスを公にせず(できず)、パニック状態で挽回しようとするから、今回のような速度オーバー(まだわからないけど)が起こったりする。医療事故も、たいてい最初は些細なミスで、それを隠蔽しようとするところから、(文字通り)傷口が大きくなり、大事故につながる。

罰則主義は、ミスを隠そうとする。人によっては、「しもた!」という気持ちからパニックを導くことにもなる。とくに命や健康を預かる仕事をしているスタッフがパニックになり、冷静に判断できなくなることは、事故や災害をもたらす。

JR西日本の現場スタッフへの管理体制は、最初のスタンスから間違っているような気がする。
17:44  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ダブルモニター

2005.04.26 (Tue)

以前から、床に転がっていた液晶モニターSharp LL-T1510A。色合いが青く、輪郭もボンヤリした液晶モニター。今の、LL-T1620が来てからは出番なしだった。引っ越して、机の上にスペースの余裕ができたので、昨日、ビデオボードを購入して、マルチモニターにトライしてみた。

ビデオボードは、AOpenのGeForce MX4000
ハーフプロファイルのブラケットがあって、PCIスロット接続となると、選択肢は限りなくナロー。7,329円→6,980円→4,980円の順に値札が貼られたこの製品。一時代前なら(大昔?)メモリー64MBは超高級ビデオボード。それが、今やこの値段。ありがたやありがたや。というか、絶滅前に増設用のボードを購入できてラッキー!

相性とか大丈夫かな?と思ったけど、なんの問題もなく、スンナリ接続OK!

ただ…液晶モニターの枠の色が黒と白。サイズは16インチと15インチ。解像度も違う。左右連続して使えるようになってるんだけど、ひとつの横長モニターと見るにはかなり無理がある。まぁ、右で資料を参考にしながら、左で文書入力とか、とういう使い方になるんだろうな。

マルチモニターをしている人は、そろって「絶対に使い勝手がいいし便利」って言ってる。直に僕もそう言うようになるんやろか?
11:14  |  PC  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |