FC2ブログ

ハンセン病裁判―控訴するのか?

2001.05.23 (Wed)

小泉君は"厚生族"のプライドに掛けて「我らに責任なし!」を言い切るのか?ついに馬脚を現したか・・・やってくれるかと思ってたのに・・・

「国の責任」と言われた時に、メンツの問題として「俺は悪くない!」と逃げるあの態度!なんか勘違いしてない?

僕がハンセン病の隔離政策を知ったのは、ほんの3年前のこと。それまで無知でいた自分が恥ずかしかったし、そういった政策にその時は怒りを覚えたけど、半年後には忘れていた。そういう自分への自戒をこの前の熊本地裁はいっていたんだと思う。判決を下した裁判官もまた、「国家」を担う「国民」の一人として責任をとるということだろう。

政治家個人に「国民の代表」として責任を取れといってるんじゃないんだと思う。官僚が「自分たちが責任が被るのは・・・」という責任逃れをする必要はないのだ。「自分たちに責任が掛かるのはかなわん!」というのは、官僚の奢りでもあるのだ。官僚は「公僕」でもあり、また「国民」でもあるのだ。政治家も官僚も「一国民」にすぎないのだ。勘違いしないで欲しい。「国の意志を決定するのは自分たちだ」と思ってるんだろうか?こういった勘違いが、今の日本をスッカラカンにしてるんじゃないのかな?

この記事は、23日の午前中に書いてます。午後には・・・あ!控訴決定とな!アカンわぁやっぱりアホや。控訴して和解に持ち込むなんて、責任回避の談合政治で、これまでの政治となんも変わってないやん?しかも高齢者の原告に時間責め!

小泉君よ、「日本を変えよう!」やったんとチャウの?これが「痛みの伴う改革」なんかぁ?

★以下を追加します★
現在19:25で、控訴断念!と。おおお、やるな!小泉君。これまでの総理大臣とはひと味(だけかもしれないけれど)チャウやん?よかったよかった。他のハンセン病関連の裁判も早急に判決を出して、お役所のメンツよりも何よりも、患者救済を急いで欲しいモンです。
17:08  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |