FC2ブログ

泣く子を見守る

2001.05.29 (Tue)

今日は、仕事で久しぶりに大阪へ出掛けた。京阪特急に乗ってゆったりと移動。と思っていたら、八幡市の辺りから斜め後ろ3列くらいの幼児がグズグズ。かなりご機嫌ナナメな様子。京橋で一緒に降りるまでずっとグズグズしていた。

僕は、最近、騒ぐ子どもはともかく、グズる子どもに対しては「シャーナイなぁ」と寛大になってきた。なにしろ、自分も周りに気を遣いながら電車に乗せたりしないといけなくなってきたからだ。しかし、移動の貴重な空き時間を仮眠にあてようと思っていた人や、リラックスタイムにしようと思っていた人にとっては、「なんとかならんのか?」と思うところだろう。

なんで「まぁエエか」と思ったり、「どうにかせぇよ」と思ったりするのか考えてみたんだけど、どうもひとつには親の態度によって、周囲のとらえ方も違ってくるのではないかと思う。

子どもがグズるのは仕方ない。これはみんながある程度理解できていることだ。親が(多くの場合は母親なんだけど)、一生懸命あやしていると「シャーナイなぁ」と思えたりもする。ところが、グズっていても騒いでいても放ったらかしの親もいる。そうなると、「エエ加減にせぇよ」と思ってしまう。なかには「社会が温かく見守るのは当然」と言わんばかりに、グズらせっ放しの親もいる。

少子化対策は確かに社会をあげて取り組むべき問題かもしれない。だけど、かといって「子育て責任を社会に丸投げ」ではないのだ。子どもがグズって「おいおいおいおい(イライラ)」とならない社会も大切だけど、「子どもがグズったくらいでイライラするな!」と偉そうに言える問題でもないと思う。
17:13  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |