FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

いっぺん死んでみました

2019.05.19 (Sun)

2019051901.jpg
マラソン繋がりの上原暢子さん(以下、暢ちゃん)のワークショップ、「いっぺん死んでみるWS@京都」に参加しました。

そもそも、ラン友というだけで、なんでこのワークショップに申し込んだのか?確かに先週の日曜日に祖母が亡くなり、火曜日に葬式したけど、申し込んだ時は、4月にハワイへ行く前だったし、こんなタイミングになるなんて知らなかったし…、とにかく自分でも謎ではあったのですが、「あぁ、そういうことだったのか!」と腑に落ちる機会を得たのでした。

「この先、そう長くないぞ」そう思った時、迫られるのは余計な執着を捨てること。そこで、間違ったモノに固執して、「死んでも死にきれんわ!」と思うかもしれないけど、いっぺん死んでしまったら、「まった!」も、「もういっぺん死なせて!」も通用しない。人生の最後の最後の場面で、本当の本当に一回限りの究極の選択。貧乏人にも金持ちにも、不細工にも男前にも、一回しかチャンスがない、この執着の断捨離。

ワークショップの結果、僕は最後に「自分」と「通信環境」という二つを残してました。「通信環境」というのは、途中から「あぁ、これはなにか記録するモノ」と、自分でも書き間違えていたのに気付いてました。2月と4月にアメリカに滞在した時、とくに2月のフロリダとアリゾナ滞在で、スマホとバッテリーと4Gがライフラインになっていることを痛感したので、それで「大切なモノ」に「通信環境」(もちろん「バッテリー」も「スマホ」も書いてたけど)を書いたんだけど、実はそうじゃなかった。

「自分」と「記録するモノ(例えば、紙&ペン)」。

そして、最後の最後、自分が死んでも「記録するモノ」が残る意味は?

あ、そうか!
書いたモノが自分が死んだ後も残る(残したい)と思ってたのか!
と気が付きました。

ワークショップの後のシェア発表。
いきなり、暢ちゃんに「じゃぁ、亮さんからね」と言われ、
発言場所までの移動中にポロッと出たのが、
「ぶっちゃけ、実は、いつ死んでもイイと思ってたんですけどね…」という、自分でも驚くひと言。

ワークショップ中に思い出した、26歳の時にストーカーから殺されかけた経験。あの「いっぺん死にかけた」経験からもうすぐ26年経とうとしてたんですね。自分でも忘れていました。人生のどん底が26歳の時で、そこからいろんな人のご縁と運だけで、今の極楽生活な自分がいます。

今が人生で一番ハッピーな時だから、そりゃ「いつ死んでもイイ」と思ってたんですけど、「書いたモノ」を出し切れていない自分がいることを、いっぺん死んでみることで、「まだ死ねんわ!」と自覚。「まった!」ができてヨカッタ。

そういえば、「いろんな人のご縁と運」は、全部、僕が書いたモノを誰かに読んでもらって、「大学院に進学してみない?」「会ってみません?」「取材させてもらえませんか?」「講演の依頼したいんですが…」「テレビ出演の問い合わせです」「出版してみません?」と繋がった結果。本当に、一回も「読んで下さい」「会って下さい」「取材に来て下さい」…とこっちからアプローチをした経験がない。出版に繋がらなかった出版企画ですら、「企画書書いてみませんか?」という問い合わせがあり、「んじゃ、この機会に」と企画書書いて没に。本当の本当に営業ゼロで今の仕事をしてます。でも、売り込みこそしてないけど、Webサイトをアップできるようになった1997年以降、ほぼ毎日、いろんなコトを書いてネットにアップしていました。あの書き続けた結果が、今のこの好き勝手な極楽生活。

自分でも薄々感じていたんだけど、最近発信力が低下してます。書きたいことはあるのに、書くエネルギーがない。書くよりも寝てしまう。そして、発信することに自分で敷居を設けてしまって、書くことが好きだったのに、書いては削除の繰り返し。もう書けなくなったのかも…と思っていたところでした。

「いっぺん死んでみる」で、最後の最後に「記録するモノ」が残ったのは、そういうコトだったのかもしれません。もう、書かない方にシフトするのもアリだとも思ってたのですが、思い返せば、やっぱり自分には「書く」が大事だったんだな。「要、筆記用具」に、なにげなく愛用の万年筆を持って行ったのは、大正解だったわけです。

26年の時に、命拾いしてからもうすぐ26年。もう一回、生き直す、次の26年。良いキッカケをもらえました。

ワークショップ終盤の、暢ちゃんの講義「誰も教えてくれない、死に方いろいろ」は、本当にためになった。ガンで死ぬのも悪くないね。最期の日がだいたいわかってる分、自分も周囲も心の準備ができるから。逆に、「ピンピンコロリ」は残された人にとって、あんまりいい死に方ではないんだなというのもわかった。老衰はもっとタイヘンかも…など。

在宅医療で多くの患者を診とり、かつ家族とも対話してきた暢ちゃんだからこそできる「死に方いろいろ」。ワークショップとくっつけた、良いパッケージだと思いました。



 
23:15  |  日々の出来事  |  Comment(0)

祖母を見送りました

2019.05.15 (Wed)

5月12日(日)午前7時45分頃、家の電話が鳴る。今どき、だいたいの用事は携帯電話にかかってくる。家の電話が鳴るのは、発信先がほぼ決まっている。しかも日曜日のこんな時間に。

いい話じゃないのに決まっている。

そして、それは正解でした。
祖母の訃報でした。

約一週間前に「延命措置を希望しない」という本人の意志を実行し、祖母への点滴の管が外されたというのを聞き、「もうすぐだろうな」と思っていたところ、10連休が過ぎ、連休明けの週も過ぎ、「あれれ?」でした。ずっと落ち着かない日々を過ごしていただけに、少しホッとしたというか、「とうとう…」という気分でした。

祖母は、104歳と42日の天寿を全うしました。

1915年(大正4年)の生まれということは、第一次世界大戦(1914-1918)の間に生まれたということ。…ということは、世の中に、まだ帝政ロシア、オスマントルコ帝国、オーストリア・ハンガリー帝国が存在した時代。その帝政ロシアは、祖母が2歳になる少し前に二月革命、七月蜂起、十月革命を経て、ボルシェビキ政権である「ソビエト連邦」になる。

調べていて知ったのですが、同じ年に、僕には馴染みの研究者である、経済学者のポール・サミュエルソンが生まれているんですね。そして、同じ年の8月にはイングリッド・バーグマンが誕生!なんという歴史的な年だったのでしょう。

14歳の時に世界大恐慌、24歳の時に第二次世界大戦、26歳の時に太平洋戦争。30歳で終戦。その間に、僕の母も生まれているわけです。社会情勢も自分史も、まさに激動の30年間を生まれてから過ごしてきはったのですね。あらためて振り返ると、すごい人生です。終戦から74年経った今年、人生の幕を下ろしたわけですが、歴史的にみると、本当にご苦労様でしたとしか言い様がありません。大正時代に生まれ、長い昭和時代を過ごし、30年あった平成時代を生き抜け、令和時代を少しかすめ、元号を4つも生き、極楽浄土に旅立ったわけですから。

僕がまだ小学生だった頃の年末、高槻の祖父母宅へ帰省する前に、テレビが壊れたと聞かされました。今年は紅白が見られないのか…と思ったら、当時出たばっかりの「音声多重」テレビが、到着した祖父母宅にドドンと。こういう買い物を「どうせ買うなら、長く使えるエエのをドンと」という感じで買ってくるのが祖母でした。

そういえば、お通夜に集まった親族の皆さんにもお伝えしたのですが、僕の遺伝子検査・DNA検査の結果が「ハプログループA」だった(この記事)ということは、祖母とその子や孫、ひ孫たちは、全員、ハプログループが「A」だということです。もちろん、父方から遺伝子情報がみんなに加わっているので、濃い薄いの差はあれど、あの場に集まったほとんどの人間に、祖母系統の遺伝子情報が流れているという、なんだかオモシロイ集団だったのですね。

まだ、落ち着いて、葬式のことを振り返る余裕がないのか、昨年7月に義父を亡くした時ほど、急展開でもなかった分、心の準備ができていたのか、ここ数日のことがアッという間に過ぎてしまい、上手く言葉になりません。いろいろあったはずの祖母の思い出も、今ひとつ思い出せません。不思議です。ただ、一連の式の中で「ほぉ!」と思ったのは、喪主である僕の母が、最後に挨拶をしたのですが、その話は僕がいうのもなんですが、長すぎず、とても良くまとまっていて、いい文でした。あれでアナウンサー並とは言わないけど、発声がチャンとしていたら、なかなかのスピーチだったと思います。

2019051501.jpg

極楽浄土の居心地はどないですか?
 
23:45  |  日々の出来事  |  Comment(0)

連休の片付け

2019.05.11 (Sat)

2019051101.jpg
連休中、連日活躍したウェーバーのBBQコンログリル。連休が明けて、ふと見ると、灰だらけ。どっちみち汚れるモノではあるけど、これが登場するのは、ちょっと日常から離れる時なので、ピカピカの方が気分も盛り上がるだろうから、キレイに拭き掃除しました。

しかしまぁ、10連休中。本当に活躍しました。
 
2019051102.jpg
これはコストコのアメリカンビーフ。
 
2019051103.jpg
この時は、愉快な研究友達とのパーティー。

2019051104.jpg
次は、万代で買った厚切りビーフと鶏もも肉。

2019051105.jpg
この時は、義母と義姉一家という親族パーティー。

2019051106.jpg
またまた厚切りビーフが登場。この時は、和子さんの研究室の学生と教員、村上サロンオーナーの村上氏など、総勢13名のペーティー。

2019051107.jpg
この日は、鯛の開きと鰤の切り身。肉もイイけど、魚もこのグリルで焼くと表面パリッと中シットリと焼けて、なかなかです。ひっくり返す時に網にくっつきがちなのが欠点でしたが、昨晩、Homely® 洗えて再利用可能!くっつかないグリルマット(3枚入り)を衝動買い。これで魚のグリルも楽チン?

物置に、約二箱分あった炭は、ほとんど無くなってしまいました。また補充しとかないと。炭もいろいろありますね。使ってみて、はじめてわかりました。まだまだ模索中です。

このグリルを買って、本格的に庭で炭火焼きをするようになりました。もちろんこのグリルはお値打ちものだったと思いますが、それに加えて、「買って良かった!」なのが、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型火消し壺 火おこし器セット

これを手に入れるまでは、火おこしが苦手だったのですが、このセットを手に入れてからは、確実性がグンとアップ。ほぼ火おこしは失敗なし。そして、そのまま消し壺にもなるから、残った炭で火おこしすると、今度は簡単に着火。消し壺と火おこしをセットにするとは、本当にいいアイデア。これで一気に炭の扱いが簡単に。
 
22:45  |  家事・子育て  |  Comment(0)

新しい冷蔵庫が来た

2019.05.10 (Fri)

2019051001.jpg
冷蔵庫というものは、おそらく室内で一番容積のデカいものであり、しかも24時間365日稼働している(今どきの省エネ冷蔵庫は休み休み動いてるらしいけど)にも関わらず、冷蔵庫の画像を探そうとすると、中を写した画像はあれど表はなにげなく写り込んでいる物以外なかなか見当たらないもの。
 
2019051002.jpg
あった!と思っても、下まで写ってなかったり。そのわりには、Airbnb‎で泊まった先の冷蔵庫は全身撮ってたり。そんなウチの冷蔵庫は、この家を建てて引っ越してきた時以来、14年の付き合いでした。
 
2019051003.jpg
5年前に突如、モーター音がデカくなって「そろそろ終わりか?」と思ったら、急に沈静化。約2年前に冷蔵庫に入れた麦茶のボトルの締まりが悪く、中身が漏れ出し、おそらくそれが原因で製氷機が壊れてしまいました。そして、この春先、冷凍庫のドアの締まりが悪くなり、原因を調べていると、上の画像のように、冷凍庫の裏と底に氷がビッシリ。

もはやこれまで、ということで、平成の最後の最後に買い替えることに。
 
2019051004.jpg
新しく来たのは、ネットワーク機能を搭載し、メニューや天気、家族の伝言などを表示できるという触れ込みの、いわゆる「IoT」冷蔵庫。ところが、肝心のネットワーク連携。ルーターがメーカーの動作確認非公認機ということで、あっさり接続不可。一瞬にして、ただの冷蔵庫に成り下がりました。

いいところは、なんと言っても収納容量の増大。サイズはほぼ同じなのに、容量は約100リットル増加。新しい冷蔵庫を選ぶに当たっての第一条件が、冷凍庫の増量化。これが実現でき、コストコの冷凍食材がドンとそのまま収納できるのはイイ!野菜室が真ん中なのもイイ。これまで横に広かったのが縦に伸びた感じだけど、これはすぐに慣れました。

ザンネンなのは、SHARPのウリの「プラズマクラスターうるおいチルド」。せっかく半分ずつ開けられるフレンチドアなのに、両方開けないと、この「プラズマクラスターうるおいチルド」が開けられない。フレンチドアのタイプは、「プラズマクラスターうるおいチルド」をドアサイズに区切れば、半分開けでも引き出せるのに。

それと卵のケース。これは前の三菱冷蔵庫の卵収納庫が秀逸でした。それに引き換え…ケースの卵穴が14個ってどういうこと?です。卵はたいてい10個入りか6個入りでしょう。16個穴ならまだしも、14個って…開発者は買い物に行ったことがないのか?こういう細かいツメが甘いなぁと思います。

たいていの機能については、徐々に慣れてきているところです。長年使うと、慣れすぎてしまって、次に変わると違和感しかないです。新しい家電に変わって「使いにくい」という場合、この卵穴のように、明らかに新しい方がボケてる場合と、使い手がボケてきて変化に付いていけてない場合とがあると思います。適当なところで次に乗り換える方が、脳への刺激もになってイイと思います。

扉の引っ掛かりが、下から上向きにが、上から下向きになったので、最初の二日間くらいは「おっと!」でしたが、今やスッカリ慣れました。まだ順応できる!

 
18:02  |  家事・子育て  |  Comment(0)
 | HOME |