FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

靴業界のニッチ

2010.05.25 (Tue)

昨日、映画の後、加奈子のレインブーツを探して、四条界隈をウロウロしたあげく、この梅雨前のシーズンだというのに、それらしきモノを売っている店にまったく出会えず、徒労な数時間を過ごしたのでした。

幼稚園児、保育園児向けと思われるキャラモノ柄の長靴は、いくつか見ることが出来ましたが、ちょっと大きくなった小学生中学年から中学生前半くらいまでの生徒向けのレインブーツがトンと見当たりません。膝丈のレインブーツや作業用の真っ白長靴は、もう少しサイズの大きいラインナップからです。

家に帰って、通販サイトでいくつか見付けることができました。さんざん歩いて、結局通販サイトというのに、どうも釈然としない気分でした。歩く時に使う靴を、歩いて探せないという…

年頃の子ども向けのレインブーツと同様、もう一つ靴業界には谷間があります。それが僕のような足の小さな男性向け市場です。僕の足のサイズは、23.5~24.5の間です。このサイズの成人男性向け靴を買おうとすると、数が少なく値段も高めになります。スニーカーの類にこのサイズは存在せず、キッズ用かレディース用になります。でも、オッサンの足にキッズ&レディース用では、足の幅や足の甲の高さが合いません。

もともと靴の値段や衣類の値段は、サイズによって値段が変わることがありません(オーダー物は別ですが)。XLサイズもSサイズもたいてい値段が同じです。使われる材料の量が全然違うのに値段が一緒。つまり、小さいサイズを買う人達が、大きいサイズを買う人達の材料費差額分を負担しているのです。

これを改善せよ!などと言いませんが、せめて小さいサイズを切り捨てないで欲しいのです。仮に、靴業界の人が背の高い人達のみで構成されているとしても、市場には小さな男性もいますし、大きな女性もいます。また、中途半端な足のサイズで適当なレインブーツがない潜在購買層も存在するわけです。

不況だ不況だと言う前に、まだまだ隙間だらけの商品構成であることを知って欲しいと思いながら、昨日は娘と四条の町をウロウロしました。
09:17  |  日々の出来事  |  Comment(2)

Comment

私も

はじめまして。

私も足が小さく、靴のサイズには困っていましたが、宮城興業と言うところのパターンオーダーはお奨めです。22cmから注文できるからきっと合うと思いますよ。
通りすがり |  2011.01.19(水) 18:57 | URL |  【編集】

ありがとうございます

京都にも提携している靴屋さんがあるみたいなので、一度尋ねてみます。
山田亮 |  2011.01.19(水) 22:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |