FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

AOVITY足温器フットウォーマー早くも壊れた

2019.12.05 (Thu)

2019120503.jpg
受験生の加奈子、頑張ってます。
「足下が寒い」というので、こんな商品を買ってみました。この商品。似たようなのがAmazonにズラーッと並んでます。もうどこが違うのか?さっぱりわからんです。テキトーに「コレでええわ!」と選んだのが、AOVITY 足温器 フットウォーマー 足元ヒーター

なんとUSB給電。ストーブだと電気代もグングン上がるところだけど、USBで供給できる電気なんてほんの少し。「こりゃエエわ!」と使い始めたのが11月16日。

そして、今日、12月5日。
「どぉや?」と聞くと、「壊れた」というでないの。
 
2019120502.jpg
ヒーター部分からケーブルが抜けてました。特に強く引っ張ったわけではないのに、プチッと切れたと言うよりも抜けた感じだったそうな。構造的に無理がある感じですね。
 
2019120501.jpg
なんともはや…さすが2,899円。

「新しいの買おうか?」と聞くと、
「足を入れとくだけで十分温いよ」と。

自分の体温を閉じ込めてるだけで十分温かいのは、布団と同じですね。もとからスリッパで十分だった気もする。



受験勉強もあと数ヶ月。毎日10時半にはキッチリ寝床に就く受験生。夜食を作るとか、そんなことしたことのない僕。

高校一年の時はどうなるかと思ったけど、なにぶんスロースタートな加奈子。2年3年と進むにつれ、徐々に追いつき、やっと本来の位置に。あと数ヶ月、まだまだ伸びしろが残っていて「この先どうなるの?」「どこまでいくん?」と我が子ながら興味もってみてます。僕が卒業した大学も、決して低いレベルの大学ではなかったと思うけど、そこはすでに余裕の「A」判定(合格予想80%以上)。浪人生時代の僕なんて、とっくに越えてしまってます。

とにかく風邪をひかないように、食べて寝る、たくさん笑う!です。
 
22:37  |  家事・子育て  |  Comment(0)

結果オーライ?受験科目について

2019.11.24 (Sun)

久しぶりに加奈子(娘)のことを。

中学校時代から、平安文学に興味をもち、父親譲りのオタクッぷりを発揮していたにも関わらず、高校受験は「近い」ということと、「つぶしが効く」という周囲の声に押され、理系コースへ。

明らかな適正不一致な高校生活。成績も低迷。理系コースのせいか、社会は世界史も日本史も選択できない。一年の間は、僕らのころは「現代社会」だったけど、加奈子の学校は「倫理・政経」。それがまた、わかりにくいというか、高圧的教師でちっともオモシロくないという曲者。

僕は大学入試は、社会を「地理」、理科を「地学」で受けるというオイシイ選択で乗り切った。地質や気候は、地理も地学も完全に一緒。地質はそのまま鉱物資源の配置に繋がるから、覚えるのも楽チン。というわけで、僕は加奈子の耳元で「地理はオモロイでぇ。地理は楽やでぇ」とささやいてはみたモノの届かず。

それが、学校では全然なびかなかった「倫理・政経」を、某ネット授業(これがまた格安!)を受講すると、スンナリ頭に入り始め、しかも「オモロイ」と言い出すでないの。やっぱり受験にキッカケって大事。一冊の参考書や、一人の講師が、一気にその後を変えてくれることがあります。

「倫理・政経」に加えて、「地理」も、そのネット授業を受けると、これまた高校の授業とは雲泥の差のわかりやすさ。地理マニアの僕が見ても、「あぁ、そう説明すると良かったのか」と納得の授業。なによりも、「地理ってオモロイやろ?」という講師の話がいい。

教師の役割の一つは「数学って、オモロイやろ?」「倫理って、生活とめっちゃ関係してるやろ?」「もっと知りたくなるやろ?」という科目良さのプレゼンだと思うんですよね。子どもが大学受験への勉強をするようになって、余計にそう思うようになった。

まだまだ、加奈子にとって、「地理」と「倫理・政経」は伸びしろ。そして、伸びしろタップリの数学。このへんの伸びしろが埋まったら、受験もかなり楽に展開できるんですけどねぇ。なんせ慎重な性分ゆえ、そろーりそろりと余白を埋めております。間に合うんだろうか?

受験後の春休みの予定だけは、早々に決めてますけど。

あ、書き忘れましたが、加奈子が受験する学部は、文系です。もしも高校で文系コースにすすんでいたら、日本史と世界史を選択しただろうから、今みたいに地理オタクになってなかっただろうし、近現代思想や哲学にハマることもなかったはず。歴史を学ぶことも大事だけど、流動的な現代において、地政学の視点で物事を判断できるだけの基礎的情報を、10代後半の時点で固めることができたのは、(入試の結果に関わらず)大きな成果。そして、世界のどこへいっても、哲学や思想家の考え方を一通り把握できていることは、まったく無駄にならない。とくに知識階級の人と交流をもつ時は不可欠な教養だ。
 
理系コースにすすませてしまったことを、ちょっと後悔した時期もあったけど、ま、今のところ結果オーライでないかい?と思います。
 
21:13  |  家事・子育て  |  Comment(0)

フーコーを語り合う日が来るとは…

2019.05.31 (Fri)

晩ご飯の支度をしている僕に、加奈子がなんやらかんやら話し掛けてくるのはいつものこと。

とくに最近は、大学入試に向けた「倫理」科目内容の話が多い。
「☆$は×▼という説について、パパはどう思う?」
「ん~必ずしもそう言い切れないんじゃない?※*♂な例もあるし」
「やっぱり?そうやんね」
などなど。

で、今日はミッシェル・フーコーについてでした。

スタディ・サプリの講師がよいのか、
妙な偏向が掛けられず、真っ直ぐスッと、
権力に対して斜に構えたフーコーを理解している気がします。

いやぁ~ついこの前まで、
パタパタ家の中を走りながら、

「なぁ!なぁ!これなぁ~※★◎が××▲やでぇ」
「え?え?なんの話?」
「んもぉ~~!チャンと聞いてぇよぉ!!」

というやり取りしてた気がするんだけど、
それが「規律訓練型権力」ですから。
大きぃなったなぁ。


幸か不幸か、近所の高校の理数科へ通うことになり、
大好きな日本史が社会で専攻できず、仕方なく選択した「倫理、政治・経済」。

ところが、これが思い掛けず、「一番面白い科目!」と言うように。
まだ、勉強を始めてから3ヶ月なのに、かなり進んでいるらしい。
というか、最近は倫理ばっかり勉強しているようです。
前半の、哲学領域も非常におもしろかったらしい。

で、今夜は、話の流れから、ミッシェル・フーコーに続いて、
シモーヌ・ド・ボーヴォワールの話も。

来た!来た!とうとう来た!
「ジェンダー」という言葉を娘が使う時が来た。

大学院時代に通っていた研究会で、
院の研究とは別に、『第二の性』を読みましたよ。
当時は、担当指導の青柳さんの話が半分以上「?」だったけど、
「今思えば、こういうコトだったんかなぁ」
と少しわかるように。

そんなオヤジの僕をヒョイッとひとっ飛びしそうなくらい、
今の加奈子の吸収と理解の力がすさまじい。
そして、このマニアックに突き詰めるスタイル…


悪い予感がしてきたゾ、

「研究者になる!」

とか、言い出さないだろうな。


一つだけ確実なことがあって、
それは、加奈子が文系向きであるということ。
これは理数科に進んだからこそ、確信できたこと。

「塞翁が馬」ですな。

 
23:59  |  家事・子育て  |  Comment(0)

連休の片付け

2019.05.11 (Sat)

2019051101.jpg
連休中、連日活躍したウェーバーのBBQコンログリル。連休が明けて、ふと見ると、灰だらけ。どっちみち汚れるモノではあるけど、これが登場するのは、ちょっと日常から離れる時なので、ピカピカの方が気分も盛り上がるだろうから、キレイに拭き掃除しました。

しかしまぁ、10連休中。本当に活躍しました。
 
2019051102.jpg
これはコストコのアメリカンビーフ。
 
2019051103.jpg
この時は、愉快な研究友達とのパーティー。

2019051104.jpg
次は、万代で買った厚切りビーフと鶏もも肉。

2019051105.jpg
この時は、義母と義姉一家という親族パーティー。

2019051106.jpg
またまた厚切りビーフが登場。この時は、和子さんの研究室の学生と教員、村上サロンオーナーの村上氏など、総勢13名のペーティー。

2019051107.jpg
この日は、鯛の開きと鰤の切り身。肉もイイけど、魚もこのグリルで焼くと表面パリッと中シットリと焼けて、なかなかです。ひっくり返す時に網にくっつきがちなのが欠点でしたが、昨晩、Homely® 洗えて再利用可能!くっつかないグリルマット(3枚入り)を衝動買い。これで魚のグリルも楽チン?

物置に、約二箱分あった炭は、ほとんど無くなってしまいました。また補充しとかないと。炭もいろいろありますね。使ってみて、はじめてわかりました。まだまだ模索中です。

このグリルを買って、本格的に庭で炭火焼きをするようになりました。もちろんこのグリルはお値打ちものだったと思いますが、それに加えて、「買って良かった!」なのが、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型火消し壺 火おこし器セット

これを手に入れるまでは、火おこしが苦手だったのですが、このセットを手に入れてからは、確実性がグンとアップ。ほぼ火おこしは失敗なし。そして、そのまま消し壺にもなるから、残った炭で火おこしすると、今度は簡単に着火。消し壺と火おこしをセットにするとは、本当にいいアイデア。これで一気に炭の扱いが簡単に。
 
22:45  |  家事・子育て  |  Comment(0)

新しい冷蔵庫が来た

2019.05.10 (Fri)

2019051001.jpg
冷蔵庫というものは、おそらく室内で一番容積のデカいものであり、しかも24時間365日稼働している(今どきの省エネ冷蔵庫は休み休み動いてるらしいけど)にも関わらず、冷蔵庫の画像を探そうとすると、中を写した画像はあれど表はなにげなく写り込んでいる物以外なかなか見当たらないもの。
 
2019051002.jpg
あった!と思っても、下まで写ってなかったり。そのわりには、Airbnb‎で泊まった先の冷蔵庫は全身撮ってたり。そんなウチの冷蔵庫は、この家を建てて引っ越してきた時以来、14年の付き合いでした。
 
2019051003.jpg
5年前に突如、モーター音がデカくなって「そろそろ終わりか?」と思ったら、急に沈静化。約2年前に冷蔵庫に入れた麦茶のボトルの締まりが悪く、中身が漏れ出し、おそらくそれが原因で製氷機が壊れてしまいました。そして、この春先、冷凍庫のドアの締まりが悪くなり、原因を調べていると、上の画像のように、冷凍庫の裏と底に氷がビッシリ。

もはやこれまで、ということで、平成の最後の最後に買い替えることに。
 
2019051004.jpg
新しく来たのは、ネットワーク機能を搭載し、メニューや天気、家族の伝言などを表示できるという触れ込みの、いわゆる「IoT」冷蔵庫。ところが、肝心のネットワーク連携。ルーターがメーカーの動作確認非公認機ということで、あっさり接続不可。一瞬にして、ただの冷蔵庫に成り下がりました。

いいところは、なんと言っても収納容量の増大。サイズはほぼ同じなのに、容量は約100リットル増加。新しい冷蔵庫を選ぶに当たっての第一条件が、冷凍庫の増量化。これが実現でき、コストコの冷凍食材がドンとそのまま収納できるのはイイ!野菜室が真ん中なのもイイ。これまで横に広かったのが縦に伸びた感じだけど、これはすぐに慣れました。

ザンネンなのは、SHARPのウリの「プラズマクラスターうるおいチルド」。せっかく半分ずつ開けられるフレンチドアなのに、両方開けないと、この「プラズマクラスターうるおいチルド」が開けられない。フレンチドアのタイプは、「プラズマクラスターうるおいチルド」をドアサイズに区切れば、半分開けでも引き出せるのに。

それと卵のケース。これは前の三菱冷蔵庫の卵収納庫が秀逸でした。それに引き換え…ケースの卵穴が14個ってどういうこと?です。卵はたいてい10個入りか6個入りでしょう。16個穴ならまだしも、14個って…開発者は買い物に行ったことがないのか?こういう細かいツメが甘いなぁと思います。

たいていの機能については、徐々に慣れてきているところです。長年使うと、慣れすぎてしまって、次に変わると違和感しかないです。新しい家電に変わって「使いにくい」という場合、この卵穴のように、明らかに新しい方がボケてる場合と、使い手がボケてきて変化に付いていけてない場合とがあると思います。適当なところで次に乗り換える方が、脳への刺激もになってイイと思います。

扉の引っ掛かりが、下から上向きにが、上から下向きになったので、最初の二日間くらいは「おっと!」でしたが、今やスッカリ慣れました。まだ順応できる!

 
18:02  |  家事・子育て  |  Comment(0)

イズミヤ伏見店に行ってきた

2018.12.17 (Mon)

2018121701.jpg

リニューアルオープンしたイズミヤ伏見店へ行ってきました。

イズミヤ伏見店がリニューアルオープンしたのは12月7日。10日も経てばだいぶん落ち着いてきているだろうという予想のもと訪問。

南側の国道24号線側から入る。自転車で行くと、かつてミスタードーナツがあった場所からは、押して歩けと。理由はよくわからないけど、上の画像の赤いコーンの間を通る。

2018121702.jpg
以前の店舗と同じく、入ると正面は野菜と果物コーナー。ドライフルーツの詰め放題は、近所の店舗にはないちょっとした差別化。補充にギリギリ感がみえたのがチョット残念(僕が行った時はナッツがピンチの在庫でした)。

その野菜コーナーの島を取り囲むように、肉コーナーから魚コーナーへと続く。たいていのスーパーは、野菜→肉(魚)→魚(肉)と直線的に並んでいるんだけど、ここは肉&魚が北東の角を占め、その内側の島に入口から続く野菜コーナーがある。たいていメニューというのは、肉と野菜のコンビネーション。野菜を決める時も、「この肉が安いから今夜は豚カツ!そしてら相棒はキャベツだな」という感じで連動する。商品の状態を見て、メニューの組み立てを考えながら買い物する場合は、直線的な並びよりも、移動距離が短いこの店舗構造は使いやすい。
 
2018121703.jpg
店舗の北西の角は冷凍食品売り場。隣の業務スーパーに対抗してか、1キロ袋のポテトなど、コストコ的な商品もポツポツとある。手前の島も冷凍食品。こちらは主にセール品。
 
2018121704.jpg
以前から、だいぶん頑張っていたお惣菜コーナー。前の家に住んでいた時は、加奈子を保育園に迎えに行った帰りに寄っていたので、お惣菜コーナーはお世話になっていました。ちょっとわかりにくいのは、例えば唐揚げ。真ん中の島にもあるし、壁側の厨房カウンターにもある。そして値段もほとんど変わらない。
 
2018121705.jpg
 
2018121706.jpg
しかしまぁ、なんといっても、雰囲気が変わった一番の要因は、通路の広さ。前のイズミヤに比べると、確実に通路が広くなっている。カートのすれ違いは当然としても、3台並びも可能に。前の店舗は、通路の狭さと棚の高さで、ものすごい圧迫感があり、ユックリ買い物できない雰囲気だったのは否めない。改善して欲しかったところが改善していて、とてもイイ。
 
2018121707.jpg
これも近隣すーぱーとの差別化か、低糖質食品コーナーとアレルゲンフリーコーナー。この反対側は美容健康食品コーナー。攻めているのはわかるけど、地域的にそういうニーズはあるのかしら?と思ったり、いやいや桃山の丘の豪邸居住層をターゲットに?と思ったり。
 
2018121708.jpg
レジは、近隣のスーパーで言うと、ハッピーテラダ伏見店方式。スキャンだけ店員がして、精算は客がする。リニューアルオープンから10日経ったとはいえ、今日も精算機の前で固まっているオバちゃんに遭遇。レジスタッフの説明を聞いて、なんとか精算。北側数列にはレジ担当者に払う従来のマニュアル精算もあるので、「機械が苦手」という人はそっちで対応。とはいえ、スーパーのコストに占める人件費の割合は大きい。無人レジ化もじきに定着するはず。そうなると、友人レジは割高になったりする可能性も。
 
2018121709.jpg
精算は、現金以外に電子マネーでも払える。これはコープ桃山店でもみられる方式(コープ桃山店はマニュアル精算のみ)。チャージはこの機会で。チャー人いおまけが付く「お得」な日の設定が、コープは月一回なのにたいして、月3回ある(ただし1回当たりのおまけ額はコープの方が多い)。

上にも書いたように、前の家に住んでいた時は、保育園の送り迎え途中に、このイズミヤがあったので、本当によくお世話になったものでした。店員さんとも顔見知りだったし。家が変わったのもあって、しばらくご無沙汰してました。

今回のリニューアルオープンで久しぶりに訪ねてみたら、いろいろ変わっていました。
まず、以前のイズミヤカードは使えなくなっていました。

テナントとして入っていた鶏肉屋さん、お茶屋さん、マクドナルドなど、一階部分の小規模店はかなり抜けました。

2階(衣料品など)、3階(生活雑貨、家電、家具)部分は完全に消滅。そういえば、長年お世話になっていた「メガネの三城」もなくなっていた!

個人的には、3階の生活用品コーナーが好きで、いろいろ物色していました。ステンレスの洗濯ハンガーはあそこで買ったんでした。そこも無くなりました。なかなか店舗で置いている店がないので、この先は通販だのみに。なかなか循環しない在庫スペースの必要な商品は、通販にシフトする流れなんでしょうね。

ウチからだと、近い400m圏にコープとハッピーテラダと万代。その次の800m圏が、このイズミヤや大手筋界隈の店。選択肢が増えたというのは良きこと。
 
15:39  |  家事・子育て  |  Comment(0)

加奈子、無事に帰ってきました(修学旅行)

2018.10.19 (Fri)

2018110906.jpg
10月14日から19日まで、加奈子は修学旅行でオーストラリアへ。生まれて初めて、僕も和子さんも一緒じゃない海外旅行。とはいえ、今回はたくさんの同級生と一緒。これも初めての経験。
 
2018110907.jpg
LCCに乗るのも初めての加奈子。夜中に思い出して、「そういえば、とっくに離陸してるはず」と思って、flightradar24で見ると、すでに小笠原と沖縄の中間くらいのところを飛んでました。
 
2018110908.jpg
翌朝、気が付いた。メガネ置きっぱなしやん!忘れて行ったとチャウか?
 
2018110909.jpg
途中、なんにも連絡もなく、気が付けば帰宅予定日のお昼。またまたflightradar24でチェックすると、ちょうどケアンズの空港を飛び立った後でした。

そして、予定よりもだいぶん早く関空に到着したみたいで、「今から関空をバスで出発します」の連絡が入る。加奈子の帰りが待てない和子はんは、「仕事の帰りに京都駅に寄る」と言うでないの。加奈子の到着の1時間も前に京都駅に到着したらしい。で、タクシーに乗って帰ってきました。
 
2018110910.jpg
あれ?メガネかけてるやん。「あ、あれは前のメガネ。もう度が合ってないねん」と。だったら捨てるか、どこかにしもたらどないです?
 
2018110911.jpg
オーストラリアのお土産。「なくてイイよ」と言ってたけど、僕にはグラノーラ。これはなかなか日本では見ることのないモノ。いいお土産だ。

とっても楽しい修学旅行だったそうな。途中、現地の高校生との交流集会があって、加奈子は英語でプレゼンだったらしいけど、JTBのガイドさんに「現地の先生が、あの子英語上手よねって言ってたよ」と褒められたそうな。

クラスメイト全員と海外へ行くのって、この先、もう二度とない経験だと思うし、それが楽しかったとなると、そりゃヨカッタヨカッタだわ。僕は自分の修学旅行、とくに高校の修学旅行のことをあんまり覚えてないんです。

加奈子8回目の海外旅行は、とうとう僕も和子さんも抜きの旅になりました。この先は、こういうのばっかりなんだろうね。
 
21:20  |  家事・子育て  |  Comment(0)

縫って揚げて

2018.09.12 (Wed)

2018091201.jpg
講演衣装のエプロンはいくつか持ってるんですが、メインの緑エプロンの予備をAmazonで購入。やっぱり、丈が長すぎる。そこで、首掛け部分のボタン位置を調整。

裁縫はキライじゃないし、たいした作業なワケでもないのに、なかなか取りかかれず数日放置。今日、急に「やらねば!」スイッチが入って、チクチク作業。思っていたよりもポケットが小さかったり、メインのエプロンとサイズがちょっと違っていたり、これはこれで使うのが楽しみ。新しいエプロンは生地もツルッツル。今のはずいぶん長いこと使ってるなぁ。そろそろ交替かな?
 
2018091202.jpg
秋雨前線の影響で、ぐずついたここ数日。雨の合間をぬって買い物へ。

丸アジのいいのが入っていたんで、「このまま炭火で焼いたら美味しいやろなぁ」と思いながらも、今日は加奈子が数学塾へ行く日…ということは、晩ご飯はかなり遅い。こりゃ炭火で焼いてもモッタイナイ。というわけで、アジの塩焼きを断念し、セール品の豚ロース焼肉用を2パック購入。

焼肉用で一口カツを作る。
 
2018091203.jpg
2パックもいらなかった。多すぎた。安いと思って、たくさん買ってしもた。こりゃ明日の弁当も豚カツ、昼はカツカレー?カツ丼?

焼肉用は、豚カツ用よりも少し薄めだから、カツカレーやカツ丼にも使いやすいんです。サンドイッチに挟むのも薄くてカリッとした方がイイので、焼肉用の方が使い勝手がいい。

作りすぎた!と思ったけど、育ち盛りはパクパク食べる。アッという間に半分に。弁当と、お昼でちょうど位になった。

 
23:24  |  家事・子育て  |  Comment(0)

台風21号通過

2018.09.04 (Tue)

平成最後の台風21号(チェービー)が通り過ぎていきました。今年はホンマに台風がたくさん来てますが、ここまで猛烈な台風は久しぶり。

京都・中京で風速39・4m 観測史上2番目
渡月橋の欄干、100mにわたり倒れる 京都・嵐山
京都駅の天井が崩落
京都でもいろいろ起こっています。
 
2018090401.jpg
これだけあっちこっち被害が出ているのをニュースで見ながら、気になって仕方なかったのが、築90年以上の別宅。17時過ぎに見に行ってきました。

表はたいしたことがなさそう。
 
2018090402.jpg
裏に回ると、松の葉っぱが飛び散って、枝の先の方が丸坊主。地面には松葉がワンサカ。
 
2018090403.jpg
裏庭は、スダレが千切れてボロボロになったのが飛び散ってました。

とはいえ、被害はこの程度。瓦が飛んだ地域もあるみたいだけど、瓦も被害なし。一方、家の中は雨漏りもなくホッとするも、足裏のの感覚がザラザラ。どうやら、壁や梁に乗ったり張り付いていたホコリやらゴミが、猛烈なすきま風によって舞い落ちてきたようです。
 
2018090404.jpg
ご近所に目をやると、町内のメイン通りから一本入ったところに、3メートル長の樋?おそらく京阪丹波橋駅からの飛来物では?と。駅へ連絡。駅員さんやって来る。「あ、若手連れてきて撤収します」との対応。素早いね。
 
2018090405.jpg
町内のお地蔵さんの屋根が吹き飛ばされてました。これは町内の皆さんで、拾い上げて、洗って、拭いて、乗せ直しました。屋根の一部がへこんでしまいましたが、これも平成の傷跡ということで、後々まで伝えてもらえればと。
 
2018090406.jpg
最後は、町南端の家の自転車置き場の屋根。突風で吹き上がった後、そのまま崩れ落ちたようです。一番大きな被害が出ていました。手前の離れは屋根瓦が落ちたり壁が崩れたりで、かなりの被害。もともと地震や台風の被害で、だいぶん危ない状態になっていたのですが、いよいよ危険な状態に。

アンテナが飛ばされた家もあったり、見える範囲でも少しずつ被害はあります。古い別宅が無事だったのは、ただただ運が良かっただけなのかもしれません。
 
19:12  |  家事・子育て  |  Comment(0)

絹のハタキを作った

2018.08.20 (Mon)

2018082720.jpg
8月11日掲載の東京新聞の連載記事で、草ぼうきについて書きました(この記事)。草ぼうきの使い心地がよくて、その印象を書いたのですが、その記事の最後に「次は、絹のハタキを狙っています」と書きました。実際のところ、絹のハタキはほとんど流通してなくて、あったとしても高価。近所の荒物屋の店主も「自作してみたら?」というくらい。そんなことも補足的に記事にして載せたら、東京新聞の編集部を経由して、「良かったら、これを使って下さい」着物の裏地を送ってくれた方がいました。
 
2018082732.jpg
絹の生地を普通のハサミでジョキジョキ。短冊形に切ったモノを、星状に並べる。柄になるモノを、星の真ん中に立てて布をまとめててるてる坊主に。そして、てるてる坊主をひっくり返して、もう一度まとめるとハタキに。
 
2018082721.jpg
長短二つのハタキ。一つは虫取り網の柄、もう一つは小さな熊手の柄。ともに100均で購入。長い方は、欲張って短冊をたくさん使ってみたら、重たくなってしまいました。ハタキをパタパタするだけで、けっこうな運動。

そして、これは9月8日掲載記事のネタになりました。

最後になりましたが、送って下さった千葉県のWさん、ありがとうございました。
 
12:08  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT