FC2ブログ

中国での反日運動

2005.04.11 (Mon)

中国で反日運動が盛り上がっているらしい。
領土問題や歴史認識問題から端を発したらしいけど、
それだけじゃないような気がする。
僕は、二つのコトを考えた。
一つめは、中国の若い世代の反日感覚について。
もう一つは、日本からの挑発と政府の姿勢について。

反日のデモ参加者の映像を見ると若い世代が多い。
もちろん行動派世代というコトもあるだろうけど、
とはいっても彼ら自身と日本への不可解な思いがリンクしなければ、
あそこまで熱くもなれないんじゃないかと思う。

中国に工場進出した企業の中には、スエットショップ(Sweatshop)を展開するところもあるらしい。中国内陸部の経済的困窮地域から、現代の「ああ野麦峠」を実践している企業もあるらしい。沿岸部の日系企業の工場に出稼ぎに行き、心身ともに疲弊して廃人になって田舎に帰ってくる若者達もいるらしい。

少しお金のある階層だと、日本でのイヤな経験を思い出す人もいるかもしれない。
日本での滞在中に、「外国人入居お断り」「中国人は時給400円」というような差別をうけて、反日の芽を育てているかもしれない。溜まっていたモノが、この機会に弾けだしたのかもしれない。

日中ともに火種は常に存在していた。
ウヤムヤに先送りしてきた両政府が無能なだけ。
結局、損をする大部分は庶民。

今回の騒動は、ああいう運動を煽る人と煽られる人、
日本で対抗意識を燃やす人と反中国を煽りたい人…
いろんな人の思惑が絡んで、報道されていると思う。

そこで二点目なんだけど、
ちょっと整理したいのは、今回の教科書検定で、
中国との対立点を明らかにしたかった出版社や検定委員会のグループと
対立されては困る中国進出企業や貿易関係グループが、
お互いに連携できていない(利害が一致していない)ことだ。

資本は政府と手を組んで、開発利権を手に入れたり
規制強化による他者排除をするのがセオリーだけど、
今回は、別の意図が働いているようだ。

中国とのパイプが冷めることは、日本経済にとって大きな打撃なのは間違いない。
それを承知で、挑発するグループを政府が放置する意図はなんなんだろうか?
ちょっと意図が見えないなぁ。政府内親米&反中派の陰謀?

一つわかったことは、中国での運動の広がりを見ても、情報化とくにインターネットの普及が著しいことがよくわかった。この進歩をを利用するビジネスを考えつく人が当然出てくるだろう。
中国向けのアフェリエイト事業なんか、ものすごく儲かるんじゃ…?
情報化による一連の盛り上がりだとすると、これは冷めるのも早いかもしれない。
11:43  |  ぼやき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

20年目の夫婦 不満ベスト3

2005.04.11 (Mon)

先日、ABC「ワイド!!スクランブル」という番組でのアンケート報告

20年目の夫婦 不満ベスト3

妻から夫への不満
1位 一日中家に居てうっとうしい
2位 近所に人に挨拶しないのが恥ずかしい
3位 用もないのに話しかけてくる相手をするのが面倒

夫から妻への不満
1位 小遣いをくれない
2位 一緒に出掛けてくれない
3位 キチンと食事を作ってくれない

妻から夫への不満は、夫が「そこにいる」こと自体や存在の仕方が不満になっている。
夫から妻への不満は、妻がいることを前提とした、家や夫婦の運営やあり方を不満にしている。
妻の方が、より根源的な不満を抱えているような気がする。
「いなくてもエエで」と言われる夫。

今、結婚20年目というコトは、40代から60代くらいの世代がターゲットかな?
11:00  |  家事・子育て  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |