FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

シビレの原因はコレだったか!?

2021.03.03 (Wed)

2021年に入って1月、2月とランニング距離はゼロでした。去年6月頃から足がシビレて、ヒドイ時には歩けない、立ってられないという状態でした。スーパーの棚の前でうずくまってシビレが過ぎるのを待つことも。不思議と、しゃがみ込むと30秒ほどでシビレは過ぎていくんです。

そんな感じのシビレだったので、時々休憩すれば日常生活も問題ないし、講演中にシビレが来たことは一度もなかったし、ランニングを休めばシビレは治るかな?と思っていたんですが…2か月走らず過ぎていくほど、甘くはありませんでした。

昨日、京都医療センターへ紹介状なしの飛び込み初診で行き、問診してレントゲン撮ってもらい、その画像を見て担当医
「!!!」
とまずは絶句。
2021030301.jpg
「こっ、これで腰が痛いとかはないんですか?」
「シビレはありますが、痛みはほぼ無いです」
「そうですか…」
 
2021030302.jpg
ちなみにこちらは、ネット上にあった健康な人の腰椎レントゲン画像。

一番下の第5腰椎と第4腰椎の間の椎間板がどこかへいってしまってて、4,5が連結状態に。背中側にある突起は、へしゃげた腰椎に押されて骨折状態。

何年か前に、背中にポコっと突起ができていて「これなんやろか?」と思ってたんですが、第5腰椎が後ろにズレた影響で、背中に押し出されてきてたんでしょうね。

気になるのは、この状態がいつから?ということです。こうなったままマラソンやトレランを走っていたのかも?それとも走っているうちにどんどん圧迫されてきたのか?もしかすると、コトの発端は、もっと若い頃なのかも?子育て期のギックリ腰もどきかも?

僕は背筋に比べて、腹筋がかなり弱く、前後バランスが悪いので、それも影響していると思います。友人の理学療法士からは、さっそく、腸腰筋のストレッチや筋トレをすすめられました。基本、趣味は残した方が良いというPTさんなので、走れるようにはしてもらえると思います。

いやはや、それにしても、自分の身体がこんなコトになっていたとは。もう山を走ったりはしない方が良さそうだわ。山はせいぜいハイキング程度で。
 
18:43  |  身体のコト  |  Comment(0)

Mac miniを買い替え

2021.02.05 (Fri)

2021021301.jpg
2012Late のMac miniの動作がカックンカックンしていたので、新しいCPUのM1を積んだMac miniに買い替えました。前に使っていたMac miniが古すぎるので、比較になりませんが、とにかく軽快!まだ、そんなにCPUに負荷のかかる作業をさせていないので、これまたなんとも言えませんけど、おそらく動画の書き出しなんかをさせても、これまでとは桁違いに速いはず。しかも本体の発熱はほぼゼロ。
 
2021021302.jpg
インターフェイスは、この組み合わせ。トラックパッドは現行品だけど、キーボードはかなり以前のもの。新しいキーボードのタッチがどうも好きになれなくて、未だにこっちを使っています。乾電池がなくなるたびに、カートリッジで充電して使ってます。めんどうだけど、タッチの違和感は文章の内容にも影響が出るので(ホンマかな?)ちょっとこだわってます。
 
2021021303.jpg
新しいMac miniをセッティングしたついでに、東向けだった机を南向きに変えてみました。ちょっと部屋が広くなった気がします。この家に来てからズッと東向きだったので、まだ慣れないけど。
22:02  |  PC  |  Comment(0)

WindowsPCを新しくした

2020.11.17 (Tue)

2020111701.jpg
先月末(10月26日)ドスパラのクリエイターパソコン「raytrek」を買いました。

これまで使ってきたミニタワー型パソコンの電源ファンが轟音を上げ始めたのがキッカケだけど、この先、動画編集をするような流れになりそうなので、先を見越して一段ハイパワーなパソコンを購入することにしました。

実は、Mac miniの買い替えも急を要する事態になってきていて、「どっちを先に?」と悩んだ結果、Windows側を先に買い替えました。結果的に、今月に入って、アップル社から「M1」CPUの入ったMacBook AirとMac miniが発表になったので、後回しにして正解でした。
 
2020111702.jpg
メモリーは最初16GBでオーダーを出したんだけど、結局、16×4本の64GBに載せ替えました。もとから付いてた16GBのメモリーはミニタワーに載せ替え。

メモリーを付け替える際、メモリーをパチンと止めるストッパーが、片側だけになっているのを知らず、「こっち側、硬いなぁ」とテコで開けようとしたら、止め部分をペキンと折ってしまいました。その後、メモリーの稼働状況を調べたら8GBになっていて、「購入早々壊してしもた?!」と冷や汗。メモリーが奥まで入りきってなかったのが原因とわかって、ホッでした。
 
2020111703.jpg
HDDはこれまでのミニタワーから引っ越しさせました。HDDは最初、引っ越しさせただけで十分だと思っていたのが、いろいろあって新たに4TBのHDD(Seagate BarraCuda ST4000DM004)を買い足すことに。8台分あるHDDドックにはまだ2台しか入ってないので、まだまだ増設可能だし、容量も「今のところ」十分です。
 
2020111704.jpg
せっかくビデオボードも良いのが入ってるので、大型モニターで4K映像も見られるように。これまで23インチを使っていたところに、31.5インチのモニターを設置(LGの32UN500-W)。
 
2020111705.jpg
LGのモニターは発泡スチロールの緩衝材で運ばれてきました。力まかせに割くと、粉々になった発泡スチロールが飛び散るし、おまけに静電気を帯びてるので掃除がタイヘン。スチロールカッターで切ると、飛び散りはマシ。でも、切る作業はパズルみたいで、これまた邪魔くさい。あれこれ考えて、細かく刻んでプラゴミ袋30リットル×4袋。かさばりすぎです。
 
2020111706.jpg
大きな画面が乗ったおかげで、その手前にWebカメラを置くと、目線と画面が重なります。ZOOMやMeetで喋ってる姿は、どうしても下からや上からのカメラで、向き合ってる感が出しにくいですが、これならちょっとマシ?
 
2020111707.jpg
これまで使っていた23インチのモニターは、娘のサブモニターになりました。大学に進学後、ズッとオンライン授業。本人には通学が面倒だし、コロナ感染リスクも上がるし、時間ギリギリまで寝られるので、オンライン歓迎!のようです。これまで13.3インチのモニターで頑張ってきたので、23インチが来ると、「おおお!便利や!」と。
 
11:22  |  PC  |  Comment(0)

Edward Van Halen は永遠に

2020.10.07 (Wed)

2020100701.jpg

偉大なるギターヒーロー、Edward Van Halenが亡くなったという情報が今朝飛び込んできました。NHKの朝のニュースですら取り上げる大事件。僕は今年53歳だけど、番組の制作に関わる世代が僕か僕より少し上くらいだとしたら、まさにこれは大事件。他の世代がどうであれ、僕らにとっては大事件。とくに80年代を中高大学生で過ごした人間にとっては大事件。

僕にとってエディーは、ギターを弾き始めた時は、すでに真似すらもできないような大御所でした。「1984」がリリースされた時、僕は高校1年生。はじめてリアルタイムに聞くVAN HALENの最初の音は、「1984」のシンセサウンド。ギターヒーローのギターバンドなのに、いきなりシンセだけのインスト曲!なんで?!でも、そのアルバムのワチャワチャなパーティーサウンドがいかにも西海岸のバンド!というインパクト絶大でした。

コンサートでVAN HALENを弾いたことが一度だけあります。高校に通って4年目(!)の文化祭。軽音部の後輩バンドが「『5150』の「Dreams」を演目にあげてたんだけど、どうしてもギターのソロが弾けなくて…先輩弾いてくれませんか?」と頼まれて弾いたんでした。高校はいちおう卒業していたけど、そこの補習科に通っていたので、卒業生といえば卒業生だけど、在校生といえば在校生という、反則ギリギリのヘルプ参加。ステージの裏で僕が弾いて、後輩がオモテで当て振りしたのでした。久しぶりにギターを弾くのがエディーのソロ。浪人が決定した時にギターを一度手放し、同期の家に預けていたので、まずは家までギターを届けてもらい弦の交換から。一週間、基礎練習からやり直して、なんとかソレらしいソロにして本番。なんとか弾けたけど、ステージ上の動きと音が全然違うというバレバレ。受験時代の良い息抜きになったのを覚えています。

改めて聞き直すと、僕は、『F@U#C%K』の9曲目「Right Now」から「316」「Top of the World」という3曲の流れに、今もジーンときます。大学4年間やるだけやって全然芽が出なかったバンド活動。音楽で食べていくことはすっかり諦めて、授業にもちゃんと出て(しかも朝の1限目に出て)それが終わるとバイトという大学5回生生活。一番大学生らしい生活をしながらも、どこか寂しい気持ちももっていた時に、レンタルCDで聞いて、「あぁもうすぐ同期達のように社会人になるんだなぁ~」と思って聞いたのを覚えてます。

時は流れ、その翌年、社会人一年生時代。どういうわけだか、僕のOJT担当は、人事部をして「あいつ(僕)でもダメだったか」と言わせるくらいアクの強い人物。時代が時代ならパワハラで一発アウトだろうけど、当時はそんな言葉もなく、ただただ毎日が理不尽。そんな「with 理不尽」(by 清水ミチコさん)な毎日を支えたのが、1993年2月にリリースされた、画像で持っているVAN HALEN LIVE "Right here,right now"のLD。毎朝、LDを見て「えいや!」と社員寮を出て、帰ってきて「今日もいろいろあったけど、帰ってコレが見られた!」と毎日過ごしてました。3月に退社するまで、ほぼ毎日見続けてました。「来年の事業計画から、僕を抜いてください」という退社意向を営業所の所長に伝えた朝は、大音量で聞いて出掛けました。ま、なかなか所長に言い出せなくて、3日続けて爆音な朝をしたんですけどね。

会社員生活を終えた2年後の1995年。はじめて大阪城ホールでVAN HALENのLIVEも拝めました。サミー・ヘイガーはこの半年後に脱退。この年、リリースされた「Balance」の音に暗さが垣間見えたのは、まんざらでもなかったのかもしれないけど、LIVEは文句なしの完璧なエンターテイメントでした。本当は、LDをもっている「Right here right now」ツアーを見たかったんだけど、日本にも来なかったし、僕の中では、VAN HALENの一番いい時のLIVEをみることができたと思ってます。

高校、大学、社会人という激動する生活の中で、VAN HALENは常に僕の近くにいたわけです。


そのVAN HALENのギターリスト、エディーは、とにかくこれまでのギターの奏法やアクションや音や楽器そのものを、変えていく人でした。その辺りは、マニアの皆さんの分析が充実していると思います。

僕にとって革新的だったのは、

エディーは笑顔で弾く!
でした。

2020100702.jpg

それまでのギター弾きは、クールに弾く人が多かったように思うのです。でも、エディーは、クールさよりも弾いてるのがハッピーという雰囲気でした。とくに、はじめて、エディー・ヴァン・ヘイレンを見たのが「Jump」のPVだったので、その楽しそうにギターを弾くスタイルに衝撃をうけました。

僕のバンドのLIVEを見に来たウェールズ人の友人は、「バンドの音楽はクソだけど、Ryoは楽しそうに弾いてて、それはとてもよかった」と言われ、ウレシイやらなんやら複雑でした。

今は全然違う仕事をしてますが、パフォーマンス中は明るく楽しく語る!をモットーにしてます。家事って楽しいよ!育児ってオモシロい!そりゃ、いつも楽しく、いつもオモシロイわけじゃないけど、それでもトータルちょっとでも楽しけりゃエエやん!オモシロイと思えたら儲けモン!脅しても人は動きませんし、動いたとしても続きません。心から「おもしろそう!」「楽しそう!」「オレもやってみたい!」「あたしにもできそう!」と思ってもらえるコトが大事。

ハッピーをステージから伝える。
それはエディーが教えてくれたことかもしれないです。

Edward Van Halen よ永遠に。
そしてありがとう。
18:17  |  音楽  |  Comment(0)

Fender ディオソニック買いました

2020.08.25 (Tue)

IMG_7520.jpg
先日の青いムスタングに続いて(この記事)、ギターを買いました。
FenderのDuo-Sonic HS(ディオソニックHS)

先日買った、インドネシア製のスクワイアのムスタングが、予想以上の良いギターだったので、調子に乗って、メキシコ製のFenderムスタング90を物色してました。が、どっちみち買った後、ハムバッカーに載せ替えるんだろうし、だったら元からハムバッカーを積んだモデルの方が良くないか?と思って、ディオソニックHSの、それも青い(Ice Blue Metallic)モデルに狙いを定めて、あちこち物色。

ところが、関西では、たいてい店頭に実機が無い。あってもシングルコイル2本のディオソニック。HSはない。まぁ、ご縁がないのかな?と思っていたところ、東京での仕事が舞い込む。しかも、このwithコロナのご時世に対面仕事!これは良い機会!是非とも時間を作って寄らねば!ということで、
 
IMG_7517.jpg
楽器の街、御茶ノ水へ。お茶の水橋口で記念写真。VIVAおのぼりさん!

まずは明大通りを渡らず、駅に近い店から順番に訪ねて歩く。たくさん楽器屋さんがあるので、ブラブラ回ってたら時間がいくら合っても足りないのに、やっぱりブラブラ見て回ってしまう。管楽器屋さんや鍵盤屋さんを回らないにしても、楽しい。これに民族楽器屋さんなんかも回ってたら、もう帰れません。とくに、原始的な楽器は魔力を帯びてます。取り憑かれたら終わりです。

途中、イシバシ楽器にディオソニックHSの色違いの、クリムゾンレッドの機体があったので、一瞬、「メイプルネックのこっちでもイイかな?」と思ったり。でも、まだ楽器屋は他にあるから…と思い直して店を出ました。

御茶ノ水駅からドンドン離れて日大病院まで行っても、ディオソニックHSのIce Blue Metallicモデルは見当たらず。甲賀通りの交差点を渡って、今度は御茶ノ水の駅に向かって店を一軒一軒訪問。

そして、もう御茶ノ水駅までこの店しか残ってないゾ!という「ギタープラネット」へ。
 
IMG_7519.jpg
やっと見付けた、ディオソニックHSのブルー。それだけで、ご満悦の笑顔です。そして、試奏する。ビビリは無い。ブリッジもシッカリしてる。ネックの反りも僕にはわからない程度。ガリもノイズも無い!(これは後で重要に)

「買います!」

金額は定価!定価でギターを買うなんて初めての経験。ま、東京だし、そういうモンかな?と値引きは最初っから諦めてました。関西だと、「オマケ付けて」とか交渉しますけどね。金額は送料込みとのこと。今どき、楽器商売は通販ベースなんですね。

このまま担いで新幹線に乗って帰ってもイイと思ってたので、一瞬どうしようかと考えたけど、よく考えたら、ギター担いで弁当買ったり、トイレ行ったり…と考えるとタイヘンすぎ。「送って下さい」と。
 
IMG_7566.jpg
東京から帰った次の日、到着。さっそく、ムスタング(Bullet® Mustang® HH)と並べて記念撮影。シリアル番号で試奏したのと同じ機材であることを確認。

<ここから弾いた感想>
とくにBullet Mustang HHとの比較でいうと、ネックのスケールは同じ。ですが、ネックの厚さというかシェイプはディオソニックの方がだいぶん丸いです。厚みがあります。ムスタングHHはアイバニーズのような薄いネックです。幅は同じだと思うので、握った感じがずいぶん違います。

ムスタングHHと比べると5mmもボディーが分厚いです。その分、重たいです。ムスタングHHは、薄いボディーに加えて、肘に当たる部分とあばら骨に当たる部分に削り加工が入っているので、さらに軽いです。

ブリッジはディオソニックHSは裏通し。弦の張り替えがメチャクチャ簡単。これまでメインで使ってきたESPのM-Ⅱはフロイトローズなので、弦交換が超メンドウ。アーム使わないのに、あのメンドウくささ。あの弦交換をしなくてイイ!というのは、とても大きなメリットです。

ストラップを付けて持って気が付くのは、重量バランスがいい。これはFender系のギターはどれもいいですね。座ってよし、立ってよしです。初めてのギターがレスポール系だったので、重量バランスはちょっとでもイイと、「メチャクチャいい!」と思えます。

ショートスケールの短いネックは、レスポールのネックよりも短くて、手の小さい僕には、本当に弾きやすいです。とくにローポジションが弾きやすい。メチャクチャなコードでも指が届く!テンションの都合で010の弦が張られていますが、僕はベロンベロンでも009のセットの方が馴染んでます。次は009に張り替えると思います。音は010セットの方が断然良いでしょうね。
 
IMG_7568.jpg
で、音の話です。
音は、見たまんま。とくにハーフトーンが気持ちいいです。リアのハムバッカーは、トーンコントロールのノブを引っ張るとシングルコイルに。プッシュ&プッシュの切り替えじゃなくて、プッシュ&プルのタイプなので、演奏中の切り替えはちょっとコツ(慣れ)が必要かも。ポンと押すタイプだと間違いないですけど、引っ張るタイプだとトーンが回ってしまいそうです。どっちみちトーンは常に「10」ですから、大丈夫と言えば大丈夫かな?

そして、試奏の時に「ノイズもない!」が重要と書きました。このディオソニックHS…実は買ったのは8月8日。でも、レポートを上げている今日は8月25日。購入後すぐにレポートを載せようと思っていたのを、踏みとどまらせたことがありました。それは、ウチのアンプに繋ぐと、ノイズがものすごい!楽器屋で弾いた時は気にならなかったのに!

特に、スイッチでシングルコイルにすると、ビーッという、かなり大きなノイズ。弦を手で触れると収まる。アースは効いてる。でも、フロントにしても、リアをシングルにしてもノイズ。シングルコイルって、こんなにノイズが出るモノなのか?

あまりに不安だったので、近所の「East Village Guitars」へ持ち込んで、初期不良かどうか見てもらいました。その結果、店の大きなアンプで鳴らすと、ノイズゼロとはいかないまでも、気にならない程度に収まる。

「あれ?」

ショップの東村さんの話では、家の前の電線までの距離や、ACプラグの上下(左右)によるノイズの違い。はたまた周辺地域の高圧電流線も影響しているとのこと。そういや、ウチは大手私鉄2社が乗り入れる駅近く。しかも、その2線に挟まれたエリア。高圧電線が近くにありますわ。

ついでに言うと、Fenderメキシコとはいえ、「Fender製品でも、ここまでノイズの少ない機体は少ない」とのこと。なかのキャビティにノイズ対策加工してるのかも…とも仰ってました。

心当たりがあるのは、ギターのボリュームを「10」で弾いていた点。マルチエフェクターでバッキバキに音を歪ませても、ボリュームを「5」で弾くと、ノイズは気にならない。

これはトモ藤田さんのYouTube動画で、「そういう音の作り方もあるのかぁ」と知りました。僕は常に「10」の人間でした。だからリッチー・ブラックモアが、ボリュームをしょっちゅうイジっているのが理解できてなかったのです。スティーヴ・ヴァイ先生もよくイジってますね。

それにしても、近所にこんな有名なギターショップがあること、そして、そのショップとの関係でトモ藤田さんというグレイトギタリストを知ったこと。長く弾いきて、出会ったご縁だと思います。

ノイズの大きさが初期不良かと心配になり、それなら交換してもらわないと…と気になっていた半月。やっと自分の物になった気がしました。さっそく、リアピックアップにカバーされていたビニールを剥がしました。まだピックガードにはカバーが付いたままです。ネックの裏プレートにもカバーは付いたまま。練習しているうちに、いつか剥がれると思います。
 
IMG_7631.jpg
父娘で、ムスタングHHとディオソニックHSのツーショット。ストラップもそれぞれ買いました。娘の方は、最近流行の「竈門炭治郎モデル」(?)です。いつかギターディオできる日は来るのでしょうか?ギターデュオよりも、父娘漫談の日の方が早い気がしますけど。
 
14:15  |  音楽  |  Comment(0)

新しいギターが来た

2020.07.29 (Wed)

2020072901.jpg
ウチに新しいギターがやってきた。フェンダー系列のスクワイアのムスタング。その名も「Bullet® Mustang® HH」。フジゲンが来たこの日以来の新顔ギター。

娘の誕生日プレゼントに買ったのです。オンライン講義が続く前から、家でテレビを見る時間が多い娘は、手当たり次第にアニメを見てまして、今は「鋼の錬金術師」がお気に入りの様子。課題が終わったり、授業の息抜きに、Netflixでアニメ見てますわ。他には「銀魂」もお気に入り。今流行りの「鬼滅の刃」は漫画もスッカリ網羅して、マニアック(といっても、あんまり深い話ではないらしい)に探求してます。

で、「鋼の錬金術師」の主題歌がポルノグラフィティの「メリッサ」という曲なんですが、この曲もえらく気に入った様子で、「この曲のギターソロを弾いてみたい」とオトンへの殺し文句を言うわけです。まぁ、持続化給付金も入ったことだし、誕生日も近いし、もしかすると、後期の大学の講義体制次第では、この夏にウチを離れるかもしれないし(可能性は低そうだけど)…というわけ(どういうわけや?)で買いました。

Amazonでギター買ったのははじめて。なんの割引もない定価×消費税の¥22,770でした。ギターを定価で買ったのははじめてだわ。定価で買うという概念がなかった。いつも値切って買ってた。それにしても、ずいぶん安いなぁという印象。「安かろう悪かろう」な昭和の頭の僕は、現物を見るまで不安でしかなかった反面、まぁ「ダメでもともと」な感覚でもありました。
 
2020072903.jpg
一番、気になってたのが、このブリッジ。

僕は基本、アーミングプレイをしないトレモロアーム要らない人です。チューニングが狂うのも嫌だし、なんせ、ピッキングを強くした時に、音程がヘニョヘニョと不安定になるのがどうも苦手で。ミューとした時もなんか変な感じだし。フロイドローズが乗ってるESPのM-IIはフローティングしてるので、もうそのへんはヨレヨレ。それでもメチャクチャ鳴るギターなので手放さずに、というかメインで弾いてます(しかも、アーム付けて)。

Fenderのムスタングというと、あのCharさんが弾いてたこともありましたが、あのトレモロどうなってるんですかね?かなり不安定そうで、チューニングとか狂いまくりそうですし、あのブリッジでミュートとかできるんでしょうか?と思ってたら、このトレモロなしのムスタングですよ!興味ありありで注目してました。

ブリッジに話を戻すと、Fenderのサイトに載っている写真でもブリッジの後ろが写ってないんです。いったい弦はどう張るのか?というのが気になってたんです。
 
2020072902.jpg
ブリッジの後ろから通すのね?でした。もうちょっとグレードの高いメキシコ製Fenderのトレモノ無しムスタングは、ボディーの裏から弦を通してるんですけど、このSquierのムスタングはブリッジの後ろからです。テンション(張力)が低いので、チョーキングはものすごく軽い。
 
2020072904.jpg
安いギターは、このチューニングペグがボロかったりするんですが、これは普通です。届いたギターには弦が張ってたんだけど、文字通り張っただけの弦だったので、チューニングもベロベロだったし、巻きがユルユルでした。弾くたびにチューニングし直し。最初は、「やっぱりボロなペグが付いてたんか?」と思ったくらい
 
2020072905.jpg
保証書は、Fenderのピック型。ちょっとオモシロイ。
 
2020072906.jpg
安いのにケースがおまけで付いてた。ケースは別買いだと思ってたのでラッキー。
 
2020072907.jpg
で、娘のオンライン授業中にかなり弾き込んだので、感想を。

新品のギターって、ものすごく久しぶりに弾いたせいか、それとも今どきのギターはそうなのか、ネックに保護膜吹き付けてるんですかね?最初、ものすごくタッチがヘンでした。1フレットから指をスライドすると、フレットがゴリゴリ当たる感じ。指板が滑らない感じとでも言うでしょうか?しばらく弾くと、スムーズになってきたので、きっと何か塗ってるのかもしれない。なんせインドネシア製。はるばる船で(たぶん)運ばれてくるわけです。その間に湿気の変化なんかでネックが反ることも考えられるし、保護膜的な物を使っていても不思議じゃないです。というわけで、最初、違和感のあったネックも、数時間弾き続けるといい感じになりました。

インドネシア製のギターってのもはじめての経験。もう十分いけてます。素晴らしいです。かつては韓国製でメタメタのがありましたが(サミックとか)、今は韓国製もすごく良い出来です。で、このインドネシア製のSquierは、かつてメタメタだったサミックのOEM生産品です。アジアの技術力は昔とは全然違います。

スケールがレスポールよりも短くて、とにかく手の小さい僕には弾きやすい。なにが弾きやすいって、高音ポジションよりも低音ポジションです。パワーコードで長い時間弾いてると、握力が落ちてきて、もう6弦1フレット&5弦3フレットを握ろうにも力が入りにくくなるんです。そんな時でも、ちょっとスケールが短いだけで、こんなに楽なの?というくらい楽。そもそも1フレットの位置が近いし、1フレットと3フレットの間も近い。手の大きい人は、ストラトとかで弾いても、このくらいの楽さで弾いてるのかぁと思ったくらい。

写真で見た時、ブリッジからボディーの端までがちょっと長いような気がしてたんですが、これがストラップを付けて立って弾くと、ちょうどいいバランス。ラージヘッドと相まってか、とてもいいバランス。これまでずっとレスポール系やフロイドローズが乗ったギターや電池が入ったギターを弾いてきて、ギターの重さは仕方ないと思ってたんだけど、これはちょっとマシですね。木も軽いし金属部分も少ないし。

フレットは速弾きギターみたいな太さはないけど、普通のストラトよりは太いと思います。それとこのネックは指板側がフラットな感覚です。Vネックのギターも弾いてたことありますが、このタイプは実はあんまり弾いたことがありませんでした。弾きやすいですね。速弾きもいけそうです。

で、肝心の音ですが、22,700円にしては上出来な音です。もちろん僕のESPのM-IIと比べたら全然木鳴りとかしてません。ガン☆と弾いたときの共振なんかも……です。サスティンもそれなりです。もともとの低音も高音もあんまりないので、エフェクターでグワッと持ち上げてみても限界あります。そりゃまぁ、スコーンと抜ける音はないです。でも、逆にいうと、ちょっとボリュームを絞った甘めのクリーンで弾くとエエ感じです。ハーフトーンは好きな音です。

あ、ノイズが全然気になりません。ボリュームをフルにしたまま、放置してもノイズが出ません。これって当たり前なのかもしれませんが、僕が所持しているギターはどれもハイパワーなPUが搭載されているせいか、ノイズが出ます。たんに配線やセッティングがまずいだけなのかもしれませんけど。このギターはノイズ対策バッチリです。

とにかく、悪くないギターです。なんてったって22,770円。嘘みたいな値段です。コスパ満点です。僕が高校生の頃は、8万円くらいだしても程度の悪いギターがゴロゴロしてました。中古市場では、ジャパンビンテージなんて付加価値付いてますけど、ダメなギターはとことんダメでした。僕が最初に手にしたギターもトホホでした。どんなに頑張って練習しても、弾きにくいトホホな楽器では上手になりません。いいギターに持ち替えた時にブイブイ弾けるようになるかというと、そんなワケはなく、トホホ楽器で磨いた腕は所詮トホホです。持論ですが、楽器とパソコンは、はじめの一歩でイイのを使わないとダメです。

こんなにお手軽な値段で、ここまで仕上がったギターが手に入るなんて、初めてのギターに最適です。自腹で買って、これだけ褒めちぎっても、Fenderからは1円ももらえませんが、それでもコレはいいギターです。
 
22:42  |  音楽  |  Comment(0)

シャワーホースの交換

2020.04.29 (Wed)

2020071402.jpg
 
2020071403.jpg
シャワーのホースを交換しました。なぜか上の画像のように、ホースのいち部分が剥がれてきて、とうとうここからお湯が噴出!

♪頭と一緒に身体も洗える~♪

のが便利な時もあるけど、むしろウットウシイ方が多い。
ホームセンターでアタッチメント付きのホースを買ってきて取替。

なぜにアタッチメント付きが必要かというと、シャワーヘッドとシャワーホースってやつは、ホース径の規格が統一されてなくて、どれが合うかは買ってみないとわからないから。

「これかな?」と合わせた最初の組み合わせは、接続部分からジョロジョロと水漏れ。結果的にアタッチメントは全部外しが正解でした。
 
家を買ってから15年間。シャワーホースの交換でした。
 
17:04  |  家事・子育て  |  Comment(0)

iPhoneSE 2020に乗り換えました

2020.04.25 (Sat)

2020071401.jpg
だいぶん長い間、ブログを放置していましたが、FacebookやTwitterに書き散らしている記録は、「あれ、いつ買ったんだったっけ?」と検索するのがけっこうタイヘン。やっぱりブログに残しておいた方が良かろう!ということで、思い出しながら記録。

まずは、4月25日に到着したiPhoneSE(第2世代)。今(2020年7月14日)の情報だと、次のiPhone12はこのiPhoneSE(第2世代)よりも小さな機体になるようです。が、新型コロナウイルスの影響で、講演やセミナーなど外に出歩く仕事が激減した今、もはやiPhoneのサイズは大して問題なく、せいぜい買い物や食事に持ち出す程度。アプリも昔のように大量に入れたりしてないので、ぼちぼちの処理速度で十分。処理能力が必要なゲームもしないから、iPhoneSE(第2世代)は買って大正解でした。

今のところ、最小サイズのiPhone。なんといってもコレが一番!電池のもちもまったく問題なし。2日くらいもちます(ヘビーユーザーじゃないから)。なんせ前に使っていたiPhoneSEは電池にトラブルを抱えた駄々っ子だったので往生しました。残量26%から突然のゼロ!とか。ゼロになっても3時間使えたり、そうかと思ったら、数字も中身もゼロの時も。常にモバイルバッテリーを持って出歩かないといけない困ったちゃんでした。

Bluetoothがものすごく安定しています。前のSEはBluetoothスピーカーに対して、4m位離れるとプツプツ不安定に。それがSE第2世代は15メートルくらい離れてても安定してます。

すべてにおいて、処理速度が気持ちイイです。これぞ軽快な動作!というヤツです。

「Touch ID」を使うようになりました。電子マネーなどを使うようになり、仕方なく。これはなかなか慣れません。とくに料理の途中で起動しようとする時に、水や油が手についているとちゃんと反応してくれません。数字を入力してます。あぁ、メンドウ。顔認証はマスク着用だとちゃんと反応しないと聞きますし、今の事情を考えると、この指紋認証はベストかもしれません。

カメラの「ポートレートモード」が気持ちよくて、いろいろ撮ってます。いわゆるボケ写真が撮れます。といっても擬似ボケで、「編集」でボケ消しも可能です。

64GBモデルを買いました。今の時点で42GBの余白があります。今、大きく占めているのは音楽とInstagramです。

カバーはAmazonで「iPhoneSE 第2世代 2020年 ソフトケース クリア スマホケース カバー 耐衝撃 薄型 耐熱性 シンプル 高光沢 軽量 ソフト ラバーケース ストラップホール付 【Provare】」(←お値段299円)を液晶保護フィルムは「Nimaso iPhone SE 第2世代 (2020) / iPhone8 / iPhone7 用 強化ガラス液晶保護フィルム【ガイド枠付き】【2枚セット】」(1099円で購入)を使用中。
 
今のところ快適に使ってます。iPhoneSEから一回り大きくなった機体も、なんだか慣れてしまいました。
 

 
16:26  |  PC  |  Comment(0)

Fire TV Stick 4Kがやってきた

2020.04.12 (Sun)

2020041201.jpg
3月15日に注文した「Fire TV Stick 4K」が今日到着。あいかわらずAmazonの箱は大きいけど、中身はこんなにコンパクト。

2020041205.jpg
箱の中は二つのブロックに区切られていて、それが折りたたまれてオレンジの箱に。
 
2020041202.jpg
片側には、電源供給用のUSBケーブルとHDMIの延長コードと取説。
 
2020041203.jpg
もう片方には、本体とリモコンとAC→USBのアダプター。このたたまれ方、なかなかのアイデアものです。

開梱から設定終了まではアッサリ。途中、家のWiFiのパスワードを確認しに2階に上がっただけで、引っ掛かることなくスムーズに設定完了。最初、接続が安定しなかったのか、画質が粗かったけど、すぐに安定。リモコンの反応も素晴らしいし、音声入力もバッチリ。
 
2020041204.jpg
さっそく、娘は「鬼滅の刃」を見ております。すでに漫画は近所の本屋で、溜まりまくった図書カードを使って、大人買い。受験が終わるまでガマンしていたので、一気に買って一気読み。そして今度は一気見。
 
20:40  |  PC  |  Comment(0)

Magic Trackpad2の調子が悪い

2020.04.12 (Sun)

IMG_4134.jpg
2018年3月16日にMagic TrackpadからMagic Trackpad2に交換して(この時)、2年と少し。

Magic Trackpadが約5年使えたのに、Magic Trackpad2はわずか2年で不具合っぽい状態に。クリックがキチンとできなくなって、ムニュムニュした状態。下手すると、カチッとできない。設定を変更して、指一本で左クリック、指二本で右クリックにして、カチッができなくても操作できるようにしたんだけど、それだとドラッグができない。

結局USB接続のマウスを繋いでなんとか、その場しのぎ。シャーナイなぁと思っていたら、カチッが復活してました。今回は、戻ってくれたけど、いずれは
 
17:58  |  PC  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT