FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

松山英樹がマスターズ制覇!

2021.04.12 (Mon)

2021041203.jpg
朝からヒヤヒヤしながら見てました。画像は最後のパットがピンに吸い込まれる直前。

それにしても、マスターズ制覇ですよ!これは本当にスゴイことです。このスゴさを身近な和子さんにはわかってもらえて良かったです。加奈子にはまだわからんと思います。例えていうなら、映画ならアカデミー賞、音楽ならグラミー賞、報道ならピューリッツァー賞、F1ならモナコGP、競馬なら凱旋門賞、自転車ならツール・ド・フランス…他で勝てても、ここでは勝てないような場だと思います。

解説の中嶋常幸さんが声詰まらせてましたが、もしもF1で角田裕毅がモナコで勝ったら、やっぱり中嶋悟さんは声詰まらせると思いますし、右京さんや亜久里さんならきっと号泣でしょう。「今宮さん見てますか?セナの庭(モナコ6勝は未だ破られず)で勝ちましたよ」…今、入力しながらすでに僕は涙腺がユルんでます。

それにしても、松山英樹は29歳。まだまだこれからですね。錦織圭といい、本当に今の若い人たちは素晴らしい。世界相手に勝負できてます。羽生結弦も渋野日向子も大坂なおみもスゴイし、僕の知らない若者がたくさん頑張ってると思います。

若い…かというと、ちょっとアレですが、佐藤琢磨選手(今年44歳?!)もインディ500で2勝!今シーズンはスポンサーの巡り合わせで日の丸カラーのマシーンに。この週明けが開幕です。期待してます。

忘れちゃいかんのは国枝慎吾選手の残る一つ。ウインブルドンのシングルス制覇(ダブルスは制覇済)。グランドスラム全制覇も期待しています。

若者も中年も頑張ってますね。その上の世代のおっちゃんも頑張れそうな気がしてきました。

ありがとう!松山英樹!
おめでとう!

 
10:24  |  スポーツ  |  Comment(0)

住むとこ変わればゴミ袋も変わる

2021.04.12 (Mon)

2021041202.jpg
 
2021041201.jpg
神戸の街に通い始めて数週間。そして、新居荷物が到着するようになると、途端にゴミが大量発生。プラマークの付いたゴミ、プラマークのないゴミ、燃えるゴミの「燃える」は、焼却炉の燃焼温度によるけど、神戸市はどこまで「燃える」に含まれる?などなど。

そして、まずはコンビニやスーパーに入って、ゴミ袋のすぐ横に立っていても、それがゴミ袋だと気が付かない。長年の京都暮らしで京都のゴミ袋の色の先入観が染み付いてるから、黄色や緑のゴミ袋を探してるんです。青いゴミ袋は、指定ごみ袋だと思ってないのです。はじめてコンビニでゴミ袋を探した時は、そこにいたマダムに「すみません、引っ越してきたばっかりで教えてほしいんですけど、神戸市のゴミ袋はどこでしょうか?」と尋ねたくらい。素敵なマダムは、親切に教えて下さいました。自分で探したら、もっともっと時間がかかったと思います。

サイズも京都と違うんですね。普通ゴミの5リットル袋を今まで目にしていません。京都の一人暮らしなら、週2回の回収に5リットルで十分です。学生の街は神戸も一緒だと思うけど、神戸には5リットルが存在しないのかもしれません。今のところ15リットルが最少単位です。15リットルのゴミ袋にチョコッとだけ入れて捨てるというのは、なんともモッタイナイ。ある程度は溜めて捨てるようになるのかな?そうなると、溜まったゴミが臭わない、「あのゴミ袋」が威力を発揮しそうです。

でも、まだ巡り合ってないだけかもしれません。神戸市の小さなゴミ袋。新しい街の新しいゴミ袋。新しいゴミルール。新しい気付きや発見がまだまだ楽しいです。これが高齢になるとシンドくなるのでしょうか?

先日、商店街の美味しいキッシュと出会いました。餃子屋がたくさんある地域だと知りました。ラーメン屋も激戦区のような気がします。
09:33  |  家事・子育て  |  Comment(0)

IKEA商品の組み立て

2021.04.04 (Sun)

2021040410.jpg
IKEAへ行くたびに気になっていたこの照明 KNAPPA。先日の買い物でマンションまで持って帰ってきたんだけど、時間切れで作れず。後日、ガス開栓とIKEAからの大型便が到着する前に組み立てることに。

2021040401.jpg
照明の大きさのわりにはコンパクトな箱。てっきりぼんぼり状態のが縦にクシャッとたたまれているのかと思ったら…

2021040402.jpg
このパーツ数。あの花びらは一つ一つ組み立てていくんです。どおりで箱がちいさいわけです。

2021040403.jpg
まずはたてに一列組んで、こんなモン!を確認の上、グルっと今度は横へ。素材は柔軟なプラスティックなので、破れることはないし、意図的に力を加えない限り折れ曲がったりすることもありません。↑UPマークが随所に入っているので、たぶん間違えないと思います…と言いながら、↑UPマークに気付くのが遅くて、初っ端を間違えましたけど。

2021040404.jpg
照明って、普通は見上げるモンですよね。こうやって、手に持って横から見ると、全然印象が違います。

2021040405.jpg
リモコン対応のLED電球(TRÅDFRI トロードフリ)を仕込んで完成。普通の電球でも問題ないと思います。

2021040406.jpg
クールな青系の照明も、暖かいオレンジ系の照明も、リモコンで切り替えできます。でも、たぶんズッとオレンジ系で行くと思います。リモコンは明暗の調整がメインになりそうです。

2021040407.jpg
照明が組み上がってから、IKEAの大物が到着しました。右手前の床に白いポツポツがいっぱい飛び散っているのは、照明器具の花びらを組む際に飛び散ったパンチ穴素材。掃除機が到着してから組み上げるのが本来でしょう。

2021040408.jpg
なぜか椅子ばっかり組み立ててしまい、机が一つも組めませんでした。時間切れというのもあるけど、もう一つの理由は…

2021040409.jpg
ポジティブドライバーです!もちろん欧州企画のIKEAの家具を組むにあたって、日本ではあまり馴染みのない、このポジティブドライバーが必要なことは知ってました。そこで、IKEAの電動ドライバー「FIXA フィクサ」を買って備えていました。プラスもマイナスも、そしてポジティブドライバーのビットも入っているので、万全!

…と思っていたらビットの長さが足りなくて、ネジが回らない!フィクサのビットは数センチの長さ。レールハムンの脚をくっつけるには、5センチ以上のビットが必要(たぶん)。この日はこれ以上の組み立てを断念して帰宅。帰宅後にAmazonでビットを注文。ポジティブドライバーのサイズがわからなかったので、とりあえず「PZ1」から「PZ3」まで入ったセットを購入。もっと安いのもあったと思うけど、探すのもメンドウだったのでコレにしました。

次は、机を組み立てるぞ!
次は、必ず軍手を持っていこう!と思いました。組み立て時に付属のレンチがグルグル締める作業があったのですが、レンチが細くて、締める際に手に食い込んで痛い痛い。ヤワな手には軍手が必要です。それとゴミ袋!早く市の指定ゴミ袋を手に入れないと!そんな買い物をするためにも、毎回あの坂道をエッチラオッチラではタイヘン。早くアシスト自転車も買わないと!

この春は身体のことやら、仕事の変化など、いろいろあって、メンタル面も疲れてグッタリしていました。でも、こういう組立作業は、頑張った分だけ組み上がるし、成果は目に見えるし、役に立つものだし、精神衛生上とてもいい作業だと思います。少しずつ活力も戻ってきている気がします。

14:58  |   |  Comment(0)

神戸で新生活

2021.03.30 (Tue)

2021033001.jpg
今日、神戸の家の本契約を済ませました。神戸の大学へ通う娘は、これで片道10分になりました。そのマンションの真ん前には女子大があって、そこだと徒歩数分なのですが、ザンネンながら娘の通う大学は、マンションからはアシスト自転車を使っても10分くらいかかりそうです。とはいえ、京都からだとかなり時間がかかるので、大幅な短縮です。

契約は元町の不動産屋で締結したのですが、その足でIKEA神戸へ。京都に住んでいるとCostcoへ行く機会はあっても、IKEAまではちょっと遠い感じ。でも、神戸にはIKEAもあるしCostcoもある。そして、IKEAがこんなに楽しいとは!です。最近、よく通っていて、今日はエイヤ!とまとめて購入。なにしろ今は3万円以上買うと配送料無料のキャンペーン中。テーブルや椅子や照明など、アレヤコレヤと買いました。

あっち行ったり、こっち戻ったりで、今日も2階を2.5周くらいしました。エエ運動です。CostcoもIKEAも買い物するのに、絶対運動靴が必要。歩ける格好で行かないと、途中から買い物どころじゃなくなる。はじめてIKEA神戸に行った時は、ペース配分がわからず、2階の途中で終わってしまいました。2回目は近道も使いながらペース配分に気を付けて完走。3回めは1階での買い物に体力を残せました。

4月初旬に今日買った荷物は到着の予定。それまでに床掃除やなんやかんや、必要な作業がいろいろ。僕自身、しばらくは引っ越しが多かったんだけど、今回はまったくの新生活。鍋や食器、冷蔵庫に洗濯機、ベッドにテーブルと、家財道具を揃えるところからスタート。これって、僕が一人暮らしを始めた19歳のとき以来。30年以上ぶりのこと。そりゃ色々忘れてますね。

とりあえず、リストに書いていたある程度を買って、運び込める物は車に載せて、いざ新居へ。
2021033002.jpg
夕方の薄明かりの部屋にテーブルランプが一つ。Pixar映画のイントロみたいな銀のアームランプ。この部屋から娘の独り立ちの物語が始まります。

で、オトンは電気やガスの手続き。いろいろやってるうちに水道局の受付時間が過ぎてしまってました。鍵の交換など、まだまだ手続きは続きます。この4月は神戸に行くことも増えそうです。買う物もたくさんあるし、出費もスゴイ額になりそう。でも、その分、いろいろ経験できます。また記事にしてモトをとればイイのだ!とポジティブに考えることに。新しいことが経験できるのは、素晴らしい。

コロナ禍での新しい生活。これまでと様子は違うけど、新しい生活が始まることは、新しい経験がたくさんできることと同義。どうせ違うんだから、そこに新しい生活が加わっても、違いは誤差。

僕は4月から佛教大学で週一回のゼミを担当する予定でしたが、今朝、受講者数が最少履行人数を超えたので、これで半年間の授業が決定になりました。あとはオンライン授業?対面授業?というところが気になりますが、講義は担当したことありますが、ゼミは初めてなので、いずれにしても新しい経験をすることになります。12年ぶりの大学でのレギュラー授業。「この10年で学生は大きく変わってきてる」という声も聞こえます。ということは、これまた新しい経験ができるわけです。

いろいろ新しくなるこの春です。
 
22:33  |  日々の出来事  |  Comment(0)

やっぱり小さい方がイイ

2021.03.29 (Mon)

2021032903.jpg
先月22日に巨大キーボードMicrosoft Ergonomic Keyboard(通称「ビグザム」)を久しぶりに投入してみた。でも、とにかく場所をとる。テンキーのないキーボードに慣れてるので、ほぼ右5分の1が無駄。ブラインドタッチは慣れてきたけど、やっぱりどことなくぎこちない。

2021032902.jpg
そこで、久しぶりにサンワサプライのSKB-SL09UH(現在廃盤)を投入。とにかく薄い。パームレスト無しで使える。そして幅も狭い。これで十分。キータッチがやや緩慢。S109の方がタッチは好みなんだけど、そちらはMac用に投入済み。こちらもしばらく使ってみて様子見。馴染めばイイんですけど。と思って調べてたら、今、Macと併用しやすいように、キーにMacOS用のシールが貼られた製品(SKB-SL32BK)もあるのね?

新しいキーボードをつないで、ちょっとは発信しやすくなるかな?とにかく、ここ数ヶ月、体調のこともあったりで、猛烈に制作意欲が落ちてしまっていて、大スランプ。締切がくる連載以外は、発信する意欲がなくて、逆に、そんな状態でリリースするのが、意外と好評というのも皮肉なモンです。

2021032904.jpg
買い物へいく途中の桜。娘が小学1年生のとき、いつもの学童の集団下校じゃなくて、友達と一緒に帰ったら、「どこだか知らない場所」に出てしまったことが。「もうママに会えなくなるかも」という時に、この桜が目に止まり、「これで帰れる!」となった思い出の桜。今年も目一杯花を咲かせていました。向こうの空は黄砂でかすんでます。
 
21:12  |  PC  |  Comment(0)

シビレの原因はコレだったか!?

2021.03.03 (Wed)

2021年に入って1月、2月とランニング距離はゼロでした。去年6月頃から足がシビレて、ヒドイ時には歩けない、立ってられないという状態でした。スーパーの棚の前でうずくまってシビレが過ぎるのを待つことも。不思議と、しゃがみ込むと30秒ほどでシビレは過ぎていくんです。

そんな感じのシビレだったので、時々休憩すれば日常生活も問題ないし、講演中にシビレが来たことは一度もなかったし、ランニングを休めばシビレは治るかな?と思っていたんですが…2か月走らず過ぎていくほど、甘くはありませんでした。

昨日、京都医療センターへ紹介状なしの飛び込み初診で行き、問診してレントゲン撮ってもらい、その画像を見て担当医
「!!!」
とまずは絶句。
2021030301.jpg
「こっ、これで腰が痛いとかはないんですか?」
「シビレはありますが、痛みはほぼ無いです」
「そうですか…」
 
2021030302.jpg
ちなみにこちらは、ネット上にあった健康な人の腰椎レントゲン画像。

一番下の第5腰椎と第4腰椎の間の椎間板がどこかへいってしまってて、4,5が連結状態に。背中側にある突起は、へしゃげた腰椎に押されて骨折状態。

何年か前に、背中にポコっと突起ができていて「これなんやろか?」と思ってたんですが、第5腰椎が後ろにズレた影響で、背中に押し出されてきてたんでしょうね。

気になるのは、この状態がいつから?ということです。こうなったままマラソンやトレランを走っていたのかも?それとも走っているうちにどんどん圧迫されてきたのか?もしかすると、コトの発端は、もっと若い頃なのかも?子育て期のギックリ腰もどきかも?

僕は背筋に比べて、腹筋がかなり弱く、前後バランスが悪いので、それも影響していると思います。友人の理学療法士からは、さっそく、腸腰筋のストレッチや筋トレをすすめられました。基本、趣味は残した方が良いというPTさんなので、走れるようにはしてもらえると思います。

いやはや、それにしても、自分の身体がこんなコトになっていたとは。もう山を走ったりはしない方が良さそうだわ。山はせいぜいハイキング程度で。
 
18:43  |  身体のコト  |  Comment(0)

Mac miniを買い替え

2021.02.05 (Fri)

2021021301.jpg
2012Late のMac miniの動作がカックンカックンしていたので、新しいCPUのM1を積んだMac miniに買い替えました。前に使っていたMac miniが古すぎるので、比較になりませんが、とにかく軽快!まだ、そんなにCPUに負荷のかかる作業をさせていないので、これまたなんとも言えませんけど、おそらく動画の書き出しなんかをさせても、これまでとは桁違いに速いはず。しかも本体の発熱はほぼゼロ。
 
2021021302.jpg
インターフェイスは、この組み合わせ。トラックパッドは現行品だけど、キーボードはかなり以前のもの。新しいキーボードのタッチがどうも好きになれなくて、未だにこっちを使っています。乾電池がなくなるたびに、カートリッジで充電して使ってます。めんどうだけど、タッチの違和感は文章の内容にも影響が出るので(ホンマかな?)ちょっとこだわってます。
 
2021021303.jpg
新しいMac miniをセッティングしたついでに、東向けだった机を南向きに変えてみました。ちょっと部屋が広くなった気がします。この家に来てからズッと東向きだったので、まだ慣れないけど。
22:02  |  PC  |  Comment(0)

WindowsPCを新しくした

2020.11.17 (Tue)

2020111701.jpg
先月末(10月26日)ドスパラのクリエイターパソコン「raytrek」を買いました。

これまで使ってきたミニタワー型パソコンの電源ファンが轟音を上げ始めたのがキッカケだけど、この先、動画編集をするような流れになりそうなので、先を見越して一段ハイパワーなパソコンを購入することにしました。

実は、Mac miniの買い替えも急を要する事態になってきていて、「どっちを先に?」と悩んだ結果、Windows側を先に買い替えました。結果的に、今月に入って、アップル社から「M1」CPUの入ったMacBook AirとMac miniが発表になったので、後回しにして正解でした。
 
2020111702.jpg
メモリーは最初16GBでオーダーを出したんだけど、結局、16×4本の64GBに載せ替えました。もとから付いてた16GBのメモリーはミニタワーに載せ替え。

メモリーを付け替える際、メモリーをパチンと止めるストッパーが、片側だけになっているのを知らず、「こっち側、硬いなぁ」とテコで開けようとしたら、止め部分をペキンと折ってしまいました。その後、メモリーの稼働状況を調べたら8GBになっていて、「購入早々壊してしもた?!」と冷や汗。メモリーが奥まで入りきってなかったのが原因とわかって、ホッでした。
 
2020111703.jpg
HDDはこれまでのミニタワーから引っ越しさせました。HDDは最初、引っ越しさせただけで十分だと思っていたのが、いろいろあって新たに4TBのHDD(Seagate BarraCuda ST4000DM004)を買い足すことに。8台分あるHDDドックにはまだ2台しか入ってないので、まだまだ増設可能だし、容量も「今のところ」十分です。
 
2020111704.jpg
せっかくビデオボードも良いのが入ってるので、大型モニターで4K映像も見られるように。これまで23インチを使っていたところに、31.5インチのモニターを設置(LGの32UN500-W)。
 
2020111705.jpg
LGのモニターは発泡スチロールの緩衝材で運ばれてきました。力まかせに割くと、粉々になった発泡スチロールが飛び散るし、おまけに静電気を帯びてるので掃除がタイヘン。スチロールカッターで切ると、飛び散りはマシ。でも、切る作業はパズルみたいで、これまた邪魔くさい。あれこれ考えて、細かく刻んでプラゴミ袋30リットル×4袋。かさばりすぎです。
 
2020111706.jpg
大きな画面が乗ったおかげで、その手前にWebカメラを置くと、目線と画面が重なります。ZOOMやMeetで喋ってる姿は、どうしても下からや上からのカメラで、向き合ってる感が出しにくいですが、これならちょっとマシ?
 
2020111707.jpg
これまで使っていた23インチのモニターは、娘のサブモニターになりました。大学に進学後、ズッとオンライン授業。本人には通学が面倒だし、コロナ感染リスクも上がるし、時間ギリギリまで寝られるので、オンライン歓迎!のようです。これまで13.3インチのモニターで頑張ってきたので、23インチが来ると、「おおお!便利や!」と。
 
11:22  |  PC  |  Comment(0)

Edward Van Halen は永遠に

2020.10.07 (Wed)

2020100701.jpg

偉大なるギターヒーロー、Edward Van Halenが亡くなったという情報が今朝飛び込んできました。NHKの朝のニュースですら取り上げる大事件。僕は今年53歳だけど、番組の制作に関わる世代が僕か僕より少し上くらいだとしたら、まさにこれは大事件。他の世代がどうであれ、僕らにとっては大事件。とくに80年代を中高大学生で過ごした人間にとっては大事件。

僕にとってエディーは、ギターを弾き始めた時は、すでに真似すらもできないような大御所でした。「1984」がリリースされた時、僕は高校1年生。はじめてリアルタイムに聞くVAN HALENの最初の音は、「1984」のシンセサウンド。ギターヒーローのギターバンドなのに、いきなりシンセだけのインスト曲!なんで?!でも、そのアルバムのワチャワチャなパーティーサウンドがいかにも西海岸のバンド!というインパクト絶大でした。

コンサートでVAN HALENを弾いたことが一度だけあります。高校に通って4年目(!)の文化祭。軽音部の後輩バンドが「『5150』の「Dreams」を演目にあげてたんだけど、どうしてもギターのソロが弾けなくて…先輩弾いてくれませんか?」と頼まれて弾いたんでした。高校はいちおう卒業していたけど、そこの補習科に通っていたので、卒業生といえば卒業生だけど、在校生といえば在校生という、反則ギリギリのヘルプ参加。ステージの裏で僕が弾いて、後輩がオモテで当て振りしたのでした。久しぶりにギターを弾くのがエディーのソロ。浪人が決定した時にギターを一度手放し、同期の家に預けていたので、まずは家までギターを届けてもらい弦の交換から。一週間、基礎練習からやり直して、なんとかソレらしいソロにして本番。なんとか弾けたけど、ステージ上の動きと音が全然違うというバレバレ。受験時代の良い息抜きになったのを覚えています。

改めて聞き直すと、僕は、『F@U#C%K』の9曲目「Right Now」から「316」「Top of the World」という3曲の流れに、今もジーンときます。大学4年間やるだけやって全然芽が出なかったバンド活動。音楽で食べていくことはすっかり諦めて、授業にもちゃんと出て(しかも朝の1限目に出て)それが終わるとバイトという大学5回生生活。一番大学生らしい生活をしながらも、どこか寂しい気持ちももっていた時に、レンタルCDで聞いて、「あぁもうすぐ同期達のように社会人になるんだなぁ~」と思って聞いたのを覚えてます。

時は流れ、その翌年、社会人一年生時代。どういうわけだか、僕のOJT担当は、人事部をして「あいつ(僕)でもダメだったか」と言わせるくらいアクの強い人物。時代が時代ならパワハラで一発アウトだろうけど、当時はそんな言葉もなく、ただただ毎日が理不尽。そんな「with 理不尽」(by 清水ミチコさん)な毎日を支えたのが、1993年2月にリリースされた、画像で持っているVAN HALEN LIVE "Right here,right now"のLD。毎朝、LDを見て「えいや!」と社員寮を出て、帰ってきて「今日もいろいろあったけど、帰ってコレが見られた!」と毎日過ごしてました。3月に退社するまで、ほぼ毎日見続けてました。「来年の事業計画から、僕を抜いてください」という退社意向を営業所の所長に伝えた朝は、大音量で聞いて出掛けました。ま、なかなか所長に言い出せなくて、3日続けて爆音な朝をしたんですけどね。

会社員生活を終えた2年後の1995年。はじめて大阪城ホールでVAN HALENのLIVEも拝めました。サミー・ヘイガーはこの半年後に脱退。この年、リリースされた「Balance」の音に暗さが垣間見えたのは、まんざらでもなかったのかもしれないけど、LIVEは文句なしの完璧なエンターテイメントでした。本当は、LDをもっている「Right here right now」ツアーを見たかったんだけど、日本にも来なかったし、僕の中では、VAN HALENの一番いい時のLIVEをみることができたと思ってます。

高校、大学、社会人という激動する生活の中で、VAN HALENは常に僕の近くにいたわけです。


そのVAN HALENのギターリスト、エディーは、とにかくこれまでのギターの奏法やアクションや音や楽器そのものを、変えていく人でした。その辺りは、マニアの皆さんの分析が充実していると思います。

僕にとって革新的だったのは、

エディーは笑顔で弾く!
でした。

2020100702.jpg

それまでのギター弾きは、クールに弾く人が多かったように思うのです。でも、エディーは、クールさよりも弾いてるのがハッピーという雰囲気でした。とくに、はじめて、エディー・ヴァン・ヘイレンを見たのが「Jump」のPVだったので、その楽しそうにギターを弾くスタイルに衝撃をうけました。

僕のバンドのLIVEを見に来たウェールズ人の友人は、「バンドの音楽はクソだけど、Ryoは楽しそうに弾いてて、それはとてもよかった」と言われ、ウレシイやらなんやら複雑でした。

今は全然違う仕事をしてますが、パフォーマンス中は明るく楽しく語る!をモットーにしてます。家事って楽しいよ!育児ってオモシロい!そりゃ、いつも楽しく、いつもオモシロイわけじゃないけど、それでもトータルちょっとでも楽しけりゃエエやん!オモシロイと思えたら儲けモン!脅しても人は動きませんし、動いたとしても続きません。心から「おもしろそう!」「楽しそう!」「オレもやってみたい!」「あたしにもできそう!」と思ってもらえるコトが大事。

ハッピーをステージから伝える。
それはエディーが教えてくれたことかもしれないです。

Edward Van Halen よ永遠に。
そしてありがとう。
18:17  |  音楽  |  Comment(0)

Fender ディオソニック買いました

2020.08.25 (Tue)

IMG_7520.jpg
先日の青いムスタングに続いて(この記事)、ギターを買いました。
FenderのDuo-Sonic HS(ディオソニックHS)

先日買った、インドネシア製のスクワイアのムスタングが、予想以上の良いギターだったので、調子に乗って、メキシコ製のFenderムスタング90を物色してました。が、どっちみち買った後、ハムバッカーに載せ替えるんだろうし、だったら元からハムバッカーを積んだモデルの方が良くないか?と思って、ディオソニックHSの、それも青い(Ice Blue Metallic)モデルに狙いを定めて、あちこち物色。

ところが、関西では、たいてい店頭に実機が無い。あってもシングルコイル2本のディオソニック。HSはない。まぁ、ご縁がないのかな?と思っていたところ、東京での仕事が舞い込む。しかも、このwithコロナのご時世に対面仕事!これは良い機会!是非とも時間を作って寄らねば!ということで、
 
IMG_7517.jpg
楽器の街、御茶ノ水へ。お茶の水橋口で記念写真。VIVAおのぼりさん!

まずは明大通りを渡らず、駅に近い店から順番に訪ねて歩く。たくさん楽器屋さんがあるので、ブラブラ回ってたら時間がいくら合っても足りないのに、やっぱりブラブラ見て回ってしまう。管楽器屋さんや鍵盤屋さんを回らないにしても、楽しい。これに民族楽器屋さんなんかも回ってたら、もう帰れません。とくに、原始的な楽器は魔力を帯びてます。取り憑かれたら終わりです。

途中、イシバシ楽器にディオソニックHSの色違いの、クリムゾンレッドの機体があったので、一瞬、「メイプルネックのこっちでもイイかな?」と思ったり。でも、まだ楽器屋は他にあるから…と思い直して店を出ました。

御茶ノ水駅からドンドン離れて日大病院まで行っても、ディオソニックHSのIce Blue Metallicモデルは見当たらず。甲賀通りの交差点を渡って、今度は御茶ノ水の駅に向かって店を一軒一軒訪問。

そして、もう御茶ノ水駅までこの店しか残ってないゾ!という「ギタープラネット」へ。
 
IMG_7519.jpg
やっと見付けた、ディオソニックHSのブルー。それだけで、ご満悦の笑顔です。そして、試奏する。ビビリは無い。ブリッジもシッカリしてる。ネックの反りも僕にはわからない程度。ガリもノイズも無い!(これは後で重要に)

「買います!」

金額は定価!定価でギターを買うなんて初めての経験。ま、東京だし、そういうモンかな?と値引きは最初っから諦めてました。関西だと、「オマケ付けて」とか交渉しますけどね。金額は送料込みとのこと。今どき、楽器商売は通販ベースなんですね。

このまま担いで新幹線に乗って帰ってもイイと思ってたので、一瞬どうしようかと考えたけど、よく考えたら、ギター担いで弁当買ったり、トイレ行ったり…と考えるとタイヘンすぎ。「送って下さい」と。
 
IMG_7566.jpg
東京から帰った次の日、到着。さっそく、ムスタング(Bullet® Mustang® HH)と並べて記念撮影。シリアル番号で試奏したのと同じ機材であることを確認。

<ここから弾いた感想>
とくにBullet Mustang HHとの比較でいうと、ネックのスケールは同じ。ですが、ネックの厚さというかシェイプはディオソニックの方がだいぶん丸いです。厚みがあります。ムスタングHHはアイバニーズのような薄いネックです。幅は同じだと思うので、握った感じがずいぶん違います。

ムスタングHHと比べると5mmもボディーが分厚いです。その分、重たいです。ムスタングHHは、薄いボディーに加えて、肘に当たる部分とあばら骨に当たる部分に削り加工が入っているので、さらに軽いです。

ブリッジはディオソニックHSは裏通し。弦の張り替えがメチャクチャ簡単。これまでメインで使ってきたESPのM-Ⅱはフロイトローズなので、弦交換が超メンドウ。アーム使わないのに、あのメンドウくささ。あの弦交換をしなくてイイ!というのは、とても大きなメリットです。

ストラップを付けて持って気が付くのは、重量バランスがいい。これはFender系のギターはどれもいいですね。座ってよし、立ってよしです。初めてのギターがレスポール系だったので、重量バランスはちょっとでもイイと、「メチャクチャいい!」と思えます。

ショートスケールの短いネックは、レスポールのネックよりも短くて、手の小さい僕には、本当に弾きやすいです。とくにローポジションが弾きやすい。メチャクチャなコードでも指が届く!テンションの都合で010の弦が張られていますが、僕はベロンベロンでも009のセットの方が馴染んでます。次は009に張り替えると思います。音は010セットの方が断然良いでしょうね。
 
IMG_7568.jpg
で、音の話です。
音は、見たまんま。とくにハーフトーンが気持ちいいです。リアのハムバッカーは、トーンコントロールのノブを引っ張るとシングルコイルに。プッシュ&プッシュの切り替えじゃなくて、プッシュ&プルのタイプなので、演奏中の切り替えはちょっとコツ(慣れ)が必要かも。ポンと押すタイプだと間違いないですけど、引っ張るタイプだとトーンが回ってしまいそうです。どっちみちトーンは常に「10」ですから、大丈夫と言えば大丈夫かな?

そして、試奏の時に「ノイズもない!」が重要と書きました。このディオソニックHS…実は買ったのは8月8日。でも、レポートを上げている今日は8月25日。購入後すぐにレポートを載せようと思っていたのを、踏みとどまらせたことがありました。それは、ウチのアンプに繋ぐと、ノイズがものすごい!楽器屋で弾いた時は気にならなかったのに!

特に、スイッチでシングルコイルにすると、ビーッという、かなり大きなノイズ。弦を手で触れると収まる。アースは効いてる。でも、フロントにしても、リアをシングルにしてもノイズ。シングルコイルって、こんなにノイズが出るモノなのか?

あまりに不安だったので、近所の「East Village Guitars」へ持ち込んで、初期不良かどうか見てもらいました。その結果、店の大きなアンプで鳴らすと、ノイズゼロとはいかないまでも、気にならない程度に収まる。

「あれ?」

ショップの東村さんの話では、家の前の電線までの距離や、ACプラグの上下(左右)によるノイズの違い。はたまた周辺地域の高圧電流線も影響しているとのこと。そういや、ウチは大手私鉄2社が乗り入れる駅近く。しかも、その2線に挟まれたエリア。高圧電線が近くにありますわ。

ついでに言うと、Fenderメキシコとはいえ、「Fender製品でも、ここまでノイズの少ない機体は少ない」とのこと。なかのキャビティにノイズ対策加工してるのかも…とも仰ってました。

心当たりがあるのは、ギターのボリュームを「10」で弾いていた点。マルチエフェクターでバッキバキに音を歪ませても、ボリュームを「5」で弾くと、ノイズは気にならない。

これはトモ藤田さんのYouTube動画で、「そういう音の作り方もあるのかぁ」と知りました。僕は常に「10」の人間でした。だからリッチー・ブラックモアが、ボリュームをしょっちゅうイジっているのが理解できてなかったのです。スティーヴ・ヴァイ先生もよくイジってますね。

それにしても、近所にこんな有名なギターショップがあること、そして、そのショップとの関係でトモ藤田さんというグレイトギタリストを知ったこと。長く弾いきて、出会ったご縁だと思います。

ノイズの大きさが初期不良かと心配になり、それなら交換してもらわないと…と気になっていた半月。やっと自分の物になった気がしました。さっそく、リアピックアップにカバーされていたビニールを剥がしました。まだピックガードにはカバーが付いたままです。ネックの裏プレートにもカバーは付いたまま。練習しているうちに、いつか剥がれると思います。
 
IMG_7631.jpg
父娘で、ムスタングHHとディオソニックHSのツーショット。ストラップもそれぞれ買いました。娘の方は、最近流行の「竈門炭治郎モデル」(?)です。いつかギターディオできる日は来るのでしょうか?ギターデュオよりも、父娘漫談の日の方が早い気がしますけど。
 
14:15  |  音楽  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT