FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ATOKのダウングレード

2019.10.07 (Mon)

ここ最近、定額制ATOKを使っていましたが、どうも動作や変換になじめず。
「そのうち慣れるやろ」
と思いながら、はや1年半。

全然、慣れませんでした。
むしろ、日に日に変換や動作が求める方向と逆に向かっているような気が。

あまりにストレスなので、Google日本語入力を使い始めてみたりもしました。
が、これはこれで、今までの入力履歴が反映されないので、
変換候補の上位に来ているはずの漢字を、一つずつ確認しながらの作業。

そこで、今朝、定額制を解約して、
以前使っていたATOK2017に戻してみたところ、
「あ、これこれ!この変換精度やがな!」
でした。
そして、動作も変換時の表示も辞書も馴染んだ環境。


正直いって、ここ数年、文書作成にスランプを感じていました。

どうも上手く文字にできない。
頭には湧いてきてるのに、文字にするのに壁を感じる。
文字を入力するのが億劫にすら感じる。
文字にできないから、叩き台にもできない。思考が深まらない。

キーボードを変えたりと、試行錯誤したけど、どうもシックリこない。
という、なんともドロドロした沼に落ち込んでいた気がします。

ATOK2017に戻したからといって、すぐに回復するとは思えないけど、
スランプ脱出のキッカケになるかもな?
と、少し期待できそうなくらい、今はスッキリしてます。

2018年3月下旬から使い始めた定額制ATOK。
2019年10月7日に解約しました。
 
11:27  |  PC  |  Comment(0)

iPhoneの乗り換え

2019.10.04 (Fri)

2019100401.jpg
2018年2月(この時)から使っていたiPhoneSEをやめて、新しいiPhoneへ。
といっても、次もiPhoneSE。
まったく同じだとヤヤコシイので、
新顔は黒のiPhoneSEにしました。
新顔だけど実は中古品。

あと半年で契約時の2年縛りが切れるので、
次はSIMフリーにしたいし、
先月くらいからiPhoneSE2の噂も本気度が上がってきてるし。
半年をなんとか乗り切るためのiPhoneSEのつもり。

なんせ、前の白のiPhoneSEは、
ナッツベリーファームで落してガラスがバリンバリンに(この時)。
ニューポートビーチで直したものの、
この夏くらいから、カバーが浮いてきてる気がする。

そして、またまた落してヒビ入りに。
その影響か、レシーバーが使えなくなり、
電話の声のポーズで電話できない不便な状態に。
あと半年だから、ガマンして使おうかと思ったけど、
あれこれ不具合があって、やっぱり不便。
困ったなぁと思ってました。

先日、無印良品で村上サロンの時計を買ったついでに、
ソフマップをプラッと寄ったら、iPhoneSEの中古があり、
「あ、この手があったか!」
でした。

中古のスマホを買うのは初めてなので、
ソフマップの店員にいろいろ質問。
ほとんど客のいない時間だったので、
ユックリ対応してもらえました。
「iPhoneをY!mobileで使うための構成ファイルのダウンロード」
がミソなのね。

家に帰って、SIMカードを移し、構成ファイルをダウンロードしたら、
さっそく電話が掛かってきた。
なんて良いタイミング。

画像は、歴代のiPhone。
一番左はiPhone3s。
あれ以来の黒いiPhone。

しろいiPhoneSEが32GBだったのが、
64GBにストレージが増量!
残りが44GBもある!!

お値段は21,980円+消費税10%でした。
 
23:26  |  PC  |  Comment(0)

東レパンパシフィックオープン

2019.09.22 (Sun)

2019091401.jpg
9月14日東レパンパシフィックオープンの予選を見に行ってきました。

ちなみに、大会自体は、今日(22日)の決勝で、大坂なおみがアナスタシア・パブリュチェンコワを破り、
「大坂が大阪で勝った」
というシャレが実現しました。
 
2019091403.jpg
こちらが決勝が行われたセンターコート。陽がサンサンと照るスタンド席。(写真では写っていない)南側の席から人が埋まっていきます。
 
2019091404.jpg
僕の会社員時代の同僚の娘さんがプロテニスプレイヤーで、予選の一回戦から登場するので、そのゲームの応援に行ったのです。

実は、テニスの試合を生で見るのは初めて。行く前に、「テニス観戦のマナー」などを一通り読んでおきました。基本、プレー中は沈黙なんですね。ゴルフと同じです(といっても、ゴルフも生で見たことない)。

試合は、

カタジナ・カワ(POL) 6 2 6
日比 万葉 (JPN)   4 6 4

何セットもデュースが続く接戦でしたが、万葉選手は惜しくも一歩届かずでした。

観戦しながら感じたのですが、テニスって、もしかすると対戦相手が一番遠くにいる球技なんじゃないかと思います。対戦相手どころかシングルスだと、あの広いコートにポツンと一人。良くも悪くも自分との戦いもあるな…と。大坂なおみ選手がプッツン切れてウギャ~!と叫んでたり、ラケットに八つ当たりしている男子選手の動画を見たような記憶があるのですが、あぁいうのもわかる気がします。

とても孤独なスポーツだ。

だから、応援に行ってよかった。自慢だけど、拍手はけっこう大きな音が出せるので、精一杯叩きました。

予選一試合とはいえ、いいゲームを見られたし、いい経験できました。初めてが凡ゲームだとガッカリですし。

ちなみに、日比万葉選手は同僚の娘さんってコトもあって、出場している試合はすべて結果チェックしております。なんせ最近は登録さえしておけば、Googleさんが「最新の結果やで」と教えてくれますし。
 
2019091402.jpg

 
17:38  |  スポーツ  |  Comment(0)

家のWi-Fiを入れ替え

2019.09.02 (Mon)

2019090201.jpg
本日23:59までの「Amazonタイムセール祭」に「LINKSYS VELOPメッシュ WiFi無線LANルーター(トライバンド1個+デュアルバンド2個)セット」が出ていたので、ポチッとしました。

ソフトバンク 光の我が家。回線を引っ張った時に付いてきたルーターが、本当に頼りなくて、2階に置くと、1階の端っこでプツプツ切れるんです。それほど広くも無い木造家屋なので、距離的には十分大丈夫なはずなのに、プツプツと。2.4GHz帯と5GHz帯の2つのWiFiを飛ばしていて、いつの間にか意図せぬ方のWiFiと繋がっているケースが。これで困るのがiTunesのホームシェアリングやNAS。「同じシステム内に、デバイスがありません」と出て、見ると「そっちじゃない」方に繋がっていることが多々。

「いつかシステムを変えねば」と思いながら、WiFi中継器を買ったりしたこともありましたが、そいつはどういうわけだか全然役に立ちませんでした。

そうこうしてる間に、和子さんの元上司の先生が「WiFiをLINKSYSのVELOPに変えて正解だった」という書き込みをFacebookに上げていたのをみて、「ほほう、そんなのがあるのね?」と頭の隅に置くと同時に、Amazonの「ほしい物リスト」に入れてました。

それが今回のAmazonタイムセール祭に出ていたので、「では、さっそく」と相成ったわけです。
  
2019090202.jpg
商品が到着したのは昨晩。昨晩、セッティング用のアプリをスマホにインストールして、「イザ!」と思ったら、ソフトバンク光の「ISP情報(ユーザー名やパスワード)が必要というページに。「え?そんなん知らんわ」となり、昨晩はそこで終了。

今朝、和子さんにソフトバンクのサービスに電話してもらおうかと思ったら、電話の向こうは「受付は10時からです」という再生音。「ISPってなに?」「ユーザー名とパスワード」「ん?もしかしたら紙のがあるかも」ガサゴソ。「コレや!」「おおお!コレや!」

というわけで、紙に印刷されたIDとパスワードを入力すると、あとはスルスルとセッティングが完了。置き場はソフトバンク 光のルーターの2つ隣へ。
 
2019090203.jpg
続けて、1階の玄関横に1つ。
 
2019090204.jpg
リビングのテレビの横に1つ。計3つをセッティング。

今まで、「Wi-Fiミレル」で測定すると20~30台だった場所でも「80台後半」の安定っぷり。

「これはイイ!」と思ったのもの束の間、すぐにいろいろと問題が噴出。まずはiTunes。ネットワークが変わってしまったので、音楽や映画のデータを保存しているディスクが読めない。そしてNASも当然のように読めない。ネットワークプリンターやデータ受け渡しもダメに。

偶然できたWiFiネットワーク。その中身がどうなっているのか、よくわかってなかったので、そこはネットをみてアレコレ調べてみる。
参考にしたのは、
ソフトバンク光BBユニットの非力なWi-Fiを改善するアレコレ
【レビュー】Linksys VELOP トライバンドメッシュWi-Fiシステム WHW03
Velop 導入後の Wi-Fi 環境

なんだか、妙なコトになっていたのは、ソフトバンク 光のルーターとVELOPのルーター両方が動いていたのが原因。「ブリッジモード」の設定をするまでに四苦八苦。その間、なんども再起動。何度目かにWindowsPCが「高温のため停止」表示が出たり、Macが再起動中に固まったり。13時過ぎに、ようやく安定してWiFiが使えるようになりました。

なにがイイって、これまで2.4GHz帯と5GHz帯の2つのWiFiで「どっち?」状態だったのが、今は一つになったこと。内部で選択してるんだろうなと勝手に想像しながら使ってます。家中で「80台後半」のWi-Fiミレル数値になりました。夜、加奈子から「リビングで一回回線が切れた」という申告があったけど、それ以外は万事OK。

WiFiやネットワークの新しい知識など、ほぼ皆無な僕でも、数時間かければ、なんとかセットできました。
 
21:54  |  PC  |  Comment(0)

エアコンを買い替えました

2019.08.24 (Sat)

昨日、8月23日に家中のエアコンを買い替えました。

2019082401.jpg
リビングも
  
2019082402.jpg
僕の仕事部屋も養生カバーで覆われました。
 
2019082403.jpg
 
2019082404.jpg
 
2019082405.jpg
8時50分頃から始まった作業は、お菓子休憩、お昼休憩を挟みながら、15時過ぎに終わりました。

前もダイキン、次のもダイキン。リビングのエアコンは暖房に使わないので、別の機種。2階の二部屋は暖房も使うので、同じ機種をサイズ違いで導入。

世の中の「あるある」なのか、エアコンを付け替えた昨日は、冷房不要の涼しい一日でした。今日の昼、初めて本格的に稼働させました。これまでのエアコンに比べると、涼しさは感じるんだけど、自然な肌感覚。僕の中で最高レベルのエアコンは新幹線N700系のエアコンなんですが、それに匹敵する心地よさ。いい買い物をしたと思います。

しいていえば、サイズがでかい。今どき、大型化するのは珍しい。室内機も室外機もひとまわり大きくなってる。それ故に、シェードの場所が動いたり。室内機の奥行きが、かなり延びていて、これには若干の圧迫感もあります。

いろいろ機能がたくさんあるので、取り替えたばかりの今のうちに、あれこれ触って、使えるようにならねば!です。「あとから」「使う時が来たら」と思っていると、その機能があることすら気付けず、永遠に使わないと思うし。

昔は、ワクワクしながら、新しい家電や情報ツールを触りまくっていましたが、今は少しメンドウだと感じることも。とはいえ、せっかくの最上位機種なんだから、フルに使わないとモッタイナイですね。

 
23:20  |   |  Comment(0)

レスポールJr.(もどき)のブリッジを交換

2019.08.21 (Wed)

2019081701.jpg
Orville by GibsonのレスポールJr.を25年くらい使ってます。なにが良いって、22フレットギリギリまで弾きやすいこと。

はじめて持った自分のギターがレスポール(もどき)だったので、22フレットは親指がネックから落ちて、クラシックギター弾きスタイルになっていました。
 
2019081702.jpg
ピックアップはもともと付いていたP-90(これは本物)から、セイモアダンカンのJBに交換。トグルスイッチでシングルコイルと切り替えできるように。スイッチはトーンコントロールが付いていた穴に。だから1Vのシンプル回線。でも、ノイズはけっこうある。そして、せっかく(現在では貴重品?)のP-90は行方不明に。

弾きやすさにおいては、まったく問題のない、レスポールJr.。ただ唯一の問題点はブリッジ。長年使っていると、テールピースに溝ができてきて、そのせいか音はちょっと詰まった感じに。
 
2019081703.jpg
Amazonで安いの買いました(これ)。一番イイのは、これらしいけど、もうズッと欠品状態。ま、もどきのブリッジなので、パチモン臭いのでも良いかと思いきって購入。
 
2019081704.jpg
台風10号上陸時で家にこもった機会に交換作業しました。中国製です。今は、中国製品もボチボチな品質のモノが出回るようになりましたが、これはどうかな?
 
2019081705.jpg
やっぱり!?中国のド田舎で作られてるパーツなんでしょうか!?都市部郊外の工場で、こんなレベルは今どき珍しいですし。
ブリッジの厚みがあり過ぎて、Orville by Gibson規格のアンカーボルトに入りません。もしかしてインチとミリの差?
 
2019081706.jpg
…というわけで、もともと付いていたアンカーボルトをクルクル回して抜き、中国ブリッジについていたアンカーボルトをねじ込む。こっちは規格がマッチ。さすがに、自分ところで作っているアンカーボルトだとブリッジもピッタリでした。
 
2019081707.jpg
もともとのテールピースは、このように弦のスジが彫り込まれている状態。
 
2019081708.jpg
Made in JAPAN!Orville by Gibsonは日本製ですから。シリアルナンバーなんて普段興味がないので調べたことなかったんですが、探したら…無い!ってことはシリアルがシールだった、初期の寺田楽器製だったのかも。
 
2019081709.jpg
 
2019081710.jpg
テールピースをセットして弦を張り替えて…とよく見ると、アンカーボルトとテールピースの間に隙間が。この調整スクリューがテイルピースに届いてない。というか、このスクリューが、アンカーボルトに対して真っ直ぐ入ってない。つまり、スクリューの穴が斜めに空いている。

どんだけエエ加減な作りやねん。まぁ、本体がJr.もどきなので、とりあえずコレでもエエのです。
 
2019081711.jpg
2019081712.jpg
弦高は、オクターブピッチ調整をするサドルの分だけ上がりました。かなり高くなりました。以前はベタベタに下げていて(下げすぎていて)、3弦の17~19フレット辺りでビビってました。それがまったくビビらなくなりました。これで、普通のギターの弦高になったと思います。

弦高は上がったとは言え、メチャクチャ高くなったわけではないし、「ちょっと高いかな?」程度です。とはいえ、パーツの寸法や作りもそうだったように、素材も決してイイものではないはず。音も決して良くなったわけではないはず。でもまぁ、これでご飯食べてるわけでもないんだし、お手軽なパーツ交換。

だけど…やっぱり

ということで、アレコレを物色してます。
 
08:41  |  音楽  |  Comment(0)

やんちゃ村京都一周トレイル(その4)走りました

2019.08.16 (Fri)

2019081501.jpg
8月11日日曜日にやんちゃ村京都一周トレイルその4を走りました。6月16日のその2、7月7日のその3に続いての参加。

予想最高気温39℃。観測結果は37.7℃。熱中症にだけは注意して、タイムやら完走やらは二の次という参加。
 
2019081502.jpg
すっかりお馴染みの皆さん達とスタートして、まずは京都一周トレイルコースに合流するまで、ひたすら登る。とくに市街地は車も通るアスファルト道路。アスファルトの照り返しに加えて、車のエアコン排気がものすごく熱い。
 
2019081503.jpg
そして、ここから勾配がキツくなる地点での温度計は、すでに37℃(10時7分)。ここから京都一周トレイルコースまではずっと登り。途中の湧き水ポイントで水をかぶったりして、気休め程度のクーリング。
 
2019081504.jpg
やっとのことで「北山76」地点で京都一周トレイルコースに合流。この時点で10時33分。そして「77」「78」ポイントは、まだ上の水峠コースが崩落しているらしく、「79」までは迂回路を通る設定に。これは前回の「その3」の時も同じでした。
 
2019081505.jpg
この辺りは「その3」でも通ったコース。今回は、去年走ったコースと違って、2016年のコースと似たコースで京都一周トレイルコースに合流した模様。去年はもう少しだけ先で合流したんだったっけ?
 
2019081506.jpg
もしかすると、右に見えているあの道から合流したんだったっけ?
 
2019081507.jpg
途中、視界が開ける場所が数カ所。天気良すぎです。
 
2019081508.jpg
「91」を過ぎ「92」との間隔は少し長いんだけど、その途中の湧き水ポイント。ここは日差しがキツくても、湧き水が涸れないせいか、苔がビッシリ。
 

その苔と湧き水が跳ねる様子をiPhoneのカメラのスローで撮影。コース内では貴重な、涼しそうな光景でした。
  
2019081509.jpg
そして、去年味をしめた「ドボン」。今年は、ドボンポイントの水量がやや減っていたので寝転がり気味にドボン。なんやかんやで30分ほど浸かってました。去年は45分も浸かったので、それに比べればマシですな。ここでたくさんの人と合流。

去年と同じく、身体の芯まで冷えたのを見計らって、六丁峠へ。
 
2019081510.jpg
ドボンのおかげで、今年も汗ひとつかかずに快適に峠攻めができました。とはいえ、向こうにやんちゃ村のエイドが見えた時は、ホッと。なんせ「まだ続くん?」「まだ?」という登り一辺倒の峠ですので。
 
2019081511.jpg
峠の温度計は32℃。まぁ、このくらいなら、なんとか耐えて走れる気温です。←もはや感覚がオカシクなってる?
 
2019081512.jpg
嵐山までの長い下りをユルユルと降り、ようやく竹林へ。相変わらず大勢の観光客の皆さま。暑い中の観光もタイヘンだと思います。
 
2019081513.jpg
嵐山の人混みは、阪急嵐山駅で収束。その嵐山駅の横にあるのがミニストップ。ミニストップと言えばパフェでしょう!ミニストップのパフェと言えば、僕はアップルマンゴーパフェです。アッという間に食べてしまえるのが恐ろしい。甘いモンもビールも好きです。

ところが、ドボンとパフェのおかげですっかり落ち着いてしまい、しかも時計は14時ちょうど。気温はまだまだ上がりそう。このまま松尾山を回る余力はまだあるとは思うけど、松尾山に入ると途中で抜けることができないしなぁ…と思案。

実は、今日は最初から「松尾山はパス」「ショートカット前提」というベテランさんが多くいたので、僕もそっちにのることに。しかも、乗ってのることに。なぜなら、目の前に駅があるから。
  
2019081514.jpg
…というわけで、嵐山駅から松尾大社駅の1.3kmを2分でワープしました。速いし、クーラーは効いているし快適快適。さすがに汗だくなので、座席に座るのは遠慮しました。同じ電車に5名ほどのマラニック参加者。

西京極が地元という人に教えてもらった、日陰の多い道をゴール地点に向かって、また走る。最後だけは走ってゴールへ!
 
2019081515.jpg
「今年はワープしてしもたなぁ」と思いつつ、帰ってからデータをみると、走行距離は今年の方が長い。序盤の京都一周トレイルコースに合流するまでが長かったんですな。去年以上の距離を走ってるなら、こりゃ仕方ないですし、満足です。

ゴールでこの格好。JOURNEYのアルバム「ESCAPE」の歌詞カードに写ってるメンバー画像?ゴールでポーズとりながら、このポーズってナニ?と思ったんだけど、あぁあのポーズかも…と思い出したのでした。

近くの銭湯で汗を流して(途中のドボンでだいぶん流れ落ちたけど)おまけの生ビールをクイッと飲んで、阪急西院駅まで行くお馴染みさん達に便乗して、タクシーに乗せてもらいました。

いつもは高級中華料理店「餃子の王将」で打ち上げをするのがお決まりだけど、今回はサッと帰ることに。なんせ前の日のご飯のおかずがたくさん残っていて、しかも和子さんと加奈子は外食というし、だったら今日中にあの残りを食べてしまわないと!ということで家メシに。帰りに成城石井で、ちょっとだけ高いビールを買って飲みました。

その1は申し込んでいたけど、お祖母さんの葬儀で参加できず。その2からの参加でしたが、今年もゴールまでたどり着けました(ワープしたけど)。人生の先輩方も大勢が走ってるので、その中の一人として毎年参加できるくらいの脚力を維持できたらエエなぁという目標のランイベントになってます。
 
00:38  |  ランニング  |  Comment(0)

魅惑の和田岬線

2019.07.30 (Tue)

すみません。「魅惑の和田岬線」などというタイトルを付けながら、和田岬線には乗れてません。「いつか乗りたいなぁ」と思いながらも、タイミングが合わず、今回も眺めただけ…という話です。

三菱重工グループ労働組合神船地区本部での講演(この記事)があったので、「三菱重工といえば、和田岬線!」と喜んだのですが、残念ながら、講演時間前後には和田岬線の運行がない時間帯でした。

2019073001.jpg
とりあえず、三ノ宮駅まで。三ノ宮は漢字に変換するときに、気を遣います。三ノ宮はJRの駅。三宮は市営地下鉄とポートライナーの駅。神戸三宮が阪神と阪急の駅。そして阪急と阪神に挟まれるように、三ノ宮と三宮が位置しています。
 
2019073002.jpg
その三ノ宮駅の3番線ホームは、安全柵の設置工事中。なんにもなかった三ノ宮駅にも、とうとう安全柵が登場です。まだ他のホームは手つかずでした。
 
2019073003.jpg
三ノ宮で新快速から普通に乗り換えて数駅。兵庫駅に到着。もしかして、兵庫駅は初めて降り立ったかもしれない。ウハウハ気分満載で、ホームを西へテクテク。
 
2019073004.jpg
ありました!あの屋根が和田岬線のホーム!!
 
2019073005.jpg
とはいえ、僕が到着した午前11時過ぎは運行時間ではなく、人気のない光景。
 
2019073006.jpg
出発時刻一覧の通り、平日と言えども9:10から17:16まではお休みです。休日にいたっては一日2便!超限定運行。それでもゼロじゃないってところがスゴいです。逆に、どんな人が乗ってるのかな?と興味あります。
 
2019073007.jpg
兵庫駅の階段は立派。階段の手すり(?)も重厚感アリ。
 
2019073009.jpg
講演会場の控え室(応接室)で見掛けた懐かしいグッズ。今どき、灰皿のある応接室というのも、珍しいと思います。「ライター付くかな?」と思ったけど、火花は出るモノの火は付きませんでした。ガスがないのかな?
 
2019073010.jpg
行きにもちょっと撮ったけど、講演が終わってから、再度、和田岬駅へ。
 
2019073011.jpg
奥が駅の入口にあたる方向ですが、横からもホームにあがれます。そうなんです、この駅には改札がないんです。ホームに入り放題。入場券という概念が発生しない駅です。
 
2019073012.jpg
田舎にいくと、こういう駅はたくさんありますが、神戸市のそれも街の中にこんな駅があるというのが、なかなか趣深い。
 
2019073013.jpg
JR和田岬駅を堪能した後、地下鉄の和田岬駅へ。見覚えのある風景だと思ったら、神戸マラソンでこの前の道を走ったからでした。
 
2019073014.jpg
地下鉄湾岸線の和田岬駅。湾岸線に乗るのは初めて。
 
2019073015.jpg
大阪の長堀鶴見緑地線と同じようなサイズの車両。この車両、川崎重工業製らしい。ということは、和田岬線から分岐したあの線路の先で製造されたわけですね?まさに電車の地産地消やぁ!!
 
2019073016.jpg
三宮・花時計前まで乗る予定だったけど、ちょっと手前のみなと元町で下車。そしてアーケード街を歩く。まさに都会のアーケード。屋根は高いし明るいし、汚れてない。道は広くて人通りが多すぎず、ゆっくり歩ける。そしてなにより空き店舗がほとんどない!このゆとりが神戸感を醸し出している気がします。大阪のアーケード街はもうちょっと道幅の狭いイメージです。京都はこの曲線部分ががありませんし。
 
2019073017.jpg
アーケードを抜け出すと、中華街。毎度お馴染みの場所で一枚。
 
2019073018.jpg
そして向かうは元町からの高架下。昔は、ここに怪しい電気屋がたくさんあって、レトロな掘り出し物のギターやシンセサイザーなんかが売っていて、それはそれは楽しい通りでした。今は、服屋が多いですね。

で、今回、僕が寄ってのは、講演で着ていた服が汗でビチョビチョになり、しかも暑い!もっと涼しい服に着替えたい!ということで、着て帰る服を探しにやってきたのでした。
 
2019073019.jpg
何軒目かの店でセールをしていたので、「今までにないイメージの」服とパンツをいくつか購入。もちろん着て帰るし、ついでに撮ってもらいました。フレンドリーな店員さんでした。でも、まとめ買いしたけど、値引きはしてくれんかったです。神戸には値引きの習慣はないのかな?
 
2019073020.jpg
涼しい服に着替えて、ちょっと暑さもマシに。帰りの三ノ宮駅。
 
2019073021.jpg
隣を走るのは阪急神戸線。小学生の頃の憧れの電車!

よく見ると、写っているのは5000系。それもトップナンバー「5000」とセットの「5050」。なんと初めて営業運転に投入されたのは、僕が生まれた翌月!1968年1月!半世紀以上前の車両!改造やらリニューアルやらで、すっかり顔が変わってしまって(色も)、もとの顔ではなくなっているけど、きっとどこかに登場以来のパーツがあるはず。

三ノ宮からの帰りの新快速は、立花駅と尼崎駅の間の踏切で、遮断機が折れているのが見付かったとかで、甲子園口駅手前で急停車。京都に着く頃には、10分遅れくらいに。三ノ宮からは立ち席で、尼崎でやっと座れました。


 
23:29  |  旅行  |  Comment(0)

ウクレレが壊れた

2019.07.18 (Thu)

IMG_2616.jpg
2015年3月に買ったウクレレ(この時)。
今朝は(たぶん)なんともなかったのに、
仕事が一段落した午後、
ちょっと弾こうかな?と思って見たら、
画像のような無残な姿に。

ブリッジ部分の接着がベロッと剥がれて宙ぶらりん。
フォークギターやクラシックギターは、
ブリッジが剥がれるトラブルがあると聞きますが、
まさかウクレレでも起こるとは…。
あの弦テンションのユルさなのに。

記録を見ると、18,800円で購入してました。




それはそうと…
今朝から、たくさんのヘリコプターが飛んでいます。
京都アニメーションで放火殺人事件が起こったようです。
この記事を参考にしました。
これは「殺人事件」ですよね?

「涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん!」や「らき☆すた」など、
たくさん父娘で一緒に見た京アニの作品。
近所の会社だけに、
友人の友人など、関係者も多数巻き込まれたようです。
一人でも多くの人の無事を祈っています。

僕のウクレレが壊れたことなど、小さなコトです。
とはいえ、これも哀しい。 
 
15:21  |  音楽  |  Comment(0)

祇園祭山鉾巡行(前祭)を見てきました

2019.07.17 (Wed)

2019071701.jpg
京都に移り住んで、はや20年ちょっと。これまで、祇園祭の山鉾巡行は、たまたま通りがかった時にチラッと見た数回だけでした。今年は、やんちゃ村京都一周4分割マラニックその3(この時)の、鞍馬まで行く電車の中で、ラン友さんから、招待席のチケットを譲って頂き椅子席からの観覧となりました。

御池通りの市役所と反対側、つまり本能寺会館北側辺りの席で、街路樹の木陰になったり、たまに涼しい風が通ったりと、真っ正面から日差しを受ける北側(市役所側)に比べると、はるかに見やすい席だったと思います。9時30分過ぎに席に着き、そこから待つこと約50分。先頭の長刀鉾が河原町御池の角にやってきました。

北に向かったいた鉾が西に向きを変えるんですが、その辻回しのまぁなんと時間の掛かること…ではなく優雅なこと。おかげで後から来る鉾には、辻回しの時間に対する心構えができました。
 
2019071702.jpg
次に来たのは、今年の「山一番」を引いた蟷螂山。屋根の上のカマキリが動いてポーズを決める、動きのある山。

「南北朝時代、足利軍に挑んで戦死した四条隆資の戦いぶりが中国の故事「蟷螂の斧」のようであったことから、四条家の御所車に蟷螂を載せて巡行したのがはじまりといわれる」

とのこと。

芦刈山→木賊山(とくさやまと読む)→函谷鉾→郭巨山→綾傘鉾→伯牙山→ときて、

 
2019071703.jpg
9番目の菊水鉾。この辺りになると、座席も日が当たり始めだいぶん暑くなってきて、年配の観覧者は日陰に移動。すると、周囲がゴソッと空席に。後ろがいなくなり、ちょっと立ち上がっての撮影も問題なし。

菊水鉾→油天神山→太子山→保昌山→雞鉾→白楽天山→四条傘鉾→孟宗山→月鉾→山伏山→占出山→霰天神山→放下鉾→岩戸山ときて、
 
2019071704.jpg
最後が船鉾。最後の船鉾が通り過ぎたのは12時47分。2時間と20分くらいの観覧。全部で23の山と鉾が行き交い、どれも逸話や御利益の説明を読みながらで、アッという間。

逸話を振り返ると、中国の故事に由来するものもけっこうあるなと感じました。函谷鉾や孟宗山、白楽天山などは、名前にも表れてますし。そして装飾品である、前懸、胴懸にはインドやトルコ、ペルシャの柄も多く、多文化共生の様相。そういえば、引き手も一目で外国人とわかる人達も大勢でした。古来から、日本随一の国際都市だった京都ならではの、絢爛豪華な祇園祭山鉾巡行でありました。

ここまで見たので、27日の後祭の山鉾巡行も見てみようかな?と。

2019071705.jpg
ところで、祇園祭山鉾巡行の席に入ろうとすると、うちわやパンフレットなど一式が渡されるのですが、その中に、このような紙製の矛のような形のモノが。

上の山や鉾の画像にもチョコチョコ写っていますが、広げると、
 
2019071706.jpg
こんなチューリップハットになります。頭のてっぺんが焼けなくてはイイんだけど、中が蒸れ蒸れになりそう。そしてなんといっても、似合う人っているのか?という微妙な形。僕も、撮るだけ撮って、すぐに片付けました。
 
16:31  |  日々の出来事  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT